南総里見八犬伝ゆかりの地へ(3/3)

まずは南峰・観音堂へ。
だいぶ荒れてしまっておりますが・・・。

20151122_14.jpg

皇太子夫妻もここを訪れたのだとか。

その後はひたすら下山です。
結構急勾配の坂が多く、滑りやすく危険でした・・・。

45分ほどで、麓の福満寺に到着。

20151122_15.jpg

この門の仁王像は、かつて山頂にあったものを移したのだそうです。

その後、県道をまっすぐ行き、福聚院へ。
住職さんと少し話をしてきました。

20151122_16.jpg

最後は岩井の大蘇鉄。
樹齢は約1000年と言われています。
石橋山の戦いに敗れ、安房に着いた源頼朝が、
このソテツを見て称賛したいわれているそうです。

20151122_17.jpg

最後に岩井駅に戻って、ハイキングは終了。
ハイキング時間は4時間でした。

名前しか知らなかった「南総里見八犬伝」ですが、
ほんの一部に触れることができました。
しかも、今のファンタジー作品に大きな影響を与えているとは・・・!

今、会社のイントラサイトで営業所ごとのホームページがありまして、
千葉県内のスポットを散策しています。
関東は江戸時代になるまであまり大きな出来事がなかったこともあり、
歴史的な観点からはノーマークでした。
調べてみると、あぁ・・・と思えるような有名なものもありますね。

また何か、探してみたいと思います!
スポンサーサイト

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

南総里見八犬伝ゆかりの地へ(2/3)

観音山着。

20151122_06.jpg

登って景色を眺めます。

20151122_07.jpg

すでに先行していた数組が、休憩場所にいらっしゃいました。
ウォーキングセンターでもらった地図の裏面をみると・・・
今日は、朗読のイベントが行われておりました。

今回は、南総里見八犬伝の冒頭部分の朗読を行っていただきました。
内容は、以下のような感じです。


時は室町時代。
安房の里見義実は館山の安西景連に攻められていた。
落城目前に、義実は飼い犬の八房に、「安西の首を取ってきたら何でも与える。
娘の伏姫も与える。」と言った。
すると、八房は雄叫びを上げ、飛び出していく。
義実のところに戻ってきたとき、八房は血まみれとなりながら、安西の首を持って帰ってきた。

その後、八房には豪華な家や食事が与えられたが、全く見向きもしない。
日に日に八房の機嫌は悪くなっていく。
ある日、八房は伏姫のところに行き、伏姫の袖を離さなかった。
義実の「娘の伏姫を与える。」という約束を果たすことを求めた。
義実は犬である八房と人間の伏姫が結ばれることはできない、と言った。
しかし、伏姫は約束を破ることはできないと義実を説き、
八房とともに富山に入った。

八房と伏姫は籠穴で、お経を読んで過ごした。
そして1年後、伏姫は八つの犬の子を宿したことを仙童から告げられる。
その後、八房は富山に入った義実の部下に討たれ、その流れ弾が伏姫に当たってしまう。
その時に、仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌の文字が記された8つの玉を飛散させる。
その部下はこれらの8つの玉を探しに旅立つ。


朗読したものは教育委員会発行のものだったそうで、
もしかしたら、少し内容が変わっているかもしれません。
(調べてみると、伏姫は、お腹に犬の子がいないことを見せるために
切腹したとか・・・)

ちなみに、滝沢馬琴は、富山に来たことはなく、聞いた話だけで
地理的な描写を行ったそうです。

というわけで、次に向かうは伏姫籠穴(それにしても伏姫って一発変換できないのが面倒・・・)。

20151122_08.jpg

八房と伏姫が過ごした洞穴です。
洞穴には、八つの玉が展示されています。

20151122_09.jpg

20151122_10.jpg

次は、里見八犬士終焉の地を経由して、富山北峰展望台に向かいます。
ここから先は、結構急な階段が続きます。

伏姫籠穴から45分ほどで、山頂到着。

20151122_11.jpg

20151122_12.jpg

ここで持ってきたパンを食して、下山ルートに入ります。

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

南総里見八犬伝ゆかりの地へ(1/3)

紅葉の季節になりました!
せっかくの三連休だし、どこか行きたいなーと、
旅行のパンフレットをチェックしていました。

さらに、やはり嫁の運動不足も何とかせねばならんという機運が高まり、
どこかハイキングなんかできるといいなーと考えていました。

そこで見つけたのが、JRの「駅からハイキング」。
参加費はかからないですし、ポイントをためるとプレゼントがもらえるかも?!
ということで、検討していました。

今回、紅葉も兼ねて・・・ということで参加したのが、
南総里見八犬伝ゆかりの地ハイキング~紅葉の富山(とみさん)~」というコース。
千葉の紅葉と言えば、養老の滝が真っ先に挙がりますが、
今回はまた別のところへ・・・ということで、(∪^ω^)わんわんお!な感じの
場所を選択しました。

ところで、南総里見八犬伝といえば、滝沢馬琴によって書かれた作品です。
中学校の歴史の教科書にもその名が出てくるようなものです。
じゃあ、どんな作品なの?と言われると・・・よく分からん。

まあ、行けば分かるかなーと軽い気持ちで行くことにしましたー。

スタート地点は内房線岩井駅。

20151122_01.jpg

参加するには、岩井ウォーキングセンターで参加申し込みをします。

20151122_02.jpg

会員証ももらって、出発!
まず最初に目に入ってくるのは、伏姫と八房の像。
南総里見八犬伝の事の発端を生み出す登場人物です。

20151122_03.jpg

とりあえずそのままルートに沿って進みます。
次に見えるは天満神社。

20151122_04.jpg

天満神社にある、なぎの木が有名スポットのようです。
葉脈が縦にしかなく、横に裂けにくいということで、
縁結びの願い掛け、お守りにするようになったそうです。
残念ながら、葉脈を確認することはできませんでした・・・。
(どれがなぎの木の葉か、よく分からなかったorz)

20151122_05.jpg

次は観音山に向かいます。

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

添削型レポート、とりあえず完了

10/30~11/1まで、スクーリングで名古屋に行ってきました!

10/30は前泊のため、年休を取得。
その日の夜に、名古屋で勤務していたときにお世話になった
先輩エンジニアにいろいろと話を聞くために、お会いしてきました。

もしかしたら来年度、私がちょっとした役職者になる可能性があり、
いろいろとアドバイスをいただいてきました。

10/31、11/1はスクーリング。
宿題も全く出ず、テストも非常に簡単なものでした。
でも、授業は私のレベルに合っているか、若干低めということで、
リラックスしながら勉強できました!

10/31にe-learningの科目試験を受けて、難なくクリア。

そして、本日最後の添削型のレポートを発射しました。
これで、不合格さえつかなければ、あとはe-learning科目を2科目と、
試験を4つ受けるだけになります。

本当はもう1科目、レポート添削&科目試験受験のものがあるのですが、
このレポートを完成させるには、1ヶ月くらい要してしまう可能性があるため、
きっと試験申し込みに間に合わない・・・。
断念するしかありませんでした・・・。

試験は2科目分、12/5に受けます。
英書購読と時事英語で、若干自分にとっては
難易度の高めの科目です。
また明日から、テスト対策です。

今後は、12月の試験終了後、冬休みが終わるまでに、
e-learning科目を修了させないとなりません。
これができなかったら、卒業は絶望的に・・・。

あと3ヵ月間、頑張って乗り切ろう!

テーマ : 大学通信教育
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書メーター
kero-piさんの読書メーター
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ