締切を守れない奴ら

久々に毒を吐きますw

仕事をするうえで、とにかく最重要なものは、締切だと思います。
締切あるいは約束といったものもそれに含まれるかなと思います。
下記文献を始め、締切に対する姿勢を説く記事はたくさんあります。
http://gihyo.jp/lifestyle/serial/01/software_is_beautiful/0002

とある組織にて、締切を守れない状況が多発しました。
これが私より若手がそういうことをやっているのであれば、まだ許せます。
私より経験のある、上の、教育する立場にいるはずの人間がこぞって破ってくれたので、ついに私は半ギレしてしまいました。
メールで送ったのですが、だいぶやわらかく書いたつもりでした。
でも、人によっては厳しい内容に見えてしまう。
自分は、若手にも締め切りの大切さを補足したこともあり、嫌われること覚悟で指摘しました(嫌われたところで大きな損害を受ける可能性は多くないと判断したため)。

メール送信後、メール宛先のうちの1名から電話がかかってきました。
内容がきつく感じ、嫌われてしまうかも・・・と言われました。
ええ、覚悟しています、と答えました。
さらに、kero-piさんみたいに、皆が皆100%ちゃんとできるわけではないんですよ、と言われました。
自分自身、そんなこと求めていないし(自分だって100%できているわけではない)、その旨もメールで書いています(連絡なしに締め切りを1日2日破っても気にしないといったことを書きました)。
ただ、100%はおろか、30%すらできているかも怪しいのに、そんなこと言われても困ってしまいます。
正直、「皆が皆100%ちゃんとできるわけではないよ」、というのは、いつもはできているが、たまたま1度2度失敗してしまって落ち込んでしまった人に対していうべき言葉だと思います。
突然の電話で、突然の内容でしたので、自分の頭が真っ白になってしまいました。
でも冷静に考えてみると、この組織は全体的になれ合いの状態になってしまっているので、誰かが締め付け役をやらねばならない。

ふと思う。
もしかしたら、この組織は、どちらかというと大学のサークルに近いものとして運営されていることを想定しているのかもしれない。
であれば、納得できるかもしれない。
すると、自分とその他の人間の取り組みに対する温度差が説明できる。


自分は、何が何でも締め切りを守れというつもりはないし、100%できるのは、本当にすごいと思います。
でも、守ろうという姿勢を見せないのは、プロとして許せません。
スポンサーサイト

テーマ : どうなってんだよ。
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書メーター
kero-piさんの読書メーター
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ