学生時代の韓国旅行

海外に初めて行ったのは、学生時代で韓国でした。
この時は、修士2年の秋なのに研究がほとんど進んでいなくて、
でも学会発表はこなさなければいけなくて・・・という中、
英語で発表せい。という、追い打ちをかけるような状況でした・・・。

ぶっちゃけ、学会発表は、自分の発表以外はほとんど観光していました。
しかも、ホテル代は研究室持ちで、かなり豪華なホテルでした。

でも、この韓国旅行というか学会発表の機会は、自分にとって
とても良い経験で、研究室時代に芽生えた旅行好きは今でも続いています。
(しかも韓国旅行と言いつつ、一般的なスポットには行かず、何も知らずに
とんでもないところに行っていたという・・・。)

折角なので、このブログにも残すことにしました。
文章は当時のブログからそのまま引用しています。
ご興味がありましたら・・・

旅行期間:2008年10月14日~10月18日

1、2日目:現地入り&発表聴講
3日目:発表練習&地下鉄での観光
4日目:発表&韓国の電子部品街
5日目:板門店見学ツアー
スポンサーサイト

テーマ : 韓国
ジャンル : 旅行

学生時代の韓国旅行(5日目)

●2008年10月18日

最終日は、板門店見学ツアーでした。

久々に朝早くに起き、ホテルを出発。
地下鉄で30分くらいで集合場所に到着。
板門店を含むDMZの見学ツアーは、個人で勝手に行くことができず、
必ずツアーに申し込まないといけません。

ちなみに、DMZを軽く説明すると、日本語では非武装中立地帯という意味で、
北朝鮮軍も韓国軍も武装してはいけないという軍事境界線です。
しかし、この地域は地雷原となっていて、人はいません。
ですので、北朝鮮からの亡命もこのあたりからはないそうです。

参加者は全員日本人で、50代以上の人ばかりに感じました。
たぶん、私たちが参加者の中では最年少だったでしょう。
約90人を2台のバスで向かう。場合によっては中断するという、
行き先不明な要素もあるツアー。何事もなく終了してくれるのが一番ですが・・・。

最初のうちはまったり気分でしたが、バスに兵士が入ってくると、
やはり緊迫した雰囲気を兵士から感じました。
若い兵士の大半は、大学1、2年生ということで、年齢的には私たちと
そんなに変わらないのですが、やはり職務に就くとオーラが違います。

民間人統制区域に入ると、人気はなくなり、周りには地雷があるという地域。
ここからは写真撮影の制限があります。
キャンプでの説明を受け、DMZに入る。
バスには銃弾をもった兵士が付き、バスには万が一用の武器もあるということで、
相当緊迫した状況でした。

さらに奥に入ると、JSAというところに入ります。
板門店はここにあります。
かつては南北の交流があったそうですが、とある事件をきっかけに、
軍事境界線が引かれています。

軍事停戦委員会の本会議場に向かいます。
見学中は軍人が見張っています。

CIMG1094.jpg

下の写真の高さ数十cmの石垣が境界なのです。
これは北朝鮮側から撮った写真。
唯一この施設だけが、観光客が北朝鮮に足を踏み入れることのできるところです。

CIMG1093.jpg

絶対に指は差さないこと、移動は2列で、ということでかなり観光客にも
厳しくなっています。
万が一のことがあると、ツアー会社や職業軍人がクビになるという状況。

しかし・・・それにもかかわらず、日本人の平和ボケには呆れるものがありました。
2列で、というのに守らない。
時間ですので写真撮影はやめてください、というのに聞かず、
軍人に注意される(もちろん韓国語です。怒るときは自国語で話し、
感情を出すことが一番効果的、ということが確認できました)。
指差しはするなと何回も注意される。
静かに見学してくださいと言われる。
流行りの「空気の読めない人たち」。
この状況下で、どうして和気あいあいとできるのか。
私たちは本当に日本人の行動が怖くて仕方ありませんでした。
1歩間違ったら、撃たれるんですよ?

各ポイントを見学。
平和の家と、左側にうっすら見える北側国旗掲揚台。

CIMG1097.jpg

北朝鮮側の監視小屋。

CIMG1100.jpg

北朝鮮側の板門店。

CIMG1102.jpg

会議場を上から。

CIMG1103_201802192256391c7.jpg

軍事分界線。

CIMG1112.jpg

ポプラ事件の碑。

CIMG1114.jpg

帰らざる橋。

CIMG1115.jpg


無事全日程が終了し、ソウルに戻って来ました。
もうひとつ、第3トンネル見学ツアーがあるのですが、
いつか行ってみたいなーと思いました。
DMZについては、昨日更新後に少し調べてみて、少し知識が増えました。

空港までのバスの時間まで時間があったので、私は周辺をふらついていました。
行ったのは徳寿宮。
これも歴史的にどんな役割をしていたのかは知らなかったので、まったりと回ることにしました。

CIMG1150.jpg

さらに時間があったので、ロッテ免税店でお土産を購入。
結構客引きがすごかったです。
個人的にはもうちょっとゆっくり見たかったのですが・・・。
ちょっと眺めていると、すぐ店員さんが来て、あまり落ち着けなかったです。

指定された時間に集合。
帰りは私たちのツアーのガイドさんが変更になり、
他の団体さんと空港に向かうことになっていたらしいです。
しかも、集合時刻は私たちのほうが遅く指定されており、ここで微妙に混乱が。
さらに、1人時間になっても来ないという事態になり、
ますますまずいことに・・・。

確かに私も集合してから他の観光客と一緒に行くことを知ったので、
自分たちだけならちょっとくらい大丈夫だったのですが・・・。
とりあえず、何とかなったのでよかったです。
できたら、行きと同じガイドさんのほうが良かったです。
たぶん、もう1つの団体さんは行き帰り同じガイドさんだったみたいですので。
状況的に微妙に居心地が悪かったです・・・。

空港でも買い物をするつもりだったので、免税店に行きました。
ここでも、客引きは強く、いろんなものを勧められました。
こういう文化なのでしょうか・・・。
それとも、免税店だけなのでしょうか・・・。

そして、2時間後無事に日本の土を踏むことができました。

テーマ : 韓国
ジャンル : 旅行

学生時代の韓国旅行(4日目)

●2008年10月17日

発表は朝一。
セッションの中で私は最後の発表となっており、最後の最後まで落ち着かずにいました。
このセッションは私たち日本からの発表が3件、韓国からの発表が2件でした。
先に日本からの発表を2件、次に韓国からの発表が2件、最後に私でした。

しかし、2件目の発表は私も関連しており、いくつか質問が飛んできて、
おろおろしながら答えました。
微妙に受け答えがずれているような気がしましたが・・・発表のあとで気づいたもので。
私の発表が始まるまでは、発表者と私たちの先生だけでしたが、
私の発表が始まると、韓国の先生と全く面識のない人が入ってきて、
ちょっと動揺してしまい、発表練習のときのように流暢に話せませんでした。
質問は答えることができるものは答え、あとは先生が答えてしまったので、何とかなりました・・・。
自己採点では70点くらいでしょうか。

終了後は昼となり、その後友人のあとについて、
龍山というところに行ってきました。
最寄駅は二村。

CIMG1051.jpg

CIMG1053.jpg

CIMG1055.jpg

韓国の秋葉原らしいです。でも、日本みたいに電気電子製品とか萌え関連、etcが
混在しているわけでなく、あくまで電子商店街です。
着いてみると、まず目についたのは携帯専門店の並ぶ通り。

CIMG1056.jpg

CIMG1057.jpg

ポップは日本と似たようなものでした。結構呼び込みは激しかったです。
しかし、韓国語で話しかけられても全くを以って分からないですけどね(汗)

次に、電子商店街。
中を見てみると、小さなオフィスが大量に並んでいました。
あまりスタッフ以外の人がいなかったので、通信販売メインなのかなーという感じでした。

CIMG1058.jpg

ちょうどお昼時だったのか、みんな食事中でした。みんなキムチを食べていました。よくそんなにはいるなぁ・・・(汗)

とりあえず、韓国の秋葉原全域を回ってきました(一部省略)。

戻ってきて、COEXの目の前にある寺に行ってきました。
しかし、来ている人が真面目にお経を聞いていたりしている、
案内板にはハングルしか書かれていない、など、
あまり観光客が来るところではないのかなーという感じでした。

CIMG1066.jpg

CIMG1068.jpg

夜は先生方と焼き肉でした。
ちょっと町に入ったところ。すべて店員さんが肉を焼いてくれました。
混んでいるときはどうするんだろう・・・。とてもおいしかったです。
・・・ししとうのはずれをかじった時は真面目に泣きそうになるほど辛かったですが。
たぶん、生きている中で一番の辛さを味わいました・・・(泣)。
その後は自由行動。
私はCOEXモールをふらついていました。

CIMG1075.jpg

CIMG1076.jpg

少し気になった、看板に書かれた文字について解読すべく、
簡単な韓国語の会話のための本を購入。
韓国で日本の本を買うという状態にかなり疑問を感じてしまいましたが、購入。

軽く本を読みながら適当にふらついていると、突然袖を軽く引っ張られて、
振り向くと、自分より少し年下くらいの女の人2人が例によって韓国語で話しかけてくる。
ついにここにきて、泣く泣くSorry, I can't speak Korean.と答えましたー・・・。
ちょっとでも分かればなぁ・・・。

後輩(今回は同期1人と後輩1人との旅行でした。説明を忘れていたかも)に話したら、
ナンパじゃないっすかー?と返されましたがw。そんなわけあるかい。

でも、これを考えると、やはり日本人と韓国人はほとんど外見的な差はないことに
気付きました(どうも分かる人には分かるみたいですが・・・)。
ということは、私が日本でI can't speak Japanese.と答えても真に受けられてしまう、
ということですな。
・・・実験してみたくなった。

もう肩の荷が下りて、無事最終日を迎えることができました。

テーマ : 韓国
ジャンル : 旅行

学生時代の韓国旅行(3日目)

●2008年10月16日

3日目の予定は、発表練習と各自自由行動。
朝、友人1人が昨晩の食べ過ぎで体調を崩し、寝ていることに・・・。
とりあえず、コンビニで朝食を調達。
私自身もあまり店に入りたくなかったです・・・。
正直に、あまり空腹状態でなかったので・・・。

午前中は1つセッションに参加してきました。
研究テーマと内容が重複しているかと思いきや、微妙にずれていました・・・。
途中1人発表者が不在ということで休憩となり、この間に出てきました。

ここで、韓国でのコンセントについて。
韓国の電圧は110Vか220V。
110Vタイプは日本と同じ形状のプラグで、220Vは別の形状。
ホテルには両方ともありましたが、基本的には220Vタイプが主流でした。
会場でも220Vしかなかったので、変換プラグを買いに行きました。700ウォン也。
たぶん日本で買っていくより安かったように思います。

発表練習があり、昼に。
昼は学会からの食事券で、腹の調子が悪くならないように食べました。
とりあえずご飯ものは大丈夫ということで選択。相変わらず、辛めのものでしたが・・・。
そして、私はちょっと遠出しようと地下鉄三成駅に向かいました。
行先は景福宮。
大正時代以前の韓国の歴史はほとんど知らないので、とりあえず行ってみる程度でした。

初の地下鉄。
切符を買うのがちょっとつらいかも、と思い、T-moneyという
Suicaのようなものを予め購入してきました。
やはりハングルの発音が分からないので、切符を買う時に発音できず、
買うのがつらいと考えたためです。
T-moneyはカードタイプとストラップタイプがあり、私はストラップタイプにしました。

CIMG1167.jpg

改札は楽に通り、地下に降りる。
漢字表記もあり、しかも、韓国の地下鉄はすべて駅番号が付いているので、
どちら方面の電車に乗ればいいかがすぐに分かります。
しかし、車内の案内はハングルと英語だけなので、常に駅番号を確認する必要がありました。

CIMG1018.jpg

CIMG1019.jpg

30分ほどで景福宮に到着。
とりあえずまったりと回りました。

CIMG1025.jpg

CIMG1027.jpg

CIMG1032.jpg

CIMG1038.jpg

CIMG1039.jpg

ここの歴史博物館で液晶パネルを使った簡単な韓国語講座のアプリがありました。
ここで韓国語での「ありがとう」を習得しました。
カムサニダ(と聞こえた)。

コンビニでどんな風に発音しているかを確認できたため、
次の買い物で実際に使ってみました。
すると、英語ではレジ去り際に店員さんがなにも言わなかったのに対し、
返答してくれましたー。
まあ、何と言っているかは分からなかったのですが、
きっと「またお越しくださいませ」という意味なんでしょうか。

本当はもうひとつスポットに行く予定でしたが、
行ってみるともう終わりと言われてしまいました・・・。

ホテルに戻って、発表練習。
夕食はバンケットがあるということで、しかも先生から無料で参加できると
いうことを聞いたので行ってみました。

しかし、他の参加者が持っているチケットを私たちは持っていない。
どうもRegistrationのところで買わないといけないらしいということで、行きました。
・・・が、行く時に中東アジアの人らしき人が何か話しかけてきたのですが、
早いし聞き取れないし、全然理解できませんでした・・・。
唯一聞き取れたのは、Do you understand?のみw

そして、Registrationのところで、スタッフの人に聞いてみました。
スタッフの人の英語はちゃんと聞き取れました。
どうも学生は7000ウォンでチケットを買う必要があるらしい、とのこと。
自分は、あまり参加する意思がなかったので、別のところで食べようと提案し、移動しました。

じゃあ、どこで食べるか?という話に。
とりあえずご飯ものを目的に探す。結果、ビビンバを食べることに。
何とか注文して、来るのを待つ。

漬物が数種類、具の入ったボウルが来ました。
しかし、結構待ってもビビンバが来ない・・・。
すると、店の人がきて、ボウルをかき混ぜ始めました。その中にはご飯が・・・。
まさかそんなちょっとしたボウルにご飯が入っているとは思いませんでした・・・。
テーブルにはコンロが設置されてあったので、てっきり調理するのかと。

隣のお客さんも韓国語で笑っていましたが、何を言っているのかは分かりませんでした。
相変わらず、漬物の量が多く、しかも辛い。キムチが辛くないほうにあたるなんて・・・。
あとで分かったことは、どうも店としては多めに出しておもてなしをするようです。
廃棄量が多くなって問題になっているので、そういった多めに出すのはやめようという運動もあるらしいです。

結局腹9.5分目くらいでホテルに戻る。
そして、軽く発表練習して、友人たちはパソコンに向かい、1人はネットサーフィン。
私は小説を読んでいました。

テーマ : 韓国
ジャンル : 旅行

学生時代の韓国旅行(1~2日目)

●2008年10月14日

朝はそんなに早くなく、飛行機は15:30でした。
今回は行き帰りは学生3人のみでの行動。

空港に着いて、ツアーデスクで説明を受ける。そして、搭乗、荷物手続。
この時点で、まだ離陸まで2時間ある。
とりあえず、1人の友人が保険があったほうがいいんじゃない?ということで、
簡単なものに即席加入。

次に、ウォンに変える。
現在、ウォンの動向がちょっと不安定という話題は出たのですが、
まあ特に気にすることなく、両替。私はクレジットカードを持っていたので、
2万円をウォンに変えました。
結構韓国ではクレジットカードが主流らしいと聞いていたので、
クレジットカードメインでやっていこうと思いました。
まあ、桁は日本の約10倍ですから、大きい買い物は
なかなか現金でできないですからね・・・。
札束で財布が膨れ上がってしまう。

韓国に到着。
私はこれまで日本を離れたことがなかったので、さすがに日本語の
通じない場所(空港は通じますが)に少し不安を感じました。
英語も堪能ではなく、本当に中学生レベルの英語しか話せない。
もう、空港のハングル主体の看板に威圧感を感じましたw

現地では日本語のできるガイドさんがホテルまで案内してくれました。
韓国のことや、今回の韓国訪問の目的などを話していました。
このガイドさんの息子さんが司法試験に挑戦中の身で、かつ徴兵期間にいるそうです。
しかも、英語が一定のラインを超えると、アメリカ軍と一緒に業務をする場所に
配属されるそうで、そのラインを超えたそうです。
のちに、これがものすごく優秀でかつ身体的にも家柄も良くないと
難しいということを知りました。
戻ってくると30歳ということですので、少し志願は遅めだったのでしょうか。

ホテルはCOEXというところでした。
これも、あとから相当豪華なホテルだということが分かったのですが、
本当にサービスがすごいのです。日本語が通じます。
地下にはモールがあって、言うならCOEXに引き籠っていても生活できるという状態です。

時間的に夕食の時間でした。
私は機内食があったので軽いもので済ませたい、と考え、
麺類を食べることができる場所をプッシュしました。
というかもっとみんな積極的に決めてくれー。
食べたのはキムチラーメン。来た瞬間に色の赤さに不安を感じました。
一口食べてみると、かなり辛く、一緒に出てきたキムチが甘く感じるくらい。
何とか完食は出来ましたが・・・。
他のメンバーが食に不安ということで、セブンイレブンに行く。

CIMG1012.jpg

CIMG1013.jpg

物価は、日本でも売っていそうなものは日本と同じような値段でしたが、
韓国製のものはかなり安かったです。
部屋に戻り、風呂に入ってすぐに寝ました。


●2008年10月15日

2日目は、8:30頃起床。9:00頃朝食に出かける。
昨晩の失敗があるので、ちょっと警戒しながらメニューを選択。
私はそばを選んだのですが、朝だったせいか、断られました。
ということで、味の薄そうなスープを頼んでみました。
昨日のラーメンより辛かったのですが?
本当に何とか完食、という感じでした・・・(泣)。
とりあえず、スープ系は危険、ということを学びました。
さらに言うと、これまたキムチと漬物が出てきたので、量も多い。
しかも、スープには餅がかなり入っていたので、
微妙に腹が危険信号を出していました・・・。
そんなわけで、この日は全員二度寝でした・・・。

少しして学会のRegistrationを済ませて、部屋に戻る。
とりあえずどんな発表があるかを見てから聞きに行くことにしました。
まずは昼がまだだね、ということでランチチケットで食事。
しかし、私は14:00ということもあって、時間的に食べないほうが無難、と、
アイスだけにしておきました。
まだ、朝食が腹の中に残っている感じで、ここは抜いたほうがいい、と考えました。
これまでの食事から、量が多い傾向にあるため、少し抜いたほうがよいと思ったからです。

そして、先生と偶然合流。
私はセッションに参加して、発表を聞いていました。
その後、ほんの少しインターネット。
実はホテルでインターネットをやるには、750ウォン/1min支払わないといけません。
学会会場では無料なので、ここでのみインターネットをつなぎました。

夜は先生方と食事。
今回は量の少ないメニューを選択しました。

CIMG1015.jpg

結果、残りの学生2人は昼がまだ腹に残っていたせいで、残すことに・・・。
自分は少し、その残り物を突っついていました。
そして、次の日に最後の発表練習ということで、夜はパワポを見直していました。
しかし、まだ学会発表の実感がわいてこない。慣れてしまったせいか・・・。

ちなみに、韓国で店員さんと話すときは、英語でした。
もう会計だけで済むときは無言で差し出していました。
結構、英語で話しかけても、お互いに無口になってしまうので・・・。
後半からは、せめて「ありがとう」くらい韓国語で言おうと思い、
実際に生の発音を聞いてから数回使ってみました。
でも、できたら片言でも話せれば・・・と思いました。

以上、前半2日間でしたー。
とりあえず、食に予想以上に苦労しました・・・。
次の日からはいよいよ地下鉄での観光です!

テーマ : 韓国
ジャンル : 旅行

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書記録
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ