川と歴史のまち ぶらり印西めぐり(3/3)

前回の記事はこちら

11:00に吉岡まちかど博物館着。
スタートしてから2時間15分。

吉岡まちかど博物館は、江戸時代のころより木下河岸で河岸問屋を
営んでいた吉岡家が、明治24年に建てたもので、平成16年10月に
「吉岡まちかど博物館」として再生、定期的に開館、一般公開しているもの
とのことです。

20150123_14.jpg

中に入ると、多くのひな人形が飾られていました。

20160123_16.jpg

↓は私の実家にもあるひな人形。

20150123_15.jpg

2階に上がると、打ち合わせスペースがありました。

20160123_17.jpg

吉岡まちかど博物館を出ると、利根川の土手に差し掛かります。

20160123_19.jpg

きおろし水辺の広場では、豚汁のサービスが行われていました。
少々水分不足感もあったので、ありがたかったです。
時刻は11:20。
ちょうど11:30から「ぶらり川めぐりこたつ舟」が出航するということで、
乗ってみることにしました!
弁天川~手賀川合流地点~六軒川を運航する舟です。

20160123_18.jpg

舟の中のこたつに入って、「六軒」の様子と現在についての
解説を聴く、約30分ほどのツアーです。

かつて、六軒は船橋以上に栄えていたそうです。
製糸工場や大きな呉服屋、酒屋があったそうです。
染物のお店も多数あったそうですが、
現在は2件になってしまったのだとか。

六軒川にはさまざまな水鳥が生息していました。

ゴールである木下駅に着いたのは、12:15。
ウォーキング時間は3時間半と、パンフレットにあった標準時間通りでした。

20160123_20.jpg

せっかくなので、上町観音堂の秘仏を観に行くことにします!

上町観音堂に着くと、観音堂が開いていました。

20160123_21.jpg

中に入ると、「銅像十一面観音立像」が公開されていました。
鎌倉時代後期に造られたそうです。
通常は、毎年8月上旬に開帳されるそうです。
像は金庫の中に安置されていました。

20160123_22.jpg

というわけで、今回のウォーキング終了!
60年に1度しか開帳されない秘仏を見ることができなかったのは
残念でしたが、いろいろと楽しむことができました!
スポンサーサイト

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書記録
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ