私が転職した理由2 -転職に踏み切るか?-

そして、今年に入って、早期退職の募集。
そもそも会社が存続するか、不透明な部分が出てきました。

回路設計者としてやっていくためのチャンスを待つつもりが、待つ時間がなくなった?!と思いました。
財務的にも会社は存続の危機にも追いやられているし、転職するか・・・
と単純に考えたわけではありません。
これまでの自分の生き方はどうだったか、今後どうするか、という自己解析からスタートし、本気で転職するのか、転職するならどういった方向にいくのか、まで最終的なビジョンが見えるまで、転職に踏み切るか、考えました。

とりあえず、転職エージェントに登録してみるか、とひとまず登録してみました。
回路設計者として、経験者採用はありえないので、ソフトウェア系でさがしました。
エージェントから各社の求人情報をいただき、内容を確認してみました。
最終的に50社ほどの求人票を見せてもらいました。
これまでよほどいい条件で働いていたことを認識しました。
正直、現在の条件、というだけで考えるのであれば、転職せずにいたほうが得策、と思いました。

しかし、この先、何らかの理由で退職せねばならなくなったときに、果たして自分は転職できるか?という疑問がわきました。
別分野に転職するなら、26~28歳がボリュームゾーンです。
その先は、中堅社員としてやっていくため、自分の持ち味を生かして管理職を目指す立場になります。
私の場合はハードウェアからソフトウェアに転向するため、動くなら早いうちに、というのはありました。

ではソフトウェアに転向するとして、転職は必要か?
前職でソフトウェアをやっている人は、いるにはいましたが、少数でした。
しかし、部内では私も離れることはできないような業務を受け持っていたため、簡単に業務を変更することはできないように思いました(そもそも回路設計すらやらせてもらえなかったため)。
では、部署異動は可能か?
これも上記と同じく、簡単に業務を変更することはできないため、実現可能性が低いと感じました。
しかも、業務が気に入らないから変える、というのは自分本位ですし、何といってもまだ入社して3年。
自分から希望を出して異動できるのはまれだと思います。
では、異動したところで、自分の希望が叶うか?
これは回路設計したくて入社したのにできない状況にあったし、社内は業務細分化が進んでいたため、不透明な部分はありました。
また、実設計は外に出しているところも多いので、また管理者になる可能性も否定できません。
とにかく自分でものづくりをしたい!という思いが強かったため、管理者という業務はしたくありませんでした。

では、会社状況を見て、今後どうだろうか?
自分自身、会社そのものが跡形もなくなくなる、とは思いませんでした。
ただ、当時の状態で残るとは思っていませんでした。
少なからず、私の部署は赤字部門であったため、先行きはよくありません。
財務的にも戦略的にも、他者の支援がないとやっていけないという、会社として成り立っていない状態ではありました。
当然、支援があるなら、さらなる人員削減は容易に想定できます。
削減の仕方としては、早期退職以外にも、部署ごと切り離す手法もありますので、たとえ年齢が若かったとしても、安泰ではありません。
果たして自分は居残ることができるか?
私の売りは年齢だけです。無理でしょう。
外資がリストラする場合は、転職が容易な若い人員から削減する、という手法もとる場合があります。

結論として、
・自分のやりたい業務はできないと判断し、しかもそれは上司からも言われている
・会社が残る可能性は高いが、自分が会社に残る可能性は低い

そんなわけで、転職に動き始めました。

まず、退職理由が明確でないと、後悔する可能性は高いです。
もし私が早期退職の対象となっていた場合、おそらく明確な理由がない限り、応募しなかったと思います。
会社の先行きのみで判断し、金額に目がくらんで早期退職に応募した人も、中に入ると思います。
後悔する可能性、ないとはいえないと思います。
業績回復が全くないとはいえませんから。
私の場合は、設計者になりたいという目的からズレが生じ、かつ会社の先行き不透明さから自分がその場にいる可能性の低さが理由です。
ですので、この先前職が奇跡の回復をしようと、退職したことに後悔はしません。
仮に奇跡の回復をしたとして、退職しなかったほうがいいんじゃなかったの??と言われても、上記理由を述べ、退職を選択しなかった未来はないため、自分が設計者として仕事し、幸せになっていたかどうかは誰にもわからない、という説明をします。

次は、転職するならどの会社か?について、記録を残そうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 転職活動
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書メーター
kero-piさんの読書メーター
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ