「御朱印ブック」

今日は帰宅して、野菜ジュースづくり。
何となく休みボケなのか、疲れが回復していないのかで、ぼーっとしながら作業。
作り終えて、洗うためにミキサーを分解しようとすると・・・
ガラス部分とカッターの部分が外れない・・・。
水切りを見てみると、パッキンを付け忘れていることに気付いた。
ただ、これまでもパッキンを忘れたことは何回かあり、外す時にそんなに苦労しなかったのですが・・・。
今日は、非常に固くて、ちっとも外れない・・・。

埒が明かないので、まずは熱湯を注いでみて、回す。
微妙に動いた・・・。
しかし、その先はさっぱり。
さらにゴム手袋をつけ、全力で回す。
・・・だめだ。
説明書を見ても、右ねじの法則に従っていたので、間違いはないはず。

最終的に、風呂の中でゴム手袋をつけてトライしてみる。
また微妙に動きましたが、断念。
仕方ないので、以後は取り外さずに洗うことにしました・・・。

先週の金曜日に「お寺と神社 素朴な疑問が解ける本」という本を読みました。
今度はさらに御朱印に特化した本を読んでみようかな、と、タイトルの本を購入しました。

読んでみて・・・。
フルカラーで、「疑問が解ける本」より入門者向けに書かれています。
特色のある御朱印の紹介から始まって、御朱印の受け方、御朱印の構成、おすすめコースの紹介という構成になっています。
すでに御朱印めぐりに参加しているので、受け方やルーツなど基本的なことは頭に入っていました。
新たに知ったのは、霊場巡りについてです。
言葉自体は、御朱印めぐりをしている最中に知ったのですが、勝手に霊の出るスポットをお札を持って回るものかと思っていました。
残念ながら違っていました。
霊場巡りは御朱印めぐりの原点だそうで、最も古いものは西国三十三所巡礼と言われているそうです。
すべての霊場をまわって御朱印をもらうと、御利益があると信じられてきたそうです。

紹介されている中で、富士山頂の浅間大社奥宮の御朱印と御朱印帳にちょっと魅力を感じました。
そこいらの神社ガールはまず行かないだろうなぁ。
いつか、富士山に登ってみたいので、その時には!


さてさて。
本日で、ついに30歳になりました。
また新たな節目を迎えます。
これからはだんだんと中堅に差し掛かっていくので、ぼちぼちとこの先10年の自分の人生や仕事、趣味について考えてみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の一冊
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書記録
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ