「10分あれば書店に行きなさい」

実は1週間くらい前に買って、突然忙しくなって読めなかったので、昨日今日と読みました。
自分自身は書店に行くことは好きなので、タイトル通り、10分あれば書店に行きなさいと言われれば難なくこなせます。
ただ、この言葉の裏側にどんな意図があるのだろうか?と思い、読んでみることにしました。

いつも通り、印象に残った箇所をば。

・テンションやモチベーションの高い職場に身を置けば、自ずと仕事にも熱が入るだろう。逆に沈滞ムード漂う職場では、どれほど本人がやる気満々でも、やがて気力を削がれるはずだ。(中略)そういうときは、自分でモチベーションの上がる環境を求めるしかない。もっとも身近な場所は書店である。

正直、まったくをもってその通りだと思いました。
というより、自分自身が実際にそれを体験している。
本屋の棚を見るだけで、何となく知識欲に駆られたり、自分も頑張らなきゃ!という気にさせてくれます。

・「目次」で瞬時に全体を把握する

自分も何となく無意識のうちに目次をみることがありましたが、確かに目次を見ればその本に書かれている内容のダイジェストが分かりますよね。
今日も早速運動も兼ねて歩いて書店に行ってきましたが、目次を見ただけで買うべきかどうかの判断に使えます。
また、気になった箇所がごく少数であれば、さっと読んだりできます。

・本を読まない人は、貴重な情報が流れていてもキャッチできない。したがって論理的な思考も不得手になる。

痛いっす・・・(泣)。本を読まないとは言いませんが、やはり読む本に偏りがあるのは否定できないです。。
そういう意味では、特定の分野の本しか読まないので、その分野以外は論理的思考も不得手になるわけですよね・・・。
特に私の場合は、工学系でしかも道具の使い方に関する本ばかりなので、これもこれで問題かなーと思いました。
短大に無事合格して、文系科目の勉強を始めたら変わるかなぁ。

・新書で世の中を知るメリットは、単に自分の知見を増やせるだけではない。なにより、会話のネタを豊富にできるのである。
・人は結局、自分にまつわる話しかできないが、本人が思うほど、周囲の人はそれを聞きたいと思っていない。「会話がつまらないのは、書店で新書コーナーをチェックしていないから」と反省したほうが良い。
・「何かネタを仕入れよう」という気持ちで本を読む


これは目から鱗でしたね。。
確かに、自分自身も相手にまつわる話ばかりだと飽きてきてしまうのは分かります。そして、どちらかというと自分の知らない事実について話を聞いたほうが面白い。
私のよく通っている整体の整体師さんは、幅広く知識を持っていて、非常に話が面白いんですよね。
ここは私も改善せねばならないポイントです。

・古本屋に売ること自体、経済効率は決してよくない

いろいろと書き込みを入れて、自分のものにしていくことを書かれています。
私も、最終的に売る可能性のありそうな本はきれいにすることを心がけていますが、確かに売価は10%未満ですよね。
私自身、あまりものは持たない主義なので、特に意識が強いです。
近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」に書かれているような考え方に近いものを持っているので、なかなか私としては受け入れられない内容かな・・・と思いました。

ということで、まずは毎日10分でも書店に寄ってから帰ってくることを習慣にしようと思っています!


☆本の情報☆
「10分あれば書店に行きなさい」斉藤孝著
新書: 196ページ
出版社: メディアファクトリー (2012/10/29)
ISBN-10: 4840148597
ISBN-13: 978-4840148597
発売日: 2012/10/29
スポンサーサイト

テーマ : 今日の一冊
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書記録
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ