十二橋駅

十二橋駅は、千葉県香取市にある駅です。
隣は潮来で、茨城県との県境付近にあります。

この駅は、秘境駅ランキングの194位にランクインしています。
いったいどんな駅なのだろうか。

ということで、駅ハイの帰りにちょっと寄ってみることにしました。

十二橋駅は鹿島線に所属します。
鹿島線には、佐原駅で乗り継ぐ必要があります。
佐原駅に到着すると・・・駅に人だかりが!
何かと思えば、SLの試運転が行われている!!

せっかくなので、自分も撮影。

20160123_23.jpg

20160123_24.jpg

偶然にも良いものを見ることができた!

というわけで、十二橋駅に向かいます。

20160123_25.jpg

降りたのは私と学生さんと思われる方。
時刻表を確認する。
上り列車は約1時間後だ。

待合室を撮影。
駅舎はありません。

20160123_28.jpg

まず利根川の方向を見渡す。

20160123_26.jpg

次に潮来方面。

20160123_27.jpg

うーむ。田んぼしかない。

駅周辺を散策しよう。
駅を出ようとしたら・・・簡易Suica入出場機がないではないか!
代わりにあるのが、乗車証明書発行機のみ。

20160123_30.jpg

仕方ないので、最終下車駅で精算することにします。
発行機のボタンをポチします。

20160123_33a.jpg

そして、無人駅ならではの、切符回収ボックス。

20160123_29.jpg

駅前から、駅を撮影。

20160123_31.jpg

駅前には、整備された小さい駐車場と、工事中の建物が1棟、
営業していないラーメン屋のみ。
車で来ようと思えば、簡単に来ることができるため、
秘境度はそこまで高くないのは、納得です。

でも、それ以外は本当に田んぼしかありません。

上りの列車が来るまで散策します。
駅に戻ってくるまで、人にも車にもすれ違いませんでした・・・。

駅から北へ10分ほど歩いたところで、駅周辺を撮影。

20160123_32.jpg

上り列車の時刻になりそうだったので、駅に戻りました。
スポンサーサイト

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

川と歴史のまち ぶらり印西めぐり(3/3)

前回の記事はこちら

11:00に吉岡まちかど博物館着。
スタートしてから2時間15分。

吉岡まちかど博物館は、江戸時代のころより木下河岸で河岸問屋を
営んでいた吉岡家が、明治24年に建てたもので、平成16年10月に
「吉岡まちかど博物館」として再生、定期的に開館、一般公開しているもの
とのことです。

20150123_14.jpg

中に入ると、多くのひな人形が飾られていました。

20160123_16.jpg

↓は私の実家にもあるひな人形。

20150123_15.jpg

2階に上がると、打ち合わせスペースがありました。

20160123_17.jpg

吉岡まちかど博物館を出ると、利根川の土手に差し掛かります。

20160123_19.jpg

きおろし水辺の広場では、豚汁のサービスが行われていました。
少々水分不足感もあったので、ありがたかったです。
時刻は11:20。
ちょうど11:30から「ぶらり川めぐりこたつ舟」が出航するということで、
乗ってみることにしました!
弁天川~手賀川合流地点~六軒川を運航する舟です。

20160123_18.jpg

舟の中のこたつに入って、「六軒」の様子と現在についての
解説を聴く、約30分ほどのツアーです。

かつて、六軒は船橋以上に栄えていたそうです。
製糸工場や大きな呉服屋、酒屋があったそうです。
染物のお店も多数あったそうですが、
現在は2件になってしまったのだとか。

六軒川にはさまざまな水鳥が生息していました。

ゴールである木下駅に着いたのは、12:15。
ウォーキング時間は3時間半と、パンフレットにあった標準時間通りでした。

20160123_20.jpg

せっかくなので、上町観音堂の秘仏を観に行くことにします!

上町観音堂に着くと、観音堂が開いていました。

20160123_21.jpg

中に入ると、「銅像十一面観音立像」が公開されていました。
鎌倉時代後期に造られたそうです。
通常は、毎年8月上旬に開帳されるそうです。
像は金庫の中に安置されていました。

20160123_22.jpg

というわけで、今回のウォーキング終了!
60年に1度しか開帳されない秘仏を見ることができなかったのは
残念でしたが、いろいろと楽しむことができました!

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

川と歴史のまち ぶらり印西めぐり(2/3)

前回の記事はこちら

9:30頃、道作古墳着。
一番大きいものが、前方後円墳。
まわりにいくつかの円墳があります。
6世紀後半に造られたと推定されているそうです。

20150123_09.jpg

9:45に平岡自然の家に到着。
ウォーキング開始から約1時間。
地図をみると、半分より少し手前くらいです。
ここでも甘酒のサービスがありました。

次のチェックポイントは宝泉院
ここでも特別にお寺の中に入ることができました。

20150123_11.jpg

20150123_12.jpg

次は、隣接する地蔵寺
目玉は、60年に1度のご開帳となる木造地蔵菩薩立像が安置されています。
今回のイベントで、特別公開されます。
しかし・・・早く着きすぎたため、公開時間が始まっていなかった・・・。

距離的にも、ゴール後に戻ってくることは難しいため、
見ることは諦めます。

残り1/3くらいのところで、次のチェックポイントの竹袋稲荷神社
秋に3日間かけて祭礼が行われているそうです。

20150123_13.jpg

10:40に木下万葉公園着。
だいぶ街中に戻ってきた感じです。

次のチェックポイントは上町観音堂。
こちらでも秘仏の公開が行われているのですが・・・
またもや早く着きすぎて、見ることができず。
もう少し、時間に配慮して開催してほしいところです。

ゴール後に戻ってこれそうな距離なので、一旦保留にし、先に進みます。

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

川と歴史のまち ぶらり印西めぐり(1/3)

今回の駅からハイキングは、千葉県印西市です!
イベント名は「川と歴史のまち ぶらり印西めぐり ~特別公開!秘仏を訪ねて~」。
成田線小林駅から、木下(きおろし)駅間を歩くコースです。

20160123_00.jpg

距離は約10km。
このイベントでは、特別公開される秘仏を見ることができるという
ものが目玉となっています。

今回、嫁は別の用があるということで、自分一人での参加となりました。
そして、一番気になるのは、天候。
雪が降るとか降らないとか、前日から言われていたため、
大分気になっていました。

本日朝になっても、中止の掲示はなく、天気も曇りの見込み。
でも夕方からは心配・・・ということで、受付開始時刻に到着できるように
自宅を出発しました。

8:35小林駅着。
駅ハイに参加する方々が、電車から降りていきました。
私も続く。

改札を出たところで、会員証のチェック、地図をもらって、8:45に開始!
小林駅前は、なんとなく閑散とした感じでした。

20150123_01.jpg

最初に目指すチェックポイントは西福寺。
駅から10分ほどで到着。

20150123_02.jpg

境内では甘酒の無料サービスをやっていました。

20150123_03.jpg

今回のイベントでは、お寺の中に入ることもできました。

20150123_04.jpg

20150123_05.jpg

この金色のシャンデリアのようなものは、天蓋(てんがい)と呼ばれるそうです。
まだ新しいそうで、お香を焚くと、その煙でだんだんと変色して味の出る色になるそうです。
住職さんは、色が変わるように精進していきます、とおっしゃっていました。

そして、木造不動明王立像と毘沙門天立像。
13世紀後半に造られたそうです。

20150123_06.jpg

次のチェックポイントは巴塚
西福寺から約20分で到着。

20160123_07a.jpg

巴塚とは、木曽義仲の愛妾、巴御前の墓といわれているそうです。
巴御前は女性ながら80人力の力持ちで、平氏との戦いで奮闘した
女武者として知られているそうです。
でも、こんな簡素で寂しげな墓というのも・・・。

3番目のチェックポイントは、小林鳥見神社

20150123_08.jpg

創建は、崇神天皇の御宇5年(西暦659年)と伝えられているそうです。

次は、道作古墳に向かいます。
1人なので、かなりハイペースできています。

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

文学とやすらぎの昭和浪漫めぐりウォーキング(2/2)

前回の記事はこちら

一旦コースから外れて、森鴎外記念館に向かいます。
私の森鴎外のイメージは・・・
ちょっと変わった名前を子どもにつけた人(今でいうキラキラネーム?)。

正直私はあまり興味が(ry

20160111_10.jpg

またコースに復帰します。
4kmほど歩いて、湯島天満宮に向かいます。
途中で弥生式土器の石碑がありました。

20160111_11.jpg

さらに進むと、不忍池に到着します。
だいぶ上野駅に近づいたのかー。
山手線の1駅間の距離を改めて実感。

20160111_12.jpg

14:00頃、湯島天満宮着。

20160111_13.jpg

受験シーズンだからか、激混みでした。

20160111_14.jpg

嫁は御朱印の列に並んでおりました。
湯島天満宮を出た時には、14:30近くになっていました・・・。

16:00にゴールしないといけないのに、残り3.2kmもある。
やむを得ない・・・少しショートカットするか!と進んでいたら、
またもや道1本間違えていたことに気付くorz

15:00に神田明神着。

20160111_16.jpg

こちらも激混みです。

20160111_17.jpg

例によって、嫁は御朱印の列に並ぶのですが、
これを待っていては、正規ルートを通ってのゴールは絶望的。
体力的に厳しそうな嫁は、正規ルートをたどることをあきらめることに。
私は、先を急ぐことにしました。

神田明神を出て、湯島聖堂に向かいます。

20160111_15.jpg

神田明神と湯島聖堂は300mくらいしか離れておりません。
数分で到着します。

20160111_18.jpg

もう、ゆっくり観光している余裕はありません。。
先を急ぎます。
次に目指すは、神田万世橋。かなり秋葉原駅に近づきます。
さらに不運なことに、またもや道を1本間違えてしまうorz
本日4回目。
自分一人だけでしたので、走りました。

15:30に万世橋着。
残り1.1km。

20160111_19.jpg

最後のコースポイントは、ニコライ堂
残り0.4kmで、現在15:40。

20160111_20.jpg

ニコライ堂は15:30で閉まってしまうので、
観光はできませんでした。

無事、15:45に御茶ノ水駅に到着。
今回はさすがに疲れました・・・。
今回の教訓は、途中の施設に入るのは、時間に余裕があったときのみ!
入るにしても、まずは2箇所までとしておく!
というところでしょうか。

また、今回は数回コースから外れたのも痛かったです。
都内のウォーキングに参加する際は、しっかり地図をみよう!

今回はちょっとハードなウォーキングとなってしまいましたー。

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

文学とやすらぎの昭和浪漫めぐりウォーキング(1/2)

本日もまた、運動&観光ということで、「駅からハイキング」に参加してきました!
今回は、東京まで出てきて、街中をウォーキングします。
イベント名は「文学とやすらぎの昭和浪漫めぐり」。

今回のコースは、以下のようなものです。

20160111_01a.jpg

20160111_02a.jpg

まず御茶ノ水駅に行き、東京都水道歴史館で受付を行います。

20160111_03.jpg

ウォーキング開始!

最初のコースポイントは、文京ふるさと歴史館
文京区と言えば、まず「弥生時代」の名前となった弥生町のある土地です。
弥生式土器が出土された土地で有名です。

施設では、旧石器時代から江戸時代の説明&展示のあと、
森鴎外、樋口一葉を始めとした、明治の文人の紹介が行われています。

20160111_04.jpg

次は根津神社に向かいます。
根津神社に向かう時に、東京大学の前を通ってきました。
赤門を激写。

20160111_05.jpg

根津神社着。

20160111_06.jpg

境内には、さまざまな重要文化財が並んでいます。
写真は楼門です。

20160111_07.jpg

この時点で、スタートから1時間20分が経過していました。
ゴールまで9.0kmある。
実は、東大赤門を通り過ぎた時点で、すでに1時間経過していたことも
少々気にはなっていました。

次は森鴎外記念館に向かいます。
向かっていたはずなのですが・・・地図の一番北に来た時点で、
道を間違えていることに気付きましたorz
根津神社を出たあと、曲がる場所を間違えてしまっていたのです。

今回はこれまでと違って、道路に駅からハイキングのための方向案内が
設置されていなかったのです。
そのため、歩くことだけに専念できず、常に地図とにらめっこしていないと
いけない状況にあったことに気付きました。

とりあえず、昼食にし、谷中銀座を通ってから、ショートカットして
森鴎外記念館に戻ることにしました。

まだ行程の半分も来ていないのに、すでにスタートから2時間半経過。
過去2回に比べて、明らかに遅いペースになっていました・・・。

谷中銀座は非常に活気に満ち溢れていました。

20160111_08.jpg

そして、各種メディアで有名な、夕やけだんだん(といっても私はよく知りませんでしたが…)。

20160111_09.jpg

谷中銀座を後にし、森鴎外記念館に戻ります。

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

鋸南の水仙ロード(2/2)

前記事はこちら

見返り峠から20分ほどで、江月水仙ロードに入ります。
今回のハイキングコースでは、終点から水仙ロードに入りました。
水仙ひろばでは、1/10に開催される水仙まつりの準備が行われていました。

20160109_08a.jpg

水仙ひろばを過ぎると、水仙が咲き誇っている風景を
見渡すことができます。

20160109_09.jpg

20160109_08.jpg

ここまで咲き誇っていると、水仙の香りがとても強くなっています。

この先、ハイキングコースは、海岸線沿いに走る国道127号線に沿っていきます。
昼食は、国道127号線沿いにある、保田漁協直営の「ばんや」というお店にて。
まぐろカツを食べてきました!

20160109_10a.jpg

チェックポイントは、道の駅きょなん観光案内所。
ここで、スタンプを押します。

20160109_10.jpg

そして、隣にある菱川師宣記念館へ。
菱川師宣は中学の歴史の教科書でも出てくる、「浮世絵の祖」として
非常に有名な人物です。
嫁はかなり興味を持っているのですが、私はそこまで強い興味はなく・・・。

20160109_11.jpg

記念館の外には有名な作品である、「見返り美人」の銅像が設置されています。

20160109_12.jpg

観覧後は、ハイキングに復帰します。
途中のスポットに「見返りの松」がありました。

20160109_13.jpg

現地には特に案内板等はありませんでした。
日光の関係で、本来見るべき方向と反対の方向から写真を撮影していますが、
なんとなく見返り美人の姿勢と似ているから、こういう名前が付いたのだろうか。

そして、最後のスポットは、「源頼朝上陸地」。

20160109_14.jpg

源頼朝は、一度平家に敗れ、安房国に逃れます。
その時上陸したのが、この地だったそうです。
この地から頼朝は立て直しを図り、最後には平家滅亡まで追い込みます。
「日本史上大きな変わり目となる鎌倉時代が誕生するなかで、
房総の果たした役割は非常に大きなものがあった」と言われています(文献)。

海を見渡します。

20160109_15.jpg

その後、スタート地点であった安房勝山駅に向かい、ゴールします。
昼食、菱川師宣記念館入館も含め、ハイキング時間は約4時間半。
今回はそれほどアップダウンはありませんでしたので、
比較的楽に歩くことができたかなと思います!

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

鋸南の水仙ロード(1/2)

今年も運動&観光!ということで、JRの「駅からハイキング」に
参加しています!
前回の富山に引き続き、今回も南房総へ行きました。

今回のイベント名は「鋸南(きょなん) 水仙と海の広がる絶景ハイキング」。
コースはこんな感じです。

20160109_01.jpg

スタートは、内房線安房勝山駅。
約12kmのコースです。

20160109_02.jpg

駅に到着すると、水仙が出迎えてくれます。
水仙の香りが漂ってきます。

20160109_03.jpg

20160109_04.jpg

まずは駅から5kmのウォーキング。
見返り峠まで向かいます。
佐久間川に沿って、歩いていきます。
川沿いにも、所々に水仙が咲いていました。

20160109_05.jpg

駅から約1時間ほどで、見返り峠への上り坂に入ります。

20160109_06.jpg

今回のコースは、そこまでアップダウンは激しくありませんでした。
上り坂を2つ越えると、見返り峠に差し掛かります。
見返り峠から見渡した景色です。

20160109_07.jpg

次はお待ちかねの江月水仙ロードに向かいます!

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

自分に合わせた学び方

1/7の読売新聞朝刊に、社会人大学生で、タレントの萩本欽一さんの
インタビューが掲載されていました。
教育のコーナーの「社会人の学び直し」という連載です。

私も学び直し、ということで短大に入学したこともあり、
興味があって読んでみました。

この中で、印象に残った文章があります。
『僕の前期の成績はSが多かったんだよ。といっても、負ける勝負は
しないからね。勝つか、逃げるか。皆勤賞でも、いい点が取れそうに
ない授業は試験を受けず、単位を落としたんだ。・・・(中略)・・・
学校に自分を合わせる必要はないもの。もちろん、自分でお金を
出しているからできることで、親に学費を出してもらっている
学生にはできないだろうけど。』

単位を取るには、60点、すなわちCさえ取れればよいです。
しかし、私は、やるからにはしっかりと好成績を取らねば・・・
と思い、悔いのないレポートを出してきました。
まあ、教員によって成績判定はまちまちですので、
どこまでのレポートを仕上げればよいのかには悩みましたが・・・。
(教科書+αでいいのか、論文レベルまでにしないといけないのか)
多くは、教科書+αでSをくれました。

もちろん、とにかく定められた期限内に卒業することが目的、
としているのであれば、取り組み方も変わると思います。
私はすでに学位は持っているし、自分のスキルを上げることが
目的でしたので、学習姿勢としてはよかったのかな、と思いました。

また、「学校に自分を合わせる必要はないもの。」という文が、
非常に印象に残りました。

履修した科目の中で、1科目だけ、レポートを出した時点で、
履修放棄した科目があります。
理由は、科目を担当する新任の教員が、シラバスをちゃんと読まずに
採点してきて、頓珍漢なコメントを出して、Bをつけてきたからです。

最初は、シラバスと矛盾しているコメントはおかしいんじゃないの?
しかるべき対応をするべきではないの?と問い合わせたものの、
「基準に従って採点した」の一点張り。
成績が好転する見込みはないし、社会人としての対応にも疑問を
感じたこともあり、試験は受けませんでした。

別に「学校に合わせる必要はない」、というコメントには、
非常に救われたような感覚になりました。
勝つか、逃げるか、で、「逃げる」を選択したわけですから、
自分の対応が正しかったか、ふと思うことがありました。

目の前の課題に対して全力で取り組む、という観点で考えると、
親に学費を払ってもらっている学生であれば、
逃げずに取り組む姿勢が必要だと思います。
でも、社会人が自分のお金で、自分のために学ぶのであれば、
自分に合わないものに、無理に時間をかける必要はないと思いました。

今後も学び直しをする機会は多くなる(というより学び続けないと生き残れない)
ので、この萩本欽一さんのコメントを振り返りつつ、学び直しに
取り組んでいきたいと思いました。

Web上では、こちらに全文が記載されています(要登録)。

テーマ : 大学通信教育
ジャンル : 学校・教育

英作文の学習完了!

昨日は、なかなか寝付けない夜でした。

0:00に就寝。ちっとも寝付けない。
このところ、朝起きると肩や背中が痛いことが多いので、
少し暖かくして寝ることにしました。

肌着を1枚余計に来て、靴下をはく。
ちょっとやりすぎたのか、体温が下がらず、眠くならない・・・。

時計を見たら、1:20。
明日も休みだし、寝れないのであれば活動してしまえ!と、
1時間ほど英作文の勉強をしていました。

そんなわけで、今日はなんとなく眠気が残った状態で
一日を過ごしました・・・。

午前中は、英作文の科目終末試験の残りの設題を解いていました。

次に、来年度科目履修生となるために、書類作成と学費振込み。
自由が丘産業能率短期大学にて、3科目履修します。
産業能率大学は、うちの会社の通信研修でもお世話になっています。
かなり実務寄りの科目が充実しており、嫁がこの短大を選択した
理由の1つでもあります。

それから、2/6の科目終末試験の申込用紙を発送しました。

午後からも、引き続き科目終末試験の残りの設題に取り組む。
14時ごろ、全問完了。
e-learningサイトの小テストを2つ行いました。

小テストは時間制限なし。
予想通り、e-learningでない、通常のレポート課題の内容から
大半の問題が出題されていました。

小テスト2つをクリアしたので、次は科目終末試験。
e-learningでの科目終末試験と、試験会場で受ける科目終末試験では
設問の内容が違います。
トップには試験時間60分、設問45題とあったのですが・・・
実際には試験時間60分、設問19題。

え?これってどういうこと??
1問当たりの配点が高くなったため、教科書や、
事前に取り組んでいたレポート課題&試験会場で受ける科目終末試験の
設題の内容を慎重に確認しつつ、解いていきます。

結果は、無事クリア。
成績判定の計算式からも、単位は問題なくとれるはず。
でも、なんでこんなに設問数が少なかったのだろう・・・?
e-learning対象科目にもなっていたため、無効です、と言われることは
ないと思っていますが・・・。

単位認定は、明日になると思われます。

何とか目標であった、1/11までにe-learning科目を終了させる、
というタスクは完了することができました!
次は2/6の試験会場で受ける科目終末試験に向けて、取り組んでいきます。

あと卒業まで6単位!(内2単位は成績判定待ち)

テーマ : 大学通信教育
ジャンル : 学校・教育

英作文の勉強

1/2から早々に始動しております。
e-learning科目でクリアするものは、英作文。

レポート提出&科目試験でも、e-learningでも、教科書は同じ。
レポート提出&科目試験の内容は、教科書に沿った問題。
ですので、e-learningでも教科書に沿った問題が出されることが想定されます。

ということで、まずはレポートと科目試験の問題を解いてみることとする。
結構ボリュームはある。

1/2、3と2日間かけて、レポート課題4題と、科目試験10題のうち5題を
解き終えることができました。
もちろん解答はないんですけどね。
ネットで探すと、Q&Aサイトに投稿されていたりするのですが・・・。

可能であれば、明日、小テスト2つを終えたい。
そして、来週中に科目終末試験を終えたい。


とまあ、卒業はだいぶ見えてきたのですが、
重要なのは無事卒業した後ですよね。

とりあえず、何でもいいから英語を強制的に勉強させる
環境に身を置きたい!と始めました。
ここで終わらせては、学費を払って勉強した意味がない。

徐々に、卒業後どのように学習を継続していくか、
考えていかないといけないなと思っています。
結局、大学受験で一回途切れ、社会人になって英会話に通っても
通えなくなって一回途切れて・・・と失敗を繰り返しているので、
そろそろ学習せねば。

テーマ : 大学通信教育
ジャンル : 学校・教育

2016年が始まったよ!

あけましておめでとうございます!

元旦から気力が湧かないという、残念な年明けでございます。
今年の年末年始は、ゆっくりできなかったような感じです。
12/28が年内最終出勤日。
12/29の午前中に大掃除→実家へ。
12/30は高校の友人と飲み会。
12/31はミュージカル。

本日は何も予定なく、過ごしていました。
午後から、自宅近くの検見川神社へ初詣に行ってきました。

まだ体が疲れている感じがする。
なんとなくブログのテンプレートを変えてみた。

さてさて。
去年の正月は、どんなことを書いたのかなーと振り返ってみる。
短大卒業と、何か自社の研修講師を目指したい、ということを書いていましたね。

短大卒業は・・・1月が勝負の月です。
成人の日までに、e-learning科目を1科目終わらせる。
そして、2月の科目終末試験の試験勉強に勤しむ。
これができて、卒業が見えてきます。

なるべくなら、e-learningは冬休み中に終わらせたい。
理屈上、3日間がんばればできるくらいの学習量ですので、
1/2~1/4で何とかできれば・・・。

研修講師の件は、実は1回プレゼンテーション研修というものを
開催しました。
とはいっても、別の方との共催でしたが・・・。

C言語で講師を目指したい!とも、去年は書いておりましたが、
まだまだ経験値が足りないかなーと、ちょっと先に延ばす方向。
社内研修のテキストも、入門者向けにしてはあまりに難しく、
未経験者にとって不必要な情報も多い。
もう少し、教える、という観点での勉強が必要と感じました。


今年の目標ですが・・・
まずは短大卒業を死守したいです!
10月時点での検討に対し、良い方向で進捗しています。
残り8単位(内2単位は成績判定待ち)ということで、ここは何とか頑張りたい。

また、嫁が別の通信制の短大に入学するということで、
私も科目履修生として、一緒に勉強しようかと思っています。
科目履修生は1年間の在籍ですので、履修した科目はすべて
履修完了できるようにしたいと思います。

技術的な目標としては、まずはExcel VBAの資格を取得したいと思っています。
セミナーでもらった練習問題を解いて、どこかで試験を受けたいところ。
また、引き続き、C言語について、教えるという観点から、学習をしていきたいかなと。

やっぱり体調はあまりよくないようですので、
本日はおとなしくしていようかと思います・・・。

テーマ : 新年のご挨拶
ジャンル : 日記

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書記録
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ