最近思うこと

このところ異様に疲れを感じるなーと思っていました。
原因は何となく予想はできている。
職場の冷房のせいだ。
直接風は当たらないのですが、何となくひんやりするのです。
ですので、ジャンパーを着て、腕をまくって仕事しています。
今日はそんなに疲れを感じませんでした。

このところ、短大の勉強が一向に進んでおりません・・・。
先日学習進捗状況が送られてきて、今一度気を引き締めないといけないなと感じ始めております。
意識的に、退勤後も取り組まなければならないなと思い、明日からまた再スタートの予定です。

学習が進んでいない理由の一つに、私が営業所のホームページ関連とその勉強に時間を割いていることがあります。
いろいろと運用面で考えなければならないことが多々あり、それに悶々と時間を消費してしまっているように感じます。
こちらも、できる限りメールボックスは覗かない、インターネットにつながないなどして、対策せねばと感じております。

明日から7月。
気持ちを入れ替えて、取り組んでいこうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 頑張れ自分。
ジャンル : 日記

福井へ(2/2:東尋坊)

次に、バスで東尋坊に向かいます。
丸岡城付近のバス停から東尋坊まで直通で行ってくれるバスは、2時間に1本しかないので、時間は死守せねばなりません。
無事バスに乗り込み、約1時間ほどで東尋坊に到着します。
東尋坊入口の食事処で、海鮮丼を食す。
私はかんぱちとイクラの二色丼。

20140628_3.jpg

そして、東尋坊に向かいます。

20140628_4.jpg

そこそこ観光客はいました。
かなり特徴的な地形なのですね・・・。

20140628_5.jpg

せっかくなので、遊覧船で、海から東尋坊と雄島を案内してもらうことにしました。
これまた、海から見る東尋坊も絶景です。

20140628_6.jpg

遊覧船の後は、お待ちかね東尋坊タワー。
最上階は誰もおりませんでした・・・。
タワーに上っても、東尋坊は一切見えませんしねぇ・・・。
でも、クロスランドタワー同様、写真撮影もなく、まったりと景色を楽しむっていうのもありかなと思いました。

20140628_7.jpg

東尋坊タワーでも、スタンプと記念品をゲット。
記念品は耳かきです。

20140628_9.jpg 20140628_10.jpg


これで、東海ブロック全制覇です。
記念品はオリジナルの手ぬぐいでした!

20140628_11.jpg

制覇証もゲッツです。

20140628_12.jpg

バスに乗って芦原温泉に戻り、そこからJRで福井駅に戻ります。
北陸エリアって、自動改札機はないのですね・・・。
福井駅もターミナル駅なので、自動かと思いきや、人手で改札を行っていました。

帰りのバスは19:00発で、17:00過ぎに戻ってくることが出来、だいぶ早く福井駅に戻ってきてしまいました。
夕食、駅周辺を散策し、バスに乗り込みました。

ちなみに、福井は羽二重餅が有名、ということで、お土産に購入。
もちっとしていて、おいしかったです!

20140628_8.jpg

タワーめぐりも残すところ、香川、鳥取、九州3か所、そして、銚子となりました。
銚子は比較的行くのに難しい場所ではありませんが、中国・四国・九州エリアはかなり金銭的に厳しいです。
期限も残り約半年なので、計画的に行ってみようと思っています。
予定では、9月に1か所行く予定です(7月と8月は結構忙しい・・・)。

テーマ : 北陸旅行
ジャンル : 旅行

福井へ(1/2:丸岡城)

本日は、嫁と福井に行ってきました!
今回の行先は、丸岡城と東尋坊。
朝一の名古屋駅発のバスで出発したので、時間的な余裕はあります。
ですが、乗らなければならないバス路線がかなり本数が少ないため、時間にはシビアに動く必要がありました。
そして、本日の福井の天気は、雨には雨だったのですが、降ったりやんだりの繰り返しで、非常にストレスの溜まるものでした・・・。

朝7:10名古屋駅発のバスに乗り、福井駅へ。
そのまま、京福バスの休日フリーパスを入手し、丸岡城に向かいます。
ちなみに、フリーパスは使用する日にちの部分をコインで削る方式のものでしたが・・・。
嫁が28日だからと、2と8の部分を削り取ってしまった(大汗)。
降車するたびに、乗務員さんに説明し、苦笑いされる嫁。
乗務員さんは何を思って苦笑いしていたのだろうか・・・。

丸岡城着。
霞ヶ城ともいうそうです。

20140628_1.jpg

現存する最古の城の建築方式で立てられたお城で、重要文化財に指定されています。
中は私の好物である、木の強いにおいが立ち込めていました。
場内の階段は非常に急で、足場の面積も非常に狭く、上りづらく感じました。
上に上がるたびに部屋は小さくなっていきます。
丸岡城の城主は様々な人が務めましたが、特に展示物としては本多成重を始めとした、本多氏が中心に紹介されていたように思います。
本多氏は古くからの徳川氏の家臣だったようです。

外に出ると、城の人柱となったお静の話が記述されていました。

20140628_2.jpg

誰かが、城が倒れないように人柱を立てるべき、と進言したようで、息子が侍になることを条件にお静が人柱になったとのこと。
残念ながら約束を破られ、息子は侍になることなく・・・。
そのせいかお静の霊が収穫の季節に作物がダメにするという話が広がるようになり、墓を建て、霊を鎮めたと言われています。
人柱と言えば、最近スクーリングの比較文化論の授業で、事前課題の題材になっていました。
「なぜ人柱という文化は、ほどなく消え去ったのか」
嫁は約束破りに大層憤慨しておりました。
授業のこの手の課題については、ひどい、ありえない、といったような回答が並んでいました。
でも、自分はなぜ人柱というものが必要だったのか。
なぜ侍にすることはできなかったのか。
こういった観点で、文化というものを学んでいきたいと思いました。少しは異文化理解というものについて、自分なりの成果が出たのだろうか。

次に向かう先は東尋坊です。

テーマ : 北陸旅行
ジャンル : 旅行

今日も自習室でお勉強

今、ワールドカップで盛り上がっていますね!
日本はちょっと雲行きが怪しそうですが・・・。
昨日、31に行ってきて、旬なアイスクリーム「トリオ デ ジャネイロ」を食べてみましたー。

20140621.jpg

今日は自習室に行こうと思っていました。
ただし、いつ行くかまでは決めておらず。
8:20の目覚ましで起き、9時から入室しよう、と準備して出かけることにしました。
思い立ったが吉日。
まあ、さすがに9時には着きませんでしたが。

9:30頃、自習室前に到着。
すると、シャッターの前に男性が一人立っている。
あれ?土日祝日は9時からだよなぁ。
立て看板をチェック。
スマホでサイトをチェック。特に本日は休業という案内もない。
仕方ないので電話してみる。
どうも、バイトが遅れていて、シャッターを開けることができないらしい。
聞いてみると、10時ごろ到着の見込みとのこと。
えーっ、30分も時間をつぶさないといけないのか?!
仕方ないので、周辺をふらついたり、昼食の店を探したりする。

10時少し前に再び自習室前へ。
シャッターは開いておらず、女性が1人増えている・・・。
バイトはどこに住んでいるのだ?
すると、女性の方が経営者に連絡し、開くことができました。
結局、バイトらしき人間は現れず。

1時間遅れで作業開始。
まずは言語習得論のレポートを書き始める。
5時間くらいかけて、課題1つを終えました。
残り1つを取りかかろうとしましたが、残念ながら文献が足りないことに気付いた。
名古屋市の図書館を調べてみても、必要とする本が置かれていないため、購入することに。
でも、言語習得論という分野は、非常に興味を惹かれます。
時間があれば、いくつかの文献を読んでみたいと思っています。

次は、HTML5/CSS3の勉強。
残り1/3まで来ました。
きっと、7月頭には終わらせることができると思われます。

夕食は「やま昇」というつけ麺のお店へ。
全部入りつけ麺を注文。
席に座ると・・・なにやら見慣れた文字が書かれた麺の案内が・・・。
もしかして、日の出系??

20140622.jpg

スープは日の出系(というのか分かりませんが)、麺は太麺・・・というほどではありませんでした。
昼に行ったときは、外に並んでおり、あきらめるくらいの人気ですが、個人的にはうーん、という感じでした。
日の出ラーメンの極太麺のほうが自分好みかなー。

テーマ : ☆(ゝω・)vキャピ
ジャンル : 日記

HTML5/CSS3のお勉強

もしかしたら、年末か遅くとも来年にも関東に戻れる可能性のあるタイミングが来そうです!
あくまで可能性ですが・・・。
とりあえず、今の職場から脱出することが先決です。
ヒマすぎて仕方ない。

最近派遣元のイントラサイトの所属営業所のHP運営を行っております(むしろこっちの方が本業になりつつある?!)。
そんなわけで、通信教育でHTML5とCSS3の学習を行っております。
費用の半分は会社負担でできるので、ちょっとお得な感じです。
一応HTMLは高校生の時から独学で勉強して、最近は雑記帳っぽいwebサイトを立ち上げて、ひっそりと更新していたりします。
ですので、全くのド素人というわけではありませんが、公の場で運用を行うのであれば、ちゃんと勉強すべきだろうと思い、ちまちまと勉強しています。
いくつか課題があり、すべての課題を提出したら、修了証をもらうことができます。
この修了証と領収書を会社に提出すればキャッシュバックがあります。
期限は4か月。
だいぶバックボーンがあるので、2ヶ月弱くらいで終わりそうな感じです。
現在約半月で折り返し地点を通過しました。
次はJavascriptの通信研修を受けたいと思っているので、しっかりとやっていきたいと思っています。
もちろん短大の勉強もやっていますよ!
次の日曜は自習室に籠る予定です。

テーマ : webサイト作成
ジャンル : コンピュータ

「外国語学習の科学」

この本は、今学習を進めている「言語習得論」のレポートを書くために、図書館で借りてきました。

まずは幼少期のほうが、言語学習得には強い、ということが挙げられていました。
家族で海外赴任したとき、赴任者やその配偶者よりも、その子どもの方が上達スピードが速いという結果が出ているそうです。
この辺は30歳の私には、はっきり言ってどうでもいいことなので・・・(涙)。

一番驚きだったことは、アウトプットよりもインプットのほうが重要ということでした。
もちろんインプットする際も、ただインプットするだけではなく、インプットされたものがいったい何なのかをしっかりと理解しなければいけないということでした。
ですので、漠然と外国語の本を読んだり、音声を聞いたりするだけではNGということでした。
やはりダイアログを通じて自分の中のデータベースを増やしていくことが重要、ということで、いわゆる暗記力により習得に差が出るというのが・・・。
暗記は苦手な私は人一倍努力せねば、と痛感しました。

あとは、どうしてもモチベーションの影響は無視できない、ということでした。
語学に限らず、継続が力なり、と言われるように、とにかく学習を維持しなければなりません。
これが解決できれば、私も苦労はしなかったのですが・・・(今はとりあえず単位取得という目標がありますので)。
日本人の場合、特別英語ができなくても、生活していけるのですよね。。
例えば、シンガポールとかですと、就職といったお金を稼ぐために英語を学習しなければなりませんので、どうしても差が出てしまうのかなと思ってしまいます。

第二言語習得という研究も非常に面白そうですね。

☆本の情報☆
「外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か」 白井恭弘著
新書: 224ページ
出版社: 岩波書店 (2008/9/19)
ISBN-10: 4004311500
ISBN-13: 978-4004311508
発売日: 2008/9/19

テーマ : 今日の一冊
ジャンル : 本・雑誌

北陸方面へ(3/3:一乗谷城)

最後の行き先は福井県にある一乗谷城と朝倉氏の遺跡
一乗谷城に行くには、電車で一乗谷駅まで行って徒歩という方法と、福井駅からバスという方法があります。
これまた車社会のためか、電車もバスもともに本数が絶望的に少ない・・・。
行きは電車で、帰りはバスで、という方法が一番最適ということで、このように動くことにしました。
そして、私の1人旅では珍しく、特急を使います。
金沢・福井間で特急に乗ります。
というか、普通の1ランク上が特急って、どういうことだ?快速・新快速があってもいいではないか。

一乗谷駅は無人駅でした。
こういった無人駅も、趣があって私は好きです。

20140614_16.jpg

駅前の案内板を見てみると、衝撃の事実が!!!
一乗谷城は、これまた山中にある城らしいのです。
そうか・・・ふもとにあるのは朝倉氏の屋敷跡であって、城跡ではないのか。
今回は山登りする予定がなかったので、余計なものをいろいろと所持していたのです。
うーん、ちょっと考えるか。
駅から歩いて20分ほどで、朝倉氏の遺跡に到着しました。
ふと見てみると、「門」などと書かれた石がありました。
ひとつひとつ、どこに何があったか調べられたのですね。

20140614_17.jpg

そのまま復原町並に行きます。
朝倉氏に関するムービー教材や武家屋敷や庶民の町屋が成形されていた様子が再現されています。

20140614_18.jpg

ところで、ずっと下の写真のような石がたくさん点在していました。
なんだろう?と思って、近くに行ってみると・・・井戸だった。
そっか、一軒に一つ、井戸があったと思えば、このような石が点在していたのですね。

20140614_19.jpg

朝倉義景館跡に移動します。

20140614_20.jpg

100名城スタンプのスタンプ帳にも載っている、朝倉氏の館跡の風景を観ることができました。
しっかりと礎石が残されています。

20140614_21.jpg

100名城のスタンプはふもとにある復原町並で押すことができましたので、無理に山登りする必要はありません。
時刻は16:20。
帰りの高速バスは19:00福井駅発。
このままバスなり電車なりで福井駅に戻っても、2時間近く余る計算です。
・・・登っちゃう?
トートバッグにPC所持という、明らかに山をなめている格好でしたが、行ってみることにしました。
山道に入ると・・・車輪のあとが続いている。

20140614_22.jpg

もしかして、車でも行ける場所なのか?
これで山城まで1.5kmなら、片道30分で行ける!
進んでみると・・・結局登山道に差し掛かったorz
まあ、とりあえず進んでみるかーと進む。少しすると、雨が降ったのか、道がぬかるんでいるのに気付いた。
これはちょっときつい。
行けるだけ行ってみようと進む。
しばらくすると、残り1.0kmの立札を見つけました。
500mの所要時間は、10分。いいペース。
5分後には残り0.8kmの案内を見つける。いい調子。
しかし、ここから先で躓く。若干ペースも落ち始め、疲れも目に見えて出てきました。
何回か足を滑らせ、手をついてしまうことも。
さらにきつかったのは、次に現れるであろう残り0.5kmの案内板がちっとも見えてこないこと。
だんだん焦り始めました。
足がつりそうになり、時間もだんだん気にし始めました。
17:00になったら、強制下山にしよう・・・。

17:00になっても次の案内板が見えてくる気配がなかったので、引き返しました(下の写真は引き返した時に撮影したもの・・・)。

20140614_23.jpg

下山も下山でつらい。
ぬかるんで足を何回も取られ、時間も気になってくる。
必死で心を落ち着かせ、じっくり進む。
予約した高速バスは名古屋行き最終のため、逃すわけにはいきません。

無事、路線バスが来る30分前にふもとに戻ってこれました・・・。
下山しているときにも思いましたが、やはり残り0.5kmの案内板が出てこなかったのはおかしい。
もしかしたら、もう少し進んだら一乗谷城跡に着いたのかもしれません。
以前の小谷城のときもそうでしたが、急きょ山登りするのはだめですね・・・。
せめて、時間に余裕のある状態で登らねば。
あとは、トートバッグは重心がずれるのでよろしくない。
またリュックサックの購入を検討しようかなーと思いました。
さらに、靴も気がかり。
今回は普通の運動靴を履いていったつもりでしたが、ぬかるんでいないところも滑りそうになりました。
もしかしたら、山登りにはあまり適さない靴なのかもしれません。

その城が山の中にあるのかしっかりと調べ、山の中にある城に行く際には、しっかりと計画を立てて行かねば、と教訓を得ることができました。

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

北陸方面へ(2/3:高岡市内、クロスランドタワー)

高岡古城公園内にある案内地図を見ると、駅と同じ方向に高岡大仏があるということで、行ってきました。
奈良の大仏、鎌倉大仏と並んで三大大仏となっていると書かれていましたが、調べてみたら「自称」だった・・・(汗)。
なんにせよ、御利益はあるかと思います!

20140614_7.jpg

大仏までの道に、小さな観光スポットの書かれている案内板がありました(上の写真の左真ん中に見えると思います)。
せっかくだし、その他の有名な観光スポットも行ってみるか。

最初に関野神社に行きました。

20140614_9.jpg

ここに祭られている神様は、かなりVIPなお方ばかりでした。
そんなこともあり、ちょうど10円玉を切らしていたので、50円玉を入れてきました。

20140614_8.jpg

次に瑞龍寺
国宝に指定されているそうです。
入ってみると、確かに緑の芝生に囲まれている本堂はとても美しい光景に思いました。
瑞龍寺は前田利長の菩提を弔うため三代藩主利常(利長は二代藩主)によって建立された寺とのことで、非常に由緒のあるお寺です。

20140614_10.jpg

20140614_11.jpg

そのまま前田利長の墓に行きました。なんでも日本の武将の中で一番大きな墓に眠っているとか。
近くで見ることができなかったので、残念ながらその大きさを実感することはできませんでした・・・。

20140614_12.jpg

次は、電車に乗って移動します。
行先は石動駅。
小矢部市にある、クロスランドタワーに行きます。
しかし、あまりちょうどいい電車がなく・・・。
ちょっと休憩するにはちょうどいいかな?というくらいの時間でした。

クロスランドタワーは石動駅から徒歩で約25分です。
さすが車社会。北陸本線も普通列車は1時間に1本ですし。
到着すると、タワーの周りは広大なアスレチック施設になっていました。

20140614_14.jpg

タワーの周りに何もないっていうのも、のどかでいいですねぇ。

20140614_15.jpg

タワー内でも、写真を撮られることなく、あまり人もおらず。
こういうところもなかなかいいなーと思ってしまいます。
行く先行く先で人ばかり・・・という所ばかりでもつらいです・・・。
スタンプとポストカードをもらってきました。
あと1か所で東海エリアを達成します!

20140614_14b.jpg 20140614_14a.jpg

さて、電車の時間まではまだ時間がある。
どこか行先はないか、探してみました。
小矢部市は、木曽義仲と巴で有名なんだそうです。

20140614_13.jpg

木曽義仲が活躍した古戦場が観光スポットの1つで、観光バスのルートにも入っています。
ただ、ちょっと行くには時間が足りない・・・。
徒歩で石動駅に戻ることにします。

テーマ : 北陸旅行
ジャンル : 旅行

北陸方面へ(1/3:氷見、高岡城)

今回のバス旅行は、前日夜に出発する旅程でした。
行先は、富山県の高岡、福井県にある一乗谷城です。

夜行バスは名古屋駅23:15発。
問題なく乗れたのはよかったのですが・・・
初っ端から大変な事態に遭遇することになります。
最後に乗り込んだ女性の方ですが、何となく挙動がおかしかったのです。
その時は、そういう人もいるのかな位に思っていました。

たぶん、名鉄一宮を過ぎたあたりだったと思います。
突然、戻した人がいる、という話が聞こえてきました。
えーっ、それってつまり・・・。
すると、私の後ろの席の人が、空いている後ろの席に移動する希望を、乗務員さんに伝えました。
さらに、右隣りの人まで移動希望。まさか・・・
明るくなってみると、私の斜め後ろにいる、最後に乗り込んだ女性が大変なことになっていた。
ああ・・・泥酔していたってことね・・・。
何となく、あの独特の臭いがほのかに立ち込め始めた。
これどうするんだろう・・・。
まずは乗務員さんが汚物を片付ける。
なんか白い粉を上にかけると、臭いが取れるらしい。
一旦外に女性が出て、気分が収まるまで待つ。
最終的に、何とか片付けて走行開始。
出発で10分遅れ、片付けで30分遅れたので、朝の暇つぶしの時間が減ってラッキーくらいに思いました。
でも、何となくあの臭いが鼻から離れない・・・。
そして、後ろは空いたので、ガッツリシートを倒して寝ました。

富山駅に着くと、大半の方が降車していきました。
女性もその中の1人で、しきりに乗務員さんに謝っていました。
乗務員さんも大変だなぁ。
お疲れ様です、と心の中でつぶやいていました。
でも、泥酔状態でのバス乗車は結構危険な気がする・・・。

自分はというと・・・高岡駅で乗務員さんに起こされて目が覚めました。
目覚ましを完全に頼りにしていました。
時刻を見てみると・・・到着予定より20分近く早い。
一体どこで遅れを取り戻したんだ??

ようやく旅行開始です!
時刻は5:50。
駅周辺に朝空いている店はコンビニくらいしかないという情報は手に入れていたので、何となく氷見に行こうと考えていました。
あわよくば、海鮮料理を・・・と思っていました。
でも、こんな朝早くからお店が開いているわけないですよねぇ。
ホテル宿泊でないと無理でした・・・。

氷見に到着し、駅周辺をふらふらする。
お店開いていない。
日本海しかない。

20140614_1.jpg

自分何しにきたんだ?
すると、マンガロードというものがあるらしいということに気付く。
何だろうと近くまで行ってみると、こんな絵が!

20140614_2.jpg

藤子不二雄Aは氷見出身とのこと。
なるほど・・・だから乗ってきた氷見線の車両にはハットリくんが描かれていたのか。
そのマンガロードに行くと、ハットリくんのモニュメントが並んでいました。

20140614_3.jpg

藤子不二雄Aの展示会も開催されていました。
まあ開いていなかったですけどね。結局朝食もローソンで調達しましたしね。

20140614_4.jpg

そのまま高岡に戻ります。
最初の行先である高岡古城公園に向かいます。

20140614_5.jpg

100名城のスタンプは博物館にあります。
博物館が開館するまで1時間弱あったので、公園内を時間をかけて回りました。
高岡城は前田利長が築いた城です。
公園内には、前田利長の銅像がありました。
一国一城令が出た時に廃城となってしまったという歴史を持ちます。
二の丸~本丸間の石垣のみ残されています。

20140614_6.jpg

博物館まで来て・・・まだ20分残っていました。
改めて開館時間を確認しようと近づくと・・・スタンプは入口のところに設置されていました。
あーこれって朝早かろうと押せたってことかぁ。
ちょっと損をした気分になりました。
でも、氷見に行ってこれたのはそれはそれでよかったかも。

そんなわけで、当初予定(博物館開館まで待って、さらに展示物を見る)より、早く済んでしまいました・・・。
さてどうしよう?というところで次に続きます。

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

「人を動かす」

私がこの本に出会ったのは約1か月前でした。
派遣元のとあるワーキンググループに参加しているのですが、マネージャ役の方から、若手がなかなか決められた締切に提出物を出さない、やる気の感じられない態度が目立つ、と相談を受けました。
いろいろとメールでやり取りしていると、決して若手だけではなく、管理側も若手のやる気をそぐようなことをやっているのではないか?と思いたくなるような内容がちょくちょくありました。
何か、リーダーシップとか、コーチングに関する本を読んでみよう。
いろいろと探しているうちに、本書に行きつきました。

原著はだいぶ前に書かれたもので、現在の自己啓発本の原点と言われている本です。
内容は大雑把にいってしまうと、人間関係がうまくいくようにするためにはどのように行動するか?ということについて書かれています。
前述の悩みを抱えながら読んだため、各章各章で考えさせられることが非常に多かったです。
今のワーキンググループの状況であてはめてみると、私はどうしたらよいのか。
そういえば嫁と義母の関係があまりよろしくないが、どうしたらよいのだろうか。

本書のページ数くらいであれば5時間あれば読めてしまうものを、ほぼ1か月かけて読むくらい、密度の濃い本だと思いました。
GWの北海道旅行でも、飛行機の中や電車の中でも読んでいましたが、なかなかページが進まなかったのを思い出しました。
本書はとにかくケーススタディが多く、とても参考になります。
今回は珍しく、読書メモは一切無しです。
というのも、本書まるまるメモにしたいくらいで、書ききれません。
なかなか一生所蔵したくなるような本に出会うことはないと言われていますが、本書は私の中で、一生所蔵したいと思える本となりました。
本書で述べられている内容を、1つ1つ実践していきたいと思います!

☆本の情報☆
「人を動かす」 デール・カーネギー著
単行本: 346ページ
出版社: 創元社; 新装版 (1999/10/31)
言語: 日本語, 日本語
ISBN-10: 4422100513
ISBN-13: 978-4422100517
発売日: 1999/10/31

テーマ : 考えさせられる本
ジャンル : 本・雑誌

初めてのスクーリング

土日と短大のスクーリングに参加してきました!
金曜日は午後半休を取得し、バスで帰省。
両日とも9:30開始、17:00終了です。

久々の黒板での授業。
懐かしい思いでいっぱいでした・・・。
科目は比較文化論という、バリバリの文系科目。
講義の雰囲気からしても、先生としては試験で合格・・・というよりも話を聞いていろいろと考えてほしいという想いのほうが強いのかなという印象でした。
この辺は理系科目とは違いますなぁ。

1日目終了後に、先生主催で、希望者でコンパに参加しに行きました。
私も、とりあえず参加してみることにしてみました。
いろんな方と話ができて、非常に楽しむことができました!
本当にいろんな年代の方がいらっしゃいました。
20代前半の短大の資格を取得される方、子育て中で自分のスキルを伸ばすために来ている方、教員免許を取得するために来ている方・・・。

2日目も1日目と同じような雰囲気の講義。
1日目のコンパ参加仲間を中心に席に座り、1日目より楽しく講義を受けることができました!
最後に試験がありましたが、そんなに難しくなく、ちょっと時間が短かったので焦ったくらいでした。

最初のスクーリング。
どんな形になるかは分かりませんでしたが、個人的には非常に楽しむことができました!

日曜は名古屋に戻るので、そのまま東京駅に向かいます。
東京駅改札外に、ラーメンストリートがあるのですが、そこの「六厘舎」というお店があります。
前回東京駅で夕飯を食べようとしたら、非常に並んでいました・・・。
今回は時間的にかなり余裕があったので、並んでみることにしました。
豚玉つけ麺を選んでみました。

20140608.jpg

とてもおいしかったです。
・・・が、スープが日の出ラーメンと非常に似ている気がする・・・。
麺の太さ、固さは、私としては日の出ラーメンのほうが好きかも・・・。
でも六厘舎のほうが具だくさんなので、甲乙つけがたい感じです。

次回のスクーリングは9月の3連休です。
まだまだ通信科目も進捗が良くないので、頑張ろうと思います!

テーマ : 大学通信教育
ジャンル : 学校・教育

レポートが返ってきたヨ・・・

本日帰宅すると、何やら茶封筒が。
見てみると・・・先週出した、経済学のレポート。
いや、早すぎるでしょ(大汗)、だって、返却まで1か月くらいかかるって書いてあったぞ・・・。
何か手続きミスでもしたか?!
内容が間違っていたのか?!

自室に入って、即行中身を確認。
・・・合格していた。
科目担当が専任教員だったから、早かったのかなぁ。
評価はA。S~Cが合格で、Fが不合格。Aは89~80点の範囲でつくそうだ。
普通の大学だったらおそらく優になるはずなので、こんなもんかなぁ。
なかなか教員をうならせるくらいのものでないと、Sはつきにくいのかな??
いずれにしても、試験で残りの50%が評価されるので、まだまだ気を引き締めなければいけません。
さて、いつ試験を受けに行こう・・・?

テーマ : 大学通信教育
ジャンル : 学校・教育

今日も自習室へ

今日は特に予定もなく、どうするか、布団の中で考えていました。
本当は今日も自習室に行こうと考えていましたが、日曜日は定休日なのです。
自室で勉強するかなぁ。
と考えつつ、いつの間にか眠っていた・・・。

再び起床したのは10:30。
起きて、言語習得論の教科書を読んでいると、突然呼び鈴が鳴る。
警察官だった。
どうも、住民の情報を集めて、災害時とかに安否確認で用いる模様。
たぶん、信用されるのためだと思うのですが、とにかく話が長い・・・。
前回住んでいた方の情報を持っていたので、信用して大丈夫だろうと思い、情報提供。
再び、本を読む。

きっとこのままだらだら過ごしそうな気がする。
実は、日曜日も開いている有料の自習室はあるのです。
ただ、いつも利用しているところより、若干高め。
非常に迷いましたが、だらだら過ごすくらいなら!と思い、昼食後に出かけました。
このところ小遣いが若干厳しい状況なので、極力支出は減らさねば・・・。

行ってみると、住宅街の中にあるビルにありました。
中はパーティションで区切られていて、私語厳禁。
いつもの自習室は、コミュニケーションを取る目的で利用することも考えられているため、話し声が飛び交っていますが、こちらは完全に自習向け。
入会したほうが得で、回数券のほうがさらに得になるので、入会金&回数券を購入。
ちょっと大きな出費が・・・。

まずは英作文から取り組む。
最初のうちはよかったのですが、またもや和文英訳で躓いてしまう。
どうしても、私の中の語彙や表現方法の蓄積が足りなさすぎる。
これは教科書以外もかなり頑張らねば・・・という感じです。
このできなさにストレスが溜まってしまい、2時間で一旦終了(2時間も頑張った?)。
次は、言語習得論。
教科書は日本語教育向けのものですが、勉強してみる価値はあると思い、履修しました。
読んでみると、なかなか面白いです。
本書では、第二言語習得のプロセスが述べられており、私も参考にしながら英語を学習しようと思いました。
とにかく、習得にエラーはどうしても発生してしまうので、間違いを恐れず!という部分について、改めて認識ました(でも、間違えるのはイヤだという気持ちはなかなか抑えられない・・・)。
中でも、指示語の習得がネイティブと学習者では違うというところも、驚きでした。
第二言語として学習する場合は、これ→それ→あれ(文脈用法。昨日行ったレストラン、あの店は美味しかった。など)→あれ(観念用法。えっと、あれどこに置いたっけ?、など)の順で習得するそうです。
ネイティブの場合は、あれ(観念用法)→それ→あれ(文脈用法)→これの順で習得するそうです。
最初と最後が正反対。
この要因として、母親が「あれ」をよく使用し、かつ幼児と母親との会話で「あれ」がよく使われ、母親は幼児の言う「あれ」が特定できるから、というものが説の1つらしいです。
普段何気なく使っているものが、こんなにも違うのか・・・。
でも、大人になったら、なかなか幼児のように学習するのは難しく、明示的な文法で学習しないとなかなかつらいみたいです。

何だかんだで、教科書を読み終えてしまった・・・。
早速レポート課題の確認をしよう。
最後の2時間は、基本中の基本を学ぶ文法書で勉強。
とにかく学習時間を増やさねばならない。
仕事中もやることがなかったら勉強させてほしいなぁ(ムリだけど)。

やっぱり出かけて良かったと思った、今日一日でした。

テーマ : 大学通信教育
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書記録
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ