眠れない夜を回避するには?

社宅は単身用で、窓はベランダにしかありません。
そのため、風を通すことができない構造です。
そして、1Kの空間に大人が2人。
昨日の夜中に熱中症にかかったことがちょっと怖くなり、やはり夜間も冷房をつけっぱなしにしないと厳しいのかなーと思う今日この頃。

現実的には、寝てから2、3時間後に切れるように設定すべきですが、結局暑さで目を覚ますことが数回ありました。
ですので、嫁さんが名古屋に来ている間は、冷房つけっぱなしで寝ていました。
朝になると消していましたが、それでも暑い、と嫁さんに文句つけられましたw

いろいろと調べて、設定温度を28か29℃に設定し、風が体に当たらないように使えば、翌日だるさを感じるということはないそう。
翌日だるさを感じるのは、冷房で冷やしすぎることが原因とのこと。
内外温度差は±5℃以内(プラスは暖房時ですね)。
電気代も、最近のエアコンなら、初動時は結構食うけど、一旦設定温度になったらそんなに電気代はかからないそうです。
まあ、社宅は光熱費は定額なので、そんなに厳しく考えなくてもいいかもしれませんが。

自分もまだ、冷房つけっぱなしはよくない、電気代もかかる、という考えを持っています。
ですので、何となく冷房をつけることに抵抗はあります。
そんなわけで先日ぐっすりマットなるものを購入しました。
買ったすぐの時期は効果ありだったのですが、ここ2、3週間はすぐに熱をもってしまって、あまり効果が出なかったりするのです。。


そこで・・・
・設定温度は28℃(嫁さんが帰宅したら29℃でもいいかな?)
 ⇒過度に冷やさなければ、翌日の不調は回避できる
・つけっぱなしで寝る
 ⇒途中で暑くなって起きるほうが睡眠不足になる
・扇風機併用
 ⇒冷房の効果アップ&節電

ちゃんと知識を持って使うのが一番かなと。
無理して体調悪くしたら、冷房代以上に損失が出ますし。

これで当分の間は様子を見ようかなーと思います!
スポンサーサイト

テーマ : 安眠・快眠
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書メーター
kero-piさんの読書メーター
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ