カンボジア・アンコール遺跡観光

8/11~8/14でカンボジア・アンコールワット遺跡の観光に行ってきました!
海外旅行は実に3年半ぶり!

記事は以下です。

・2015.08.11 1日目:移動
・2015.08.12 2日目-1:アンコール・ワット夜明け観光
・2015.08.12 2日目-2:アンコール・トム
・2015.08.12 2日目-3:タ・プローム
・2015.08.12 2日目-4:アンコール・ワット
・2015.08.12 2日目-5:アンコール・ワット2
・2015.08.12 2日目-6:夜
・2015.08.13 3日目-1:バンテアイ・スレイ
・2015.08.13 3日目-2:ベンメリア
・2015.08.13 3日目-3:オールドマーケット→帰国

去年、一昨年の夏休みは、名古屋居住という利点を生かして、
秘境駅巡りだったり、新幹線で九州に行ったりとしていました。
今年は海外に行ってみました。

また来年も海外に行きたいけど、どうなっているかなぁ。
行けるなら、北欧へオーロラを見に行きたいなーと思っています!
スポンサーサイト

テーマ : カンボジア
ジャンル : 旅行

カンボジア・アンコール遺跡観光(3日目-3:オールドマーケット→帰国)

オールドマーケットで30分の自由時間。
にもかかわらず、嫁が1つのお店で15分も費やすので、
私は放置して出てきましたw

とりあえず周辺をふらつきます。
観光客に特化したわけではないようで、
燻製や果物も売っていました。

客引きは、そこまで厳しくはありませんでした。
しかし、一発で日本人だとバレている様子・・・。
自分自身は特に買うものはないので、
日本語の分からない振りをしていました。

でも中には、各国の言葉をとりあえず言ってみる店番の人も
いらっしゃいました。

その後、レストランで飲茶を食べに行きました。
なぜ飲茶なのだろうか。
そろそろカンボジア料理も飽きてきたと思われる頃合いなのだろうか。

昼食後ホテルに戻り、チェックアウト。
そのまま空港に向かいます。
シェムリアップ空港は、あまり私の中にある空港のイメージとは離れていて、
あまりごちゃごちゃした通路はなく、田舎の空港、という感じでした。

20150813_10.jpg

現地のガイドさんは空港に入れないため、ここでお別れ。
この時もそうですが、カンボジアの方がお礼を言う時は、
胸の前に手を合わせていました。
私もそれに合わせて、手を合わせていましたが、
ちょっと調べてみました。

カンボジアでは、あいさつ、お礼、謝罪など、大事な時に手を合わせる習慣が
あるそうです。
作法はインドから伝わったものなのだそうです。

ガイドさんと別れてチェックインします。
復路も往路と同じで、シェムリアップ→ハノイ→成田と乗り継ぎを行います。
で、例によってハノイで4時間半待ちorz
ハノイ発が00:25と、待ち時間中非常に眠かったです・・・。
この時間帯に、日本の各地に飛ぶ飛行機が集中していました。
電車の始発に合わせているのだろうか。

待ち時間中は、ネットサーフィンをしていましたが、
とにかく眠い。

空港のカフェに入って、コーヒーで目を覚まそう!
と思いきや、$3.5で1口ちょっとのコーヒー・・・。
いくらなんでもこれはぼったくっている気がするぞ・・・。
嫁はミルクティーを頼みましたが、コーヒーの5倍はある。

コーヒーと一緒に水が出てきましたが、これで量を合わせているのか?
と口をつけてみたら、お湯だった・・・。
これはどういう意味??まさかコーヒーを薄める用??

何とか眠気に耐え、無事飛行機に搭乗。

8:30頃、成田着。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 旅行

カンボジア・アンコール遺跡観光(3日目-2:ベンメリア)

バンテアイ・スレイから車で約1時間で
ベンメリアに着きます。

途中、トゥクトゥクでベンメリアに向かっている観光者も
見かけましたが、トゥクトゥクだとどれくらいかかるのだろう?
ちなみに、車は平均すると時速50kmで走っていました。

きっとトゥクトゥクの方がコストはかからないと思いますが、
社会人(特に休みの少ない日本人?!)だと、
ある程度お金で時間を買う必要もあるかなと。
旅行の目的にもよりますけどね。

ベンメリアはアンコール遺跡群の入場チケットでは入れず、
別のチケットを購入しました(といってもチケット代は旅行代金に含まれていますが)。

ベンメリア着。
ベンメリアもだいぶ遺跡が破壊されています。
例によって、破壊したのは樹木。
石の隙間に細い根が入り込み、やがて根は太くなっていく。
石がだんだんとずれていき、最終的には根の力で崩れていくそうです。

20150813_05.jpg

そして、遺跡を修復するお金もないため、現在もこのままとなっているそうです。
場所によっては木を伐採するなどしているそうです。

建物とは違い、ナーガ(蛇)は比較的状態がよく残されています。

20150813_07.jpg

寺の中も回廊も、損傷が激しい様子が伺えます。
写真は内部から正門に向かって撮影したものです。

20150813_08.jpg

また、ベンメリアにも乳海攪拌を描いたレリーフがあります。
アンコール・ワットのレリーフとは違い、神と阿修羅の位置が、
左右逆になっています(左側が神様で右側が阿修羅)。

20150813_06.jpg

そして、ジブリの「天空の城ラピュタ」のモチーフとなった場所。

20150813_09.jpg

観光が終わり、シェムリアップ市内に戻ります。
近道を通ったそうで、1時間くらいで戻りました。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 旅行

カンボジア・アンコール遺跡観光(3日目-1:バンテアイ・スレイ)

3日目は16:00までには空港に行かなければならないため、
そんなに観光時間は多くありませんでした。

まずはバンテアイ・スレイに行きます。
シェムリアップ市内から車で約50分。

20150813_01.jpg

赤みのかかった色が特徴です。
「バンテアイ」は砦、「スレイ」は女を意味します。
東洋のモナリザでも有名です。

この辺りは地雷等の問題で、10年ほど前までは、自己責任で
観光するような地域だったそうです。
近年はかなり安全になってきているため、多くの観光者が
訪れているとのことです。

門に刻まれた碑文も読める形で残っており、歴史研究に役に立っているそうです。
ただ、宗教戦争があったため、宗教に関することは消されてしまっているとのこと。

第3周壁の東門に顔がかけているレリーフがあります。

20150813_02.jpg

顔が欠けているのは女性であり、相当な美人だったそうです。
しかし、美人が故に奪い合いが起こってしまったそうです。
ついには、その美貌を壊すために、顔がなくなったのだとか。

それにしても、繊細な彫刻がすばらしいです!

そして、東洋のモナリザ。
立ち入り禁止区域のため、デジタルズームで写真を撮るだけになりました。

20150813_03.jpg

バンテアイ・スレイはアンコール・ワットよりも300年くらい前に
建設されています。
バンテアイ・スレイもアンコールワットのように3つの並んだ塔で
造られています(アンコール・ワットは正確には5本ですが)。

20150813_04.jpg

次は、ベンメリアに向かいます。

テーマ : カンボジア
ジャンル : 旅行

カンボジア・アンコール遺跡観光(2日目-6:夜)

アンコール・ワットを後にし、お土産屋とスーパーマーケットに行きます。

お土産屋は、アンコールクッキーというお店。
経営者は日本人で、カンボジアの人々が自立して生きていけるために・・・という
理念の下、設立されたそうです。
使用されている食材は、すべてカンボジアで生産されたものを使用しているそうです。

20150812_32.jpg

次は、「ラッキーモール」というスーパーマーケット。
生鮮食品以外はほとんど輸入品だったような印象です。
物価は日本よりやや安いかな、という感じです。

20150812_33.jpg

とりあえず飲料用の水がなかなか手に入れる機会がないため、購入。
1.5lで$0.5は安い!
他は、嫁がお土産を購入。

その後、AMAZON ANGKORというレストランで夕食。
ビュッフェスタイルで、いろいろな料理を楽しむことができます。
また、ここでは宮廷舞踊アプサラダンスのショーを見ることができました。

20150812_35.jpg

20150812_34.jpg

テーマ : カンボジア
ジャンル : 旅行

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書メーター
kero-piさんの読書メーター
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ