心通う江戸・東京の橋と街めぐり

今回の駅ハイは神田駅!
近頃は、都内の駅ハイに多く参加しています。
今回選んだ理由は、一度日本橋って、どこにあるのか見てみたい、
というものと、警察博物館に行ってみたい、というものでした。

今回のコースは約11km。
ウォーキング時間は11:00~15:00の約4時間。
途中、コースポイントにない場所にも行ってみました。
だんだんと過去に参加したコースと、コースポイントが被り始めました・・・。

コースはこちら!

12022001.jpg

今回のコース参加で、2017年度の駅ハイ記録は、
距離数:148.0km、参加コース数:15
となりました!


11:00に神田駅にて受付。

IMG_0294_201711191958251fd.jpg

最初のコースポイントは、福徳神社。
2017年1月に参加したコースでも立ち寄った神社です。
高層ビルの中にあります。

IMG_0295_20171119195827512.jpg

すでに、大型百貨店では、クリスマスモードに入っていました。

IMG_0298_2017111919582892b.jpg

そして、今回の私的メインコースポイントの日本橋
国道の起点となっています。
1911年に完成した石造2連アーチ構造で、ルネッサンス式橋梁本体に
和漢洋折衷の青銅製の装飾が調和しています。
詳しくはWikipediaにて・・・。

IMG_0301.jpg

IMG_0300_2017111919582946f.jpg

次は、ポリスミュージアム(警察博物館)
到着すると、入り口前に人だかりが!

IMG_0302.jpg

警察犬との写真撮影のイベントが開催されていました!
警察犬はあまり落ち着かない感じで、警官の持っている玉に向かって
飛びつこうとしていました・・・。
家族連れが多かったです。

2Fにて、信号灯の実物が展示されていました。
結構でかいのですねぇ。

IMG_0303.jpg

他にも施設内では、警察の歴史、警視庁での仕事の紹介等が展示されていました。
子ども向けの体験コーナーも充実しています。

私が出たときにはすでに警察犬のイベントは終了していて、閑散としていました。

IMG_0304.jpg

銀座を抜けて、築地方面に向かいます。
途中で歌舞伎座の前を通りました。
なかなか目を引く建物ですねぇ。

IMG_0306.jpg

2016年9月に参加したコースでも訪れた、築地本願寺、波除神社、勝鬨橋と進みます。

築地本願寺と親鸞像↓

IMG_0308_20171119220842fba.jpg

IMG_0307.jpg

勝鬨橋↓

IMG_0310_20171119220842d89.jpg

IMG_0311.jpg

勝鬨橋を渡り、月島に向かいます。
月島もんじゃストリートを進んでいきます。

IMG_0313.jpg

IMG_0314_20171119220845f6c.jpg

今回は嫁は体調があまりよろしくないということで、1人で参加しています。
さすがにもんじゃを1人で食べるのは・・・。
もんじゃせんべいをお土産に買って、もんじゃストリートを抜けました。
もんじゃは匂いだけになりました・・・。

中央大橋に到着。
流れているのは隅田川。
夜はライトアップもされるそうです。
すでに時刻は13:00になろうとしていました。

IMG_0315_20171119220847c85.jpg

そして、そのまま河川敷の隅田川テラス(新川公園)を散策します。
東京スカイツリーも見えます。
そういえば、まだスカイツリーに行ったことはないですね。

IMG_0319_201711192208488fa.jpg

水天宮に到着。
今回のコースポイントにはなっておりませんでした。
前回来たときは改修工事中で、工事が終わっている感じでしたので、
お参りすることにしました。

ちょうど七五三の季節だからなのか、激混みでした・・・。
マタニティマークを付けた方もたくさんいらっしゃいました。
水天宮は、子授け、安産でも有名です。

IMG_0321.jpg

参拝列は20分待ちでした。

人形町に入っていきます。

IMG_0322_20171119223825a4e.jpg

最後のコースポイントは、十思(じっし)公園。
ぱっと見、ただの児童公園のように見えます。

IMG_0323_20171119223826e45.jpg

ここは安政の大獄で弾圧された吉田松陰が処刑された地で、
松陰の辞世の句碑が立っています。
刑執行の合図にもなっていたという「銅鐘石町(ごくちょう)時の鐘」も設置されており、
時には処刑人の延命を祈るかのように鐘を撞く時間を少し延ばして、
処刑を遅らせたという逸話も残っているそうです。

その鐘はこちら↓

IMG_0324_20171119223828575.jpg

そのままゴールに向かいます。
15:00頃、神田駅着。

IMG_0325_201711192238298dd.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

高田馬場から秋葉原へ山手線を歩いて横断!

今回の駅ハイは高田馬場駅!
高田馬場駅から秋葉原駅へと、山手線を横断するコースです。
横断できるものなのかーと参加してみることにしました。
ちょうど秋葉原に用もありましたので・・・。

今回のコースは約9.5km。
ウォーキング時間は11:00~15:30の約4時間半。
すべてではありませんが、いくつかのコースポイントで滞在していました。
都内のコースですと、朝そんなに早く出発しなくても済みます!

コースはこちら!

12021302.jpg

高田馬場駅のコース参加で、2017年度の駅ハイ記録は、
距離数:137.0km、参加コース数:14
となりました!


11:00に高田馬場駅に到着。
駅の至る所に、駅ハイの案内張り紙があり、
駅を挙げて開催している様子が伺えました。
受付を終えて出発!

IMG_0254_20171112203222ed6.jpg

高田馬場駅の発車メロディは、鉄腕アトムのテーマですよね。
実は私もなぜなのかは知りませんでした。
ということで、調べてみると・・・

鉄腕アトムは、原作の漫画の中で2003年4月7日、高田馬場の「科学省」で生まれた
という設定になっている。

とのこと。
駅前には手塚プロの壁画がありました。

IMG_0256_20171112203223440.jpg

早稲田通りをひたすらまっすぐ歩いていきます。
最初のコースポイントは、誓閑寺。
1682年に鋳造された新宿区最古の梵鐘があります。

IMG_0257_2017111220322557e.jpg

すぐ近くに、夏目漱石誕生の地。
生誕100年を記念して石碑が建てられました。

IMG_0258_2017111220322636c.jpg

次は漱石山房記念館
生誕150年にあたる2017年9月24日に開館されたばかりの記念館です。
漱石が晩年暮らした家「漱石山房」の跡地に建てられました。

IMG_0260_20171112203228594.jpg

まずはCAFE SOSEKIで、コーヒーを飲むことにした。
空也最中セットである。

IMG_0261_20171112203229f17.jpg

一息ついて、館内の展示を見ることにしました。
館内は有料エリアと無料エリアがあるのですが、無料エリアに漱石の
人生に関する紹介がされているので、無料エリアだけでも多くの
情報を得ることができます。

そして、駅ハイのパンフにもあった、漱石像。

IMG_0262.jpg

記念館を出発し、神楽坂に差し掛かります。
早稲田通りの大久保通りから外堀通りまでの坂のことをいいます。
名前の由来は諸説あるようで、駅ハイのコースマップで紹介されているものは、
「神輿が重く坂を上ることが出来なかったが神楽を奏すると容易に上ることができた」
というものでした。
住宅街の中にレストランや料亭があります。

本日は「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2017」という催しが開催されていました。
通りで様々なパフォーマンスが行われておりました。

コースポイントとなっている赤城神社に向かいます。
平成22年に「赤城神社再生プロジェクト」により建て替えが行われたそうです。
歴史としては、1300年から存在するとか。
神社の建物もガラス張りのものになっていて、超イマドキ感があります・・・。

IMG_0268.jpg

次のコースポイントの善國寺にも立ち寄り、神楽坂を後にします。
非常ににぎわっておりました!

IMG_0273a.jpg

昼食後、また少しの区間、歩きます。
次のコースポイントの小石川後楽園は、他の施設の訪問時間を考えて、
今回はスキップしました。
一度訪れたことがあるような気がして・・・。

13:30頃、東京ドーム付近を通過。

IMG_0275.jpg

8番目のコースポイントである、文京シビックセンターに到着。
地上26階、地下2階建ての文京区役所が入る複合ビルです。

IMG_0277_20171112221933f8b.jpg

IMG_0278_201711122219348b7.jpg

25階に展望ラウンジがありますので、登ることにします。
展望ラウンジで、景色を見渡します。
まずは新宿方向。
天気が良いと、都庁付近に富士山が見えるそうです。

IMG_0279.jpg

次はスカイツリー方面。

IMG_0281_20171112221936fc9.jpg

また住宅街を歩き進め、その中に日本サッカーミュージアムがあります。
FIFAワールドカップ日韓大会を記念し、平成15年に設けられたそうです。

IMG_0292.jpg

私はあまりスポーツ関係は興味がないのですが、せっかくなので、
一回り展示を見ることにしました。
これまでの日本代表の歴史の紹介や、ユニフォーム、トロフィーといったものが
展示されています。
なでしこジャパンがワールドカップで優勝したのは、2011年のことだったのですね。
もうそんなに経つのか・・・とびっくりでした。

Jリーグ杯(優勝銀皿)のレプリカ。

IMG_0290.jpg

45分ほど滞在して、出発。
湯島聖堂や神田明神のある国道17号を歩いていきます。
気付いたらビックカメラが目の前に見えました。
秋月電子で買うものがあったため、立ち寄ります。

15:25に秋葉原駅着。

IMG_0293.jpg

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

甲州葡萄の伝説とかつぬまワイン140年の歴史を巡る

今回は、勝沼ぶどう郷駅の駅ハイに参加!
パンフレットを眺めていて、ここは行きたい!と思い、参加しました。
日帰りである程度楽しめる距離としては、結構限界に近いところ。
駅名に果物の名前が入っていることに魅かれました。

起床は5:00、6:18発の電車で向かいました。
到着は、9:10。
到着した目の前にぶどう畑が広がっていて、新鮮な風景でした。
天気もよく、久々にウォーキングに適した週末。

今回のコースは約10.0km。
ウォーキング時間は、9:30~15:30の約6時間。
施設での滞在時間がそこそこあったことと、後半で長めの上り坂が
あったことから、距離に対してウォーキング時間は長めでした。

コースはこちら!

12021303.jpg

記事はこちらです。
勝沼ぶどう郷駅~ぶどうの国文化館
宮光園~勝沼ぶどう郷駅

勝沼ぶどう郷駅のコース参加で、2017年度の駅ハイ記録は、
距離数:127.5km、参加コース数:13
となりました!

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

甲州葡萄の伝説とかつぬまワイン140年の歴史を巡る(2/2)

12:30頃、宮光園に到着。

IMG_0224.jpg

IMG_0216.jpg

宮光園は、ワイン産業の先覚者である宮崎光太郎が自宅に整備した
「宮崎葡萄酒醸造所」と観光葡萄園の総称です。
現在は、日本の本格的ワイン醸造のルーツを知ることができる資料館となっています。

明治10年(1877年)に日本初のワイン醸造会社「大日本山梨葡萄酒会社」が
設立されました。
会社は醸造について学んでくるよう、2人の若者をフランスに派遣。
しかし、会社は解散し、その後宮崎光太郎が跡を継ぎました。

最初に紹介ムービーと係員さんの補足説明。
私はアルコールが抜け始めてきたのか、眠気に襲われ始めました・・・。

資料館を一通り回り、向かいのシャトー・メルシャンワイン資料館へ。
大日本山梨葡萄酒会社は、現在シャトー・メルシャンという社名となり、
今年で創業140年を迎えました。

IMG_0238_20171110204316202.jpg

ここで食事。
ランチ アペ プレートとワインセットを注文。

IMG_0227_20171110195503695.jpg

IMG_0225_201711101955026e2.jpg

ワインは、シャトー・メルシャンの勝沼マスカット・ベーリーというものです。
普段あまりイタリアンな感じの食事は食べないのですが、ワインと合わせるなら、
と選んでみました。(まあ、これ以外選択肢がなかったというのもありますが。。)

食事後、資料館周辺をふらふらしてみます。
まずは、広大な庭。
青々としていて、すがすがしい気分になります。

IMG_0228_20171110195505086.jpg

ブドウが実をつけていました。

IMG_0231_20171110204311477.jpg

IMG_0235.jpg

資料館にも行ってみます。

IMG_0230.jpg

創業当時使用されていた機材や、日本最古のワインなどが
展示されていました。

IMG_0236.jpg

10分ほど歩いて、日本最古の甲州ぶどうの木。
100年以上前に植えられた最高年齢樹の甲州種ぶどうなのだそうです。
もちろん、今でも元気にぶどうの実を実らせています。

IMG_0241_20171110214509f93.jpg

ここから、また少し歩きます。
しかも、登り坂・・・。
1時間近く登り坂をひたすら進んでいきました。

14:40に最後のコースポイントである、勝沼ぶどうの丘に到着。
かなりへばっていました・・・。

IMG_0244_20171110214512032.jpg

こちらも紅葉が見頃です。

IMG_0242_2017111021451191e.jpg

展望台から、ぶどうのアイスを食べながら勝沼市街を望みます。

IMG_0246.jpg

駅まで歩いていきます。
勝沼ぶどうの丘から、駅を見渡します。
真ん中少し上にあるのが、勝沼ぶどう郷駅です。

IMG_0247.jpg

旧勝沼駅ホームが公園になっていました。

IMG_0248_20171110214516f82.jpg

しかし、あと8分で上りの電車が来てしまう。
おそらくこれを逃すと30分は待つことになる。
そのため、じっくり見物する余裕はなく、駅に急ぎ足で向かいました。

15:25頃、勝沼ぶどう郷駅着。

IMG_0252.jpg

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

甲州葡萄の伝説とかつぬまワイン140年の歴史を巡る(1/2)

9:10頃、勝沼ぶどう郷駅に到着。
駅からは、一面ぶどう畑の景色が見えました。

IMG_0179_20171105205411157.jpg

最後のコースポイントである、勝沼ぶどうの丘方面。

IMG_0176_20171105205410b5b.jpg

勝沼ぶどう郷駅は、9:30から夕方の時間しか駅員さんがいない様で、
それ以外の時間は無人でした。
勝沼ぶどう郷駅の観光案内所で駅ハイ参加受付。

IMG_0184_20171105205414f1a.jpg

参加者へのちょっぴりプレゼントという事で、お菓子をいただきました!

IMG_0183.jpg

9:30、勝沼ぶどう郷駅を出発!

IMG_0185_20171105205416b1d.jpg

1時間近く、ぶどう畑の間を歩いていきます。
もう収穫は終わっていました。

IMG_0187_20171105205419ac0.jpg

IMG_0186_20171105205417f82.jpg

少し開けたところから、市街地のほうを撮影。

IMG_0189_20171105205420cd1.jpg

フルーツラインを進み、再度ぶどう畑の間を入っていき、大善寺に到着。
ぶどう寺とも呼ばれています。

コースマップによると、718年、行基が手に葡萄を持った薬師如来像を安置したことが
開創と言われているそうです。
当時葡萄は薬として扱われていました。
行基は薬園をつくって民衆を救い、法薬の葡萄の作り方を村人に教えたので、
この地に葡萄が 栽培されるようになり、これが甲州葡萄の始まりだと
伝えられているそうです。

まずは、宿泊施設ともなっている宿坊で甲州ワインを飲むことにします。

IMG_0191a.jpg

大善寺薬師堂に向かいます。

IMG_0195.jpg

大善寺の薬師堂は国宝となっており、そこに安置されている薬師如来、日光菩薩、
月光菩薩が国重要文化財とされています。
薬師堂は、1286年に建てられたものです。
薬師如来は、現段階では、日本で唯一の葡萄を持った薬師如来像とされています。

これらの文化財は秘仏で、基本的には写真が置いてあります。
5年に1回、開帳されているそうです。
来年は、開創1300年という記念すべき年という事で、10月上旬から中旬まで
秘仏を公開するそうです。
もし駅ハイのコースに設定されたら、行ってみようかな。

大善寺の薬師堂は、2016年に放映されたテレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の
ロケ地ということでも有名なのだそうです。

寺を出て、次のコースポイントに向かいます。
勝沼も紅葉が進んでいました。

IMG_0202.jpg

次のコースポイントは、鉄棒棚実験園。
ぶどう畑を作るに当たり、江戸時代では竹棚が使用されていました。
これを鉄棒を使用することが考案され、この場所で実験が行われました。
当時鉄棒は高価で、入手性も悪かったことから、普及はしなかったよう。
しかし、これが現在の針金棚につながったとされ、重要な役割を果たした
実験棚となったそうです。

IMG_0207.jpg

IMG_0208_20171105214757c5b.jpg

次のコースポイントは、「甲斐徳本伝説」と「雨宮勘解由伝説」。
どちらも碑が建てられています。

IMG_0212.jpg

「甲斐徳本伝説」とは、江戸時代初期、甲斐の徳本という人が、
甲州ぶどうが栽培されている様子をみて、新梢が太く、樹勢が旺盛で蔓が
伸長しがちなことから、株栽培の代わり竹で棚を作る栽培方法を教えたことから、
ぶどうの棚作りが始まったとされるものです。

「雨宮勘解由伝説」とは、甲州葡萄の発祥にまつわる伝説のひとつです。
1186年に雨宮勘解由が山葡萄の変生したものを見つけ、それを持ち帰り、
栽培したとされています。

時刻は12時近くとなってきました。
周辺には食事処は見当たらない模様・・・。

20分ほど歩いて、ぶどうの国文化館に到着。

IMG_0214_20171105221610099.jpg

勝沼町の葡萄とワインの歴史が紹介されています。
空腹に襲われ始めました。。
何とか、食事にありつけることができるのだろうか??

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書記録
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ