富士山旅行(2日目-2:富士山登山 馬返~三合目~下山)

馬返からはこれまでとは違う勾配になります。
私にとっては結構急です。
ペースに注意しながら進んでいきます。

IMG_1014.jpg

ところどころに凹んだ個所に石を入れている箇所がありました。
調べてみたところ、「浸透桝」というもので、雨水・雪解け水を排水するための
ものなのだそうです。

IMG_1015.jpg

30分ほどして1合目に到着。
鈴原社が現れました。
かつては鳥居から鈴原社までは直線で結ばれていたそうです。
現存の建物は1840年代に建てられたものだそうです。

IMG_1016_20180502100721755.jpg

IMG_1017.jpg

先に進みます。
15分ほど登ると、一合五勺の場所に山小屋「レッキス」の跡がありました。
今のカルピスに似たレッキスという飲料を販売していたことからこのような
名前がついたのだそうです。
1926年にオープンしましたが、今は何もない跡地となっています。

IMG_1019_201805021007236f5.jpg

さらに先に進みます。
勾配はさらに急になり、しかも区間距離が長いため、精神的に疲れも出始めます。

途中、積雪で倒れたであろう木が先を阻んでいました。

IMG_1020.jpg

一合目から40分ほどで二合目に到着します。
二合目には冨士御室浅間神社があります。
倒壊していて、近づくことはできません。
本殿は冨士河口湖町勝山にある里宮に移築され、現在は拝殿のみが残っています。

IMG_1021.jpg

IMG_1023.jpg

IMG_1024.jpg

なお、ここから先は女人禁制だったそうです。

もともとの計画ではここで引き返す予定でした。
しかし、馬返からの最終バスの時間にはまだ余裕があるため、
嫁の体力と相談し、三合目で折り返すことにしました。

途中、林道細尾野線の終点にぶつかります。
ここにトイレがあったので、済ませておきます。

IMG_1028_2018050210073189b.jpg

時折排水溝も見られました。

IMG_1029_201805021007328ef.jpg

40分ほどで三合目に到着。

IMG_1031.jpg

かつて三軒茶屋、あるいは麓から登ってきた人がちょうど昼食を食べるころに
たどり着くため中食堂(ちゅうじきどう)とも呼ばれていました。(引用文献
案内板をみると、かつてはにぎわっていたポイントであった写真が掲載されておりました。
現在は、廃屋、倒壊した小屋が残るのみです。

見晴らし茶屋跡とはちみつ茶屋跡。
調べてみると、見晴らし茶屋は東日本大震災を境に様子が変わったようですね。

IMG_1032.jpg

道了・秋葉・飯綱の三神を祀った三社宮。

IMG_1033_20180502105933973.jpg

ここからの見晴らしはなかなかです。

IMG_1035_20180502105928f38.jpg

超名残惜しいですが、ここで引き返し。
14:25馬返発のバスに乗り込みました。
次回は馬返から五合目までを目指す!!
スポンサーサイト

テーマ : 富士山富士五湖
ジャンル : 旅行

富士山旅行(2日目-1:富士山登山 金鳥居~馬返)

旅行2日目は、吉田口からの富士山登山です!
といっても、頂上まで行くことはできないため、金鳥居(いわゆる0合目)から
馬返を経て、あとはバスの時間に合わせて登れるだけ登る、という
方針で行くことにしました。

宿は金鳥居から富士山への道のりの途中にあるため、前日に金鳥居まで
行ってきました。

IMG_0979_20180502081447319.jpg

本日は、宿から出発します!
ちなみに、行程は↓のような感じです。

■天候:晴れ

■装備品
・登山マップ
・パン2個(昼食)
・水2.5l
・iPod Touch
・モバイルルータ

■コースタイム
8:10 宿(大国屋)
8:20 北口本宮冨士浅間神社 850m
(4.5km)
10:00 中ノ茶屋 1100m
(4.0km)
11:20 馬返 1450m(休憩)
(0.3km)
11:50 一合目 1520m
(1.1km)
12:30 二合目 1700m
(0.5km)
13:10 三合目 1840m
(0.5km)
13:40 二合目 1700m
(1.1km)
14:20 一合目 1520m
(0.3km)
14:25 馬返 1450m
馬返からバスで富士山駅へ

馬返からのバスの時刻と嫁の体力の関係で、三合目で折り返しました。
もともと二合目で折り返しかなーと思っていたので、予想以上は
行けたという結果です。

8:10に宿を出て、富士山を拝みながら進んでいきます。
この先富士山に登っていくので、富士山全体像はほとんど見えなくなります。

IMG_0995_20180502081448707.jpg

10分ほどで北口本宮冨士浅間神社に到着。
吉田口登山道の起点となります。

IMG_0996_201805020814497f0.jpg

鳥居の次に見える随神門は重要文化財に指定されています。

IMG_0997.jpg

すでに御朱印受付は行っていました。
本堂にて、下山の無事を祈ります。

IMG_0998.jpg

境内を一周し、境内に入って右手の登山口に向かいます。

IMG_1000_2018050208145586e.jpg

8:50頃、遊歩道に差し掛かります。
クマ出没注意ということで、時折音楽をかけて進んでいきます。
車道もほぼ並走しているため、そこまで神経質にならなくてもよいかも
しれませんが・・・。

IMG_1001.jpg

9:10に東富士五湖道路と交差するポイントを通過。
10:00に中ノ茶屋到着。

IMG_1004.jpg

IMG_1003.jpg

中ノ茶屋は、宝永4年(1707年)創業の歴史ある休み処です。
富士山が麓から登られるのが普通であった時代から登山者の休憩所としての
役割を果たし、現在十五代目となります。
浅間神社と馬返の中間にあたることが名前の由来になるそうです。(引用文献

芝桜の苗木を無料配布していたようで、列ができていました。

この先五合目までは売店がないため、必要な場合はここで補充します。

登山道に復帰します。
(間違えて車道に進んでしまった。。)
標高差が少し出てきたため、ペースを落とします。
運動不足が顕著に表れた嫁は、さらにペースダウン。

一向に先の見えない道を進んでいるため、だんだん不安を感じるように
なり始めました。。
一本道のため、道を間違えることはないと思っていましたが・・・。

中ノ茶屋から1時間20分、11:20に馬返に到着。

IMG_1005_20180502085825dfd.jpg

IMG_1006_201805020858265fe.jpg

馬返は、その名の通り、ここから先は馬ではいけないほど急な道中になるポイントです。
駐車場には数台の車が止められており、ここから五合目まで登る方がいらっしゃいました。

この先トイレはないということで、済ませます。
馬返は史跡がいくつかあり、見どころでもあります。

進んでいくと、山小屋を発見。
明治大学山岳部が管理しているようです。
シーズンになると営業が行われ、麓からの登山認定書を発行してくれるようです。

IMG_1008.jpg

さらに進むと、一合目にある鈴原天照大神社の鳥居に差し掛かります。

IMG_1010.jpg

鳥居の前には、猿が手を合わせた石像があります。

IMG_1011.jpg

富士山が一夜にして湧き出たという伝説があり(富士山出現伝説)、
その年が庚申(かのえさる)であったことから猿が神の使いであるとされることによります。(引用文献

鳥居をくぐると禊所があります。
ここでお祓いを行い、身を清めてから登山が行われたそうです。

IMG_1012_20180502085903afe.jpg

ここで軽く昼食とし、一合目まで向かいます。

テーマ : 富士山富士五湖
ジャンル : 旅行

鋸山・東京湾観音(2/3)

鋸山は日本寺の一部ですが、「日本寺は今から約1300年前、
聖武天皇の勅詔と、光明皇后のお言葉を受けた行基菩薩によって
神亀2年(725年)6月8日に開山されました。」とのこと。
鋸山 日本寺 公式サイトより)

長い歴史のあるお寺です。
ただ・・・昭和初期に登山者による発火で、
多くの国宝などが燃えてしまったとのこと・・・。

大仏広場から30分ほどで百尺観音にたどり着きます。

20150921_08.jpg

「世界戦争戦死病没殉難者供養と交通犠牲者供養のために発願され」たとのことです。

次は有名な「地獄のぞき」ですが・・・
観覧エリアの狭さから、行列ができていました・・・。
地獄のぞきの場所に行くまで、1時間20分待ち。
何のアトラクションじゃ!

地獄のぞきは↓のような場所です。
下をのぞくと、百尺観音を見ることができます。

20150921_09.jpg

青々とした自然や、東京湾が見渡せます。

20150921_10.jpg

20150921_11.jpg

山頂展望台からも見渡し、下山。

20150921_12.jpg

鋸山の実際の山頂はロープウェイ駅の方にありました。
標高329mということで、気軽に登れる感じです。

20150921_15.jpg

下山はロープウェイを使いました。
駅前で昼食をとって浜金谷駅に向かう予定でしたが・・・
駅前の大きな海産レストランはどこも数十組の客待ちとなっていました。。
すでに時刻は14:00だったのですが・・・。

仕方ないので、ガストで昼食。
内房線は、君津より先に行くと1時間に1本しか電車がないため、
ダッシュで食べて駅に向かいます。

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

鋸山・東京湾観音(1/3)

連休3日目は、房総半島、富津市にある鋸山に行ってきました!

朝8時ごろの電車に乗り、9時半ごろに保田駅着。

20150921_01.jpg

駅からはのどかな風景が広がります。

20150921_02.jpg

何組かの登山者を見かけました。
ちなみに、北に1つ行った浜金谷駅にはロープウェイ駅があります。

保田駅から登山口まで1.5km、山頂まで6kmです!
ウォーキング開始!

20150921_03.jpg

駅を少し離れると、青々とした自然が広がります。

20150921_04.jpg

駅から20分ほどで、無字門に到着。
少しして、参道入り口を示す看板が見えてきました。

20150921_05.jpg

参道に入って10分後、仁王門に差し掛かります。

20150921_06.jpg

観音堂で参拝料を納め、まだまだ続く上り階段を進みます。
嫁は完全に遅れ始めます。

駐車場を横目に中腹部を進み、大仏広場に向かいます。

20150921_07.jpg

御朱印はこちらです!

20150921_06a.jpg

次は山頂に向かって進んでいきます。

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

高尾山・陣馬山縦走

高尾山・陣馬山の縦走に行ってきました!
そのまとめと行程メモです。

■天候:晴れ

■装備品
・登山マップ(アプリ)
・懐中電灯
・雨具(傘と合羽)
・携帯電話
・iPod Touch
・水2.5l
・昼食(おにぎり3個)
・絆創膏
・ポイズンリムーバ
・タオル2枚
・ティッシュペーパー(4個)
・コンビニ袋(2枚)
・筆記用具
・保険証
・カメラ
・その他貴重品

■コースタイム
09:30 高尾山口駅
10:00 1号路を経由し琵琶滝
11:00 高尾山山頂
(1.5km)
11:20 一丁平
(0.9km)
11:35 城山山頂
(2.3km)
12:20 城山下売店
(2.3km)
13:10 城山山頂
(昼食)
13:25 城山山頂出発
(0.9km)
13:40 小仏峠
(1.2km)
14:10 景信山山頂
(3.8km)
15:20 明王峠
(1.9km)
16:00 陣馬山山頂
(休憩)
16:20 陣馬山山頂出発
(1.0km)
16:30 和田峠
(3.7km)
17:10 陣馬高原下バス停
17:55 JR高尾駅

記事はこちらです。
1/3:高尾山~一丁平
2/3:一丁平~景信山
3/3:景信山~陣馬高原下バス停

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書記録
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ