琵琶湖湖南城めぐり(3/3) -小谷城-

小谷城の最寄駅は、河毛駅。
タイトルの湖南・・・とはちょっと離れているかもしれませんが・・・。
河毛駅は簡易委託駅で、改札はありません。
ICOCAの簡易端末があるのみです。
運営はコミュニティーセンターが委託されているようです。

20130914_16.jpg

駅前には、浅井長政公とお市の方の像。
どちらさま??と思っていましたが、小谷城戦国歴史資料館にて判明しました。
浅井(あざいと読みます)家は北近江の戦国大名で最後の当主が浅井長政だそうです。
お市の方は浅井長政の妻で、織田信長の妹です。
ちなみに、浅井長政とお市の方の三女がNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」で有名な江姫です。
さらに、江は徳川秀忠の妻であり、家光の母親でもあります。
結構歴史的に重要な面々と深いつながりがあるんですねぇ。

20130914_17.jpg

まずはスタンプのある小谷城戦国歴史資料館を目指そうと思いました。
コミュニティバスで20分ほど、と情報を仕入れていたのですが、コミュニティバスは、1日数本しか出ていなく、すでにバスは残り1本で16:30駅発のラストしかなかったのです(私が駅に到着したのは15:30)。

駅から2kmくらいあるということで、レンタサイクルを利用しようかと思いました。
実際に受付してみると、資料館までは10分で行けるが、本丸まで行って戻ってくるには1時間近くかかるとのこと。
現在15:30で、17:40には自転車は戻さないといけない。
理屈の上では時間に戻せるはずですが、如何せん城址は山の中にあるのです。。
自転車でどこまでいけるのか分からないですし、自転車を置いて入山したところ、場所の関係で自転車を回収することがネックになり、タイムアップ・・・は避けたいところ。
受付担当の方の、大丈夫かなぁ・・・というオーラを感じたので、歩いていくことにしました。

早歩きで資料館に向かう。
30分ほどで到着。

20130914_18.jpg 20130914_19.jpg

資料館自体はそんなに規模はなく、30分ほどで見終わりました。
規模に対してはそこそこの入館者がいました。

さて、じゃあ、城址に向かうか!と、資料館近くにある「追手道」から入山しようと思いました。
写真にもある通り、杖が用意されており、そこそこの入山者がいるんだなーという印象でした。
これも大河ドラマの影響もあるのだろうか・・・。

20130914_20.jpg

小谷山全体図はこちらです↓

20130914_21.jpg

入っていくとすぐに、急勾配の山道に差し掛かりました。

20130914_22.jpg

ここで、すでにほとんど休憩も取らずに動いていること、早歩きで無理して資料館まで歩いてきたことが効いたのか、途中で左足を軽くつってしまった・・・。
まさかそこそこの登山になるとは思わなかったもので・・・。
ゆっくりいこう、ととりあえず足を進めることにしました。

入山してから20分で、舗装されている大手道と合流しました。
上の地図の「現在地」と書かれている位置に当たります。
単車が数台置いてあり、すでに入山されてる方がいることが分かりました。
そして・・・山にはクマがそこそこ目撃されているということを訴える看板がでかでかと設置されてありました。
うーん、鈴持って来てねぇ。
ラジオではありませんが、iPodを持っているので、これで音楽を流して進もうと思いました。
途中で2組のカップルとすれ違う。
結構もの好きな方だなー(お前が言うな)と思いつつ、進む。

10分後に本丸到着。
ウィキペディアで、どうしてこんな状況になったのか調べてみました。
「間織田信長に攻められ落城した。その後、北近江の拠点は長浜城に移されたために廃城となった。」とのこと。
その後、この地を訪れる人が少なくなってしまったのかな、という感じでした。

20130914_23.jpg

可能であれば山頂まで、と思いました。
おそらく20分ほどでいけるはず。
ただ、時間的に下山する頃には日が傾いている、足の状況は万全ではない、そもそも今回の目的は小谷城址を訪れること、ということで下山しました。

途中の少し開けたところで、琵琶湖を撮影。

20130914_24.jpg

足も万全ではないし、クマのリスクを避けたいため、大手道の舗装されたところを歩いて下山しました。
一部の区間では、歩行者通行禁止と知らずに・・・(汗)。
途中でこれまたカップルが乗った車とすれ違いました。
これから入山するのか・・・?
本丸まで約20分とはいえ、結構勇気あるなーと思いました。
2人だと、どんな困難も乗り越えられる?
結局私が下山するまでに降りてこなかったので、本丸付近まで行ったのかな。

大手道入山口到着。
松茸山ということで、明日から大手道は入山禁止らしい。
なんか結局どれが大手道なのかよく分かりません。。

20130914_25.jpg

河毛駅に着いたのは、17:50。
レンタサイクルで借りても、返すことは十分できたようです。
自転車で行ったら、追手道は通行できないので、メリットもあり、デメリットもあり、という感じでした。
一番よかったのは、やはりコミュニティバスに合わせていくことかなー。
結果的に、自分の行きたかったところはすべて回れたので、ヨシとします!
スポンサーサイト

テーマ : 100名城スタンプラリー
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書メーター
kero-piさんの読書メーター
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ