「稼ぐ力: 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方」

先日、派遣先の部長級との面談の結果、私も派遣技術者とはいえ、お客様から会社の方針や企画の部分まで意見がほしいというのであれば、もちろん協力したい、ということを書きました。
私の派遣元が取引している他のお客様も、同じように商品企画というところでも力がほしい、という声が入ってきているようです。
長年その業界にいれば、経験でエンドユーザの求めているものや潜在的ニーズなどを読み取ることができるのかと思います。
一報、私のように派遣技術者として様々な業界で働くことを推奨している(自分も今の会社に来た以上幅広い業界に行ってみたい)場合、その業界の知識や経験はリセットされてしまう場合が起こりえます。
そこで私は、まず学問として経営学を学び、どの業界でも共通で必要な知識があれば、経験や業界の知識の少なさをある程度カバーできるのでは?と考えました。

そんなところで、何か基礎的なことを学べるような本を探していたところ、経営学のコーナーに表題の本が並んでいました。
最初の数ページを軽く読んでいて・・・
「会社から離れて独立・起業するということではない。会社に所属していても、会社に寄りかからずに生きていくことができるか、ということだ」
という文言を発見しました。
私が派遣技術者としてやっていくと決めた背景には、この文言と同じことを思ったから、というものがあったことを、思い出させられました。
派遣技術者は、会社に寄りかかっていたら、やっていけません。
あえて厳しい環境に身を置いたことを、恥ずかしながら忘れてしまっていたのです・・・。

ということで、この本を読んでみようと思いました。
以下、読書メモです(昨日の深夜に読んだときに、メモを忘れて没頭して読んでしまったため、後日追加するかも)。

・2030年に生き残れるグローバル人材になるためには「ハードスキル」と「ソフトスキル」が必要。
・「ハードスキル」の具体的なものとして、会計、財務、マーケティング理論、統計学などビジネスで必要とされる道具である。
・「ソフトスキル」は、民族・国籍・文化・言語・宗教の違う人たちとコミュニケーションをとりながら、ビジネスを円滑に進める能力を指し、英語力が前提となる。
・「ハードスキル」「ソフトスキル」は、それぞれ最低2年間は訓練する必要がある。
・「国内で引きこもり」は通用しない。
・人にできないことをやるのが「仕事」。
・自分の「勝負期」「勝負スキル」を考えよ。
・ビジネスマンとしての価値を高めて「天職」に就くための勝負をかける時期を見極め、それに必要なスキルを磨く。
・「天職」に就くためには、死にもの狂いで頑張らなければならない時期がある。

最終的には、自分の目指すべき姿を見つけて、それに向かって進まなければなりません。
ただ、目指すべき姿を考えるうえで、公務員でない以上、グローバル化の波には乗らなければならないので、本書で述べられたことも踏まえつつ、自分の生き方について中長期計画をたてなければならないのかなと感じました。

で、私の場合。
正直、明確な自分の目指すべき姿がまだ漠然としていて、はっきりと見えていないのがつらいところ。
一つ見えているのは、私が技術者としてものづくりの手助けをしたい、ということだけです。
まあ、転職を本気で考えるまでは、何も考えずに言われるがままにしか生きていなかったわけですが・・・。
ただ、ただの技術者であれば、きっと競合はたくさんいるし、それこそ将来の若手と差別化ができなくなってしまう。
何らかの付加価値が必要で、今の派遣元に対するお客様の動向を見てみると、企画力の有無が差別化できる部分なのかな、と感じました。

本書の著者である大前研一氏のビジネス・ブレークスルー大学のHPを見てみました。
非常に興味深く、入学してみたい気持ちはあるのですが、私の場合は、まずは技術者としての基礎力が必要なのかなと思いました。
さらに技術を身に着けるには、やはり英語文献はある程度読めないと厳しい部分があるので、英語の基礎力が必要・・・。
2年間短大で英語をみっちりやって、技術もしっかり習得して、その後この大学に入学するべきか判断しようかと感じました(2年後には別のことを言っているかもしれませんが)。

いずれにしても、ハードスキルとソフトスキルを意識して、日々の自己研さんを考えてみようと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 考えさせられる本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書メーター
kero-piさんの読書メーター
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ