利根川の渓谷「諏訪峡」と水上温泉街散策

今回の駅ハイは水上駅!
昨年は、草津温泉、四万温泉と、群馬の有名温泉にいってみたこともあり、
今回のコースに参加してみることにしました。

水上駅発のコースは2つあります。
水上温泉コースと谷川温泉コース。
大した理由はありませんが、駅名と温泉地名が一致している
ということから水上温泉に決めました。

今回のコースは約6.5km。
ウォーキング時間は9:30~14:00の約4.5時間。
途中、温泉に立ち寄ったため、標準の3.0時間より多くなっています。

コースはこちら!

IMG_20180714_0003.jpg

記事はこちらです。
水上駅~笹笛童子公園
諏訪峡~水上温泉街~水上駅
SLみなかみ乗車

今回のコース参加で、2018年度の駅ハイ記録は、
距離数:56.0km、参加コース数:5
となりました!
スポンサーサイト

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

利根川の渓谷「諏訪峡」と水上温泉街散策(3/3)

水上駅に到着して駅ハイは終了ですが、帰りはSLで帰ってくるという
独自イベントを追加してみました!
まだ発車時刻まで時間があったため、少し先にあるSL待機所に
行ってみることにしました。

広場にはD51が展示されています。

IMG_1646.jpg

そして、今回乗車するD51 498

IMG_1647.jpg

IMG_1650.jpg

D51 498は1972年に引退後、上越線後閑駅に保存されていたそうです。
1988年に修理復元し、イベント時などに活躍しているとのこと。
主には高崎~水上の上越線、高崎~横川の信越線にて、
土休日に走行しています。

SLは先頭車両として、客室を引っ張っていきます。
そのため、進行方向を変える際に、転車台を使用して、向きを変えます。

IMG_1651.jpg

発車時刻20分前にホームに向かいます。
すでに客室列車は停車していました。

IMG_1656.jpg

ホームを散策します。
D51カラーの自動販売機。

IMG_1657.jpg

SL停車駅は、特徴的な駅標が使われています。

IMG_1662.jpg

一方で時代を感じる駅標も。

IMG_1661.jpg

すると、客室と連結するためにSLが入線してきました。

IMG_1663.jpg

折角ですので、連結作業も見に行くことに。
連結作業自体は、そんなに普通列車と変わりません。
その上自分の実家最寄駅は列車の連結駅でしたので、
通学時にしょっちゅう見ていたこともあり、特別感はありませんでした・・・。

バックでSLが戻ってきます。
そして、ゆっくりと連結を行います。

IMG_1666.jpg

IMG_1670.jpg

客室は、すべてボックスシートとなっています。

IMG_1676.jpg

15:20に出発します。
SLですので、現在の普通電車ほど速度はでません。
時間をかけて走っていきます。
乗車中に時折汽笛がなりますが、なかなかの力強さを感じました。

車窓から、SLを撮影している人がかなりいらっしゃいました。
毎週走っていると思いますが、その割には多いなーという印象です。
人気なんですねぇ。

検札では、SL乗車専用のスタンプを押していただきました!
通常の特急や新幹線と比べて丁寧に押している感はありましたが、
そういう意味でしたか!

IMG_1684.jpg

渋川駅付近に、利根川と吾妻川が合流するポイントがあります。

IMG_1687.jpg

SLは整備点検で少しの間止まります。
我々は帰宅時刻の関係上、渋川で先発の普通列車高崎行に乗り換えました。

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

利根川の渓谷「諏訪峡」と水上温泉街散策(2/3)

今回のメインの1つである、諏訪峡に到着。

IMG_1607.jpg

上にかかっている諏訪峡大橋からバンジージャンプを行うこともできます。
何人かチャレンジしていました。

IMG_1608.jpg

ちょうどラフティングの集団と合流したためか、歓声が響いていました。
さらに、ちょうど楽しむことができそうな急流がところどころにありました。

IMG_1612.jpg

IMG_1614.jpg

IMG_1617.jpg

「見晴らし」というポイントで折り返します。

IMG_1619.jpg

そして、ラフティングの集団が先に進んでいったところで、諏訪峡を撮影。

IMG_1622.jpg

いやあ、夏ですなぁ。

笹笛童子公園に戻ってきました。
笹笛橋を渡ります。

IMG_1624.jpg

飽きもせず、橋から上流と下流を見渡します。
まずは上流から。

IMG_1625.jpg

次に下流。

IMG_1626.jpg

結構橋が揺れます・・・。

橋の先には、与謝野晶子歌碑公園があります。
与謝野晶子の歌碑はいろんなところにありますね。
確か、上野原駅の駅ハイでもあったような気がします。

IMG_1627.jpg

IMG_1628.jpg

谷川岳八景3番という案内があった風景を撮影。

IMG_1632.jpg

道の駅 水紀行館に到着。
本日は朝食がとても早かったため、11:30少し前でしたが、昼食にすることにしました。
施設前には水浴び場があり、子どもたちが遊んでいました。

IMG_1638.jpg

私は「ダムカレー」を選んでみました。
矢木沢ダムをイメージしたものだそうです。

IMG_1635.jpg

極力皿を汚したくない私は、豪快に放流することはさせず、食べることに。
それにしても暑いですねぇ。
館内の食事スペースはそこまで大きくなかったため、
外の日陰になっているエリアで食べることにしました。

水紀行館には、淡水魚の水族館やクライミング施設があります。
また、温泉街ならではの足湯もあります。
河岸にある清流公園では、マスのつかみ取りも行われていました。

IMG_1639.jpg

再び、水上温泉街に戻っていきます。
折角来たのだから、温泉に入るべきでしょう!と、ふれあい交流館に行くことにしました。

IMG_1641.jpg

タオルは持参。
入湯料を払って、入ります。
結構地元の人が入りに来ているような感じでした。

比較的というかかなり空いていたため、休憩スペースで15分ほど
仮眠を取っていました。
その間嫁はマッサージ器へ。

13:30前に出発。かれこれ1時間半ほどいました。
コースポイントにはなっていませんでしたが、みなかみ町山岳資料館に立ち寄りました。
谷川岳に関する資料が展示されていました。

IMG_1642.jpg

次に湯原温泉公園。
足湯、手湯を楽しむことができます。

IMG_1643.jpg

そのまま水上駅に向かいます。
最後に水上IC方面に向かう橋の所で、渓流を見納めます。

IMG_1644.jpg

駅に向かう途中、駅前にあり比較的大きいホテルである、大宮ホテルを
覗いてみることにしました。
利根川遊歩道を歩いている時に気になっていました。

もちろん私有地ですので立ち入りはできません。
突然崩落しても嫌なので、立ち入りませんが。
パッと見、廃業したのは最近ではなさそうな感じ。
直感的に昭和を感じさせるものでした。
しかも、千葉県市町村職員共済組合指定の札が。

帰宅後調べてみると、廃業は1991年。
かなり前です・・・。
Wikipediaに水上温泉の歴史が記載されておりました。
検索でも「衰退」というキーワードが出てきてしまう温泉街ですが、ポイントは3つ。

・1979年に開通した上越新幹線大清水トンネルが工事された際、
 泉脈の50m下をトンネルが通ったことにより、源泉枯れや湯量減少が発生
・団体旅行客を多数収容できる県下有数の行楽温泉地として発展した。
 歓楽的要素も強くなり、飲み屋やショーパブなども多く出店して、
 大規模な風俗街を形成した。
 バブル崩壊後、団体旅行よりも個人旅行のニーズが高まったが、
 時代の変化に対応できず。
・2004年に発生した温泉偽装問題では、温泉表記をしながら水道水を
 利用していた温泉が発覚。
 しかも、温泉でもないのに入湯税を取っていた。

昨年草津、四万と、群馬を代表する温泉を訪れ、今回も期待していましたが、
こんな背景が・・・。

もの寂しさを感じながら、14:00頃にゴールである水上駅に到着。

IMG_1645.jpg

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

利根川の渓谷「諏訪峡」と水上温泉街散策(1/3)

9:30に水上駅到着。
スタート地点は観光案内所内にある、水上温泉旅館協同組合

IMG_1569.jpg

駅の周りにはお土産屋さん、そして青々とした木々。

IMG_1572.jpg

しかし、水上温泉があるとはいえ、何やらもの寂しい雰囲気を感じた。
確かに駅前にはお土産屋さんが並んでいますが、
その先の雰囲気に違和感を覚えたのです。

少し歩いて、利根川遊歩道に進みます。
いきなり熊よけの鐘。
熊がでるのだろうか・・・?

IMG_1573.jpg

利根川遊歩道を、南に向かって歩いていきます。
青々とした自然、虫の鳴き声と、まさに夏!という感じです。

IMG_1574.jpg

IMG_1578.jpg

利根川を下っている方もいらっしゃいました。

少し歩くと旅館が並び始めました。

IMG_1579.jpg

窓が開きっぱ・・・。
間違いなく経営されていないよなぁ。
立地は非常に良さそうな気がしますけど・・・。
思うと、利根川遊歩道を歩いている時も、そんなホテルを見かけた記憶も・・・。

利根川を渡ります。
まずは来た上流側を撮影。

IMG_1580.jpg

そして下流側を撮影。

IMG_1581.jpg

水上温泉街に入っていきます。
少し進むと、温泉街マップが壁一面に描かれていました。
(直接壁に描かれているのではなく、布か何かに描かれていました。)

IMG_1583.jpg

さらに進み、温泉街の中に入っていきます。

IMG_1582.jpg

IMG_1587.jpg

何か、時代が止まったような感じがします・・・。
スマートボールや射的場がありました。

紅葉橋を渡ります。

IMG_1589.jpg

ちょうどラフティングのスタート地点のようで、たくさんのボートが置かれていました。

IMG_1590.jpg

上流側も非常に水が透き通っているのが分かります。

IMG_1597.jpg

利根川沿いを南下していきます。
自然いっぱいの中を散策していきます。
ラフティング参加者の「ウェ――――イ!!!」の声が響いていますw
紫陽花が見頃を迎えていました。

IMG_1599.jpg

次のコースポイントである、原一雄歌碑に到着。
・・・とはいうものの、どんな人物なのかはよく分かりませんでした。
(調べてみましたが、有力は情報は見つからず・・・。)
でも、何か写真写りの良い景色でしたので、載せちゃいますw

IMG_1602.jpg

少し、遊歩道というよりかは自然道な感じになってきました。

IMG_1603.jpg

笹笛橋が見えてきました。

IMG_1604.jpg

笹笛童子公園に到着。

IMG_1605.jpg

像の下に「笹笛橋」という歌の一番の歌詞が刻まれています。
でも、その背景は分からず・・・。
もうちょっと、コースマップにコースポイントの解説がほしいところです。

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

歴史とロマンのかんぴょう街道コース

今回の駅ハイは宇都宮線小金井駅!
小金井駅は、大学生の時にその名だけはよく目にしました。
大学生の時宇都宮線を使用していましたが、
宇都宮線の終点になる列車が多い為です。

そのため、今回の駅ハイのパンフレットをみて、
一度行ってみたいなと思いつつ、かんぴょう畑も非常に興味があったため、
行くことにしました!

今回のコースは約14km。
ウォーキング時間は10:40~14:00の約3.5時間。
距離的には、これまでの参加履歴の中では最長タイです。

コースは↓です。

IMG_20180624_0001.jpg

記事はこちら。
小金井駅~トウサワトラノオ保全地
道の駅しもつけ~自治医大駅

今回のコース参加で、2018年度の駅ハイ記録は、
距離数:49.5km、参加コース数:4
となりました!

夏のコースのパンフレットが配布されていました。
今年の夏は、ほとんど近場でのコースはないようです。
7月の3連休に、1か所行ってみようかなと思っていますが、
以降は9月に入ってからになりそうです。

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書記録
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ