「「辞めたい! でも辞められない」ときに読む本」

正直言うと、今の私って、「望んだ仕事ができない」「遠方に単身赴任」「基本給は下がった(単身赴任手当で結局手取りは変わらなくなりましたが)」と、本当に今の会社に来てよかったのだろうか?と思うときがあります。
もちろん、ただ何となく仕事をしていた前職時代と比べると、どうしたら自分の価値を上げることができるか?と考えるようになったという点では、少しでも進歩したかな、とは思います。
また、前職はまた大々的にリストラをやるそうなので、出てきたことに後悔はありません。
ただ・・・いろいろと切羽詰ってくると、辞めてやり直したい!と思う時が、ふとあります。
こんなふうに、自分の現状を悲劇化したくなりたくなるw時に、斉藤茂太氏の本を読みます。

一番最初に、著者の本を購入したのは、大学2年生のときでした。
「「もうイヤだ!」と思った時に読む本」というタイトルの書籍です。
上野駅内の書店で買ったことは覚えているのですが、なぜこの本に手を取ったのかははっきりと覚えていません。
奥付の発行日をみると、大学2年の夏休みごろ・・・。
その頃は、当時好きだった女性に、その女性の家に泊めてもらった時に告白してフラれたという状況からまだ完全に立ち直れていなかった時期でした。
きっとこの失恋のスキマを埋めるために買ったものかなーと思います。

その後も、何かあるたびにこの本を開いていた気がします。
研究室にいたとき、仕事でミスったとき、婚活がうまくいかなかったとき・・・etc。
この本に書かれていることを自分に言い聞かせて、乗り切ってきた気がします。

そして、タイトルの本を買ったのは、2か月ほど前でした。
出版自体は2010年とだいぶ前です。
「「もうイヤだ!」と思った時に読む本」と言い回しが重複しているような箇所もあるのですが、仕事関係に特化した内容となっています。
たまに、そんな無茶苦茶な・・・(汗)と思う個所もあるのですが・・・。
ただ、読み終わると、何となく心の引っかかりが取れることが多いです。
本を手に取るときは、たいてい心が弱っているときなので、言葉をまるまる受け入れているのかもしれません。

今後もお世話になっていく一冊となりそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の一冊
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

自分なんて、まだ転職先で働いていないけど本当にこれで良かったのかなぁ?と思ったり。
何とも情けない・・・。

でも、やらないで後悔するよりもやって後悔する方がいいんじゃないかな。
そっちの方が成長に繋がるし!

・・・と自分に言い聞かせてみる。

いやー、仕方ないと思うよー。
こればかりは入社してみないと分からないしねぇ・・・。
特に人間関係とか。

>でも、やらないで後悔するよりもやって後悔する方がいいんじゃないかな。
まさにその通りだと思うよー!
プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書メーター
kero-piさんの読書メーター
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ