日経エレクトロニクス 2013年11月11日号

本日は仕事納めでした。
基本的には業務というより掃除がメインだった気がします。
結局14時に原則退勤。
こういうことはもっと前にアナウンスしてほしいものです(たまたま昨日は派遣元営業所は営業日だったのでよかったですが)。

ところで、今日、勤務報告書の判をもらいに行ったら、課長に「残業ゼロか・・・」と呟かれました。
これは何を意味するのだろう。
やる気ないと思われているのか。
残業している他のプロパーに対する目が厳しくなることを危惧しているのだろうか。
でもまあ、極力残業するなと言われているので、残業ゼロとなって困ることはないと思いますけどねぁ。
まさか、残業規制していることを忘れているわけではないと思うし。

帰宅後に部屋の掃除を開始する。
ある程度雑誌も片づけようと思った時に出てきたのが、表題の雑誌。
1か月以上前に読んだのですが、改めて読んで、ブログに感想ではないですけど、書き残そうと思います。
特集名は「半導体技術者 越境のとき」。
正直他人事ではないな、と思いました。

2012年は特に電機業界のリストラが激しかった年でした。
パナソニック、シャープ、ルネサス、などなど。
特に半導体関係は悲惨な状態です。
アベノミクスでだいぶリストラは減っているようですが、半導体業界は無縁でした。

元エルピーダの社長である坂本幸雄氏は「リストラをすると優秀な人間から先に辞める。残った社員もモチベーションを失う。」とコメントされています。
優秀な人は、きっと自分の市場価値をしっかりと認識されており、日々研鑚されているのだと思います。
そのため、自信を持って転職活動に臨めるのだと思います。
私も転職しているわけですが、決して優秀ではなく、若さという取り柄だけで転職しました。
転職活動をすると、職務経歴書を書くのですが、なかなかしっかりと埋めることができず、つらく感じたこともありました。
だからこそ、転職に踏み切れたとも思っています。

私の場合は、未経験職種への転職も、かろうじてできたのですが・・・
40代の半導体技術者は、なかなかそうはいかない現状があるようです。
特に、今の日本には半導体設計者の需要はほとんどありません。
今の派遣元の受注案件にもあまり入ってこないようです。

記事の中に、「いつの間にか「使えない人」」という章があります。
これは、転職するしないにかかわらず、本当に常に意識していないと、いざというときに大変なことになるように思いました。
記事によると、半導体技術者(特に半導体に限らないと思います)が転職に必要なスキルは2つであり、「技術者としてのスキル」と「転職のスキル」とのこと。

全般的に技術者としてのスキルは高いが、所属企業特有のものや、分野/製品に紐づくことが多い。
特に大手企業在籍者ほど、業務が細分化されているため、その傾向が強い。
さらに、コアとなる製品を担当してきた技術者ほど深みにはまるとのこと。
在籍企業のコアとなる製品/技術に携わることって、非常にやりがいのあることだと私は思います。
ただ、それが駆逐されてしまうと、スキルの価値もなくなってしまう・・・。
最終的には、他の分野にも応用できる、汎用的なスキルを持ったほうが転職しやすいのかなーという印象です。
一方で、汎用的なスキルって、ある意味他の人でも代替可能なことも多いので、難しい部分はあるのかなーとも思いました。

次に「転職のスキル」ですが・・・
ここは私も苦しんだ、受かる書類を書くことができない、ということです。
本文には「早期退職世代の技術者はしばしば、社内でのキャリアを誇ることに終始し、読めば(能力の高さは)分かるだろ?という雰囲気がにじみ出てしまいがち」とあります。
うーん、まあ、担当者がそう語るのだからそうなのかな・・・と思ってしまいますが・・・。
そんなものなのでしょうか・・・。
要は、自分を売り込むためのアピールができない、ということなんですよね。
自分はどんな強みを持っているのか、どんなスキルに長けているのか、ということを、日々考えておかないと、なかなか出てこないように思います。
自分の場合は、派遣先に自分をアピールする訓練を、派遣元でかなり行いました。
どんな風に自分をアピールすればよいかについては学ぶことができましたが、その実体がないとアピールできませんよね・・・。
これは、今の私もしっかりと意識して業務に取り組まないといけないなと感じています。

これ以降は、半導体メーカを去った技術者が、今どんな風に働いているかといった記事が書かれています。
本当に全く半導体と関係ない職業に就いた方もいれば、退職者で会社を興すなど、取り組まれている方もいます。
そして、現役ルネサス社員の声も載っています。考え方は人それぞれですが、転職という判断を下した身としては、考え方がちょっと甘いかな、夢物語に近いかなと思いました。独身ならよいのかもしれませんけど、家族を持つと、なかなかそうは言っていられません。

とまあ、いつも通り適当に、思ったことをだらだらと書いてしまいました・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の読書
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書メーター
kero-piさんの読書メーター
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ