伊賀・鳥羽(2/2)

鳥羽駅到着。
観光センターまでダッシュ!
何とか駆け込みで間に合いました・・・。
残りは松阪のみ。

さて、ただ鳥羽に来てスタンプを押して帰るのはつまらない。
ということで、特急の中で調べていた、ミキモト真珠島に行くことにしました。

20130814_8.jpg 20130814_9.jpg

入場料はちょっと高めの1,500円。
島に入るといろいろなモニュメントがあります。
そのうちの1つが、養殖真珠第一号のモニュメント。
御木本氏はこの第一号を成功させるのに、多くの時間と資金を費やしたそうです。

20130814_10.jpg

まずは博物館。
真珠ができるまでの様子、その後の製品までの流れが説明されています。
ちょうど時間が良かったのか、管内の資料のダイジェストとして、スタッフの方が口頭で説明してくれました。
養殖真珠貝のうち、50%はは死んでしまい、20%ほどは出荷できない状態のものだそうです(実際にその歩留が実物で展示されていました)。
やはり音声で説明されたほうが分かりやすいですねー。
真珠になる貝の内側はこのようになっているようです。
(写真撮影禁止とは書いていなかったので、問題ないと思いますが、もし問題あるようでしたらご指摘ください)

20130814_12.jpg

博物館を回っている間に、海女さんの養殖真珠回収の実演がありました。
水深6mのところまで、1分間潜っていられるのだとか!

20130814_11.jpg

また博物館に戻ってきて、今度は製品になるまでの工程を説明していただきました。
真珠の重量を測る際には「」という日本の尺貫法を用いているそうです。
しかも、この匁という単位は、SI単位でmomと表記するそうです。

最後に御木本幸吉記念館で、その一生を記した展示物を見てきました。
博物館と記念館に、かるた形式でこの御木本氏の言葉が展示されているのですが、結構心に響きます・・・。
ちょっとこのかるたがほしくなってしまいました(結局買いませんでしたが。。)。
ついでにスタンプラリーも参加。

20130815_15a.jpg

いやー非常に面白かったです。
ぶっちゃけ城廻りよりも楽しかったりする。
やはりものづくりに携わる人間の性か。

現在17:30。
鳥羽城跡もみたいし、せっかくなので伊勢の味も楽しみたい。
ということで、19:15の快速みえで帰ることに決めました。

鳥羽城跡は、何ってことはありませんでした。
むしろ、近年まで小学校の校庭に使っていたとか。
使われていなさそうな遊具が設置されているだけでした。

夕飯は七越茶屋というお店で天ぷら伊勢うどん。
ちょっと熱いものでいいか迷いましたが、せっかくなので。
めんは太く、柔らかめでした。
これまたつゆまで飲んでしまいました。

20130814_13.jpg

というわけで、鳥羽駅。
JR終着駅ということで、なんとなく物寂しさを醸し出しています。
どちらかというと、近鉄の鳥羽駅のほうが活気にあふれている感じがしました・・・。

20130814_14.jpg


三重のほうに旅に来るとき、意外にもJRローカル線は使いづらいことが分かりました。
コストをできる限り抑えたければ、まずは快速みえに合わせて動くこと。
どうしても快速みえに合わないときは、時間優先なら近鉄特急。
時間に余裕があるなら、JRでも近鉄でも好きなほう、という感じでしょうか。

今年は伊勢神宮式年遷宮なので、10月ごろにまた三重に行きたいなーと思っています!
スポンサーサイト

テーマ : 伊勢・志摩
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書記録
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ