「お寺と神社 素朴な疑問が解ける本」

今日は本屋で何か1冊買って、読もうかと思いました。
定時退勤後、書店に向かう。
最近嫁の御朱印めぐりに同行しているので、ちょっと神社仏閣について書かれている本を読んでみようと思いました。
いくつか読んでみようと思いたくなる本があったのですが、今回はタイトルの本を買ってみました。

とはいえ。
私も入門者なので、書いてある中身をすべて分かるわけではなく、興味のある部分だけ読むことにしました。
ちょっと印象に残ったところを。

・お寺の「本尊」はどんな理由で選ばれている?
仏教の場合は、寺によってご本尊はまちまちのようです。
まず宗派によって決まるようで、各宗派の一般的なご本尊の表が載せられています。
その中で・・・「大日如来」は御朱印の中で見たことがある!
1/3に行った、東京都江東区の深川閻魔堂
大日如来は真言宗のご本尊。深川閻魔堂は・・・HPを見てみると、真言宗。
おお!確かに!
ちょっと感動した。

・神社って、もともと何をするところ?
昔の人々は、暮らしを大きく変えてしまう自然現象の前で、自分たちにはどうすることもできない「力」が働いていると感じるようになった。その「力」を「神の業」と信じるようになった。日本では神を透明な存在と考えられており、樹木や巨岩、沼などに宿ると考え、それらに祈るようになった。そして、神の宿る「依り代=御神体」を神聖な場所として守った。
・・・というのが神社のルーツらしいです。
それが仏教の影響を受けて、神の住居として「屋代=社」を建てるようになったそうです。

・「御神体」は何でもいいの?
三種の神器にちなむ鏡、剣、玉が多いようです。
その他にもさまざまなものがあるようです。
ちなみに・・・
1/12に行った、犬山・小牧にある田県神社は男性器、大縣神社は女性器を神様にしているとか・・・(HPや関連サイトをみたら、なかなか・・・)。

・おみくじで「大吉」が出る確率は?
約10%らしいです。社会状況によって変化するようです。
「凶」は約30%だそうです。
もちろん神社によって違います。

他にもいろいろと面白い内容が書かれています。
あまり縁のない内容もありますので、また気が向いたら読もうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の一冊
ジャンル : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/01/18 08:50)

江東区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書メーター
kero-piさんの読書メーター
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ