青森へ(3日目:弘前)(3/3)

弘前市立観光館から徒歩数分で、弘前城に着きます。
弘前城は、津軽統一を成し遂げた津軽為信(ためのぶ)によって1603年に計画され、
二代信枚(のぶひら)が1610年、築城に着手し、翌年に完成した、とのことです。

もちろん100名城にも指定されています。
やはり弘前城も桜の季節に来るべきスポットではありますよね。
今回は、弘前城内に入ることはできなかったですが、
通常本丸に入るには入場料が必要なのですが、
この時期は無料で入ることができます。

ということで、弘前城に侵入。

20160321_20.jpg

桜が咲いていればもっと美しい写真を撮ることができたのですが、
今回はつぼみのみです。

20160321_21.jpg

20160321_22.jpg

意外にも、天守閣は小さめです。
天守は江戸時代に建造されたものが現存しており、
国の重要文化財に指定されています。

20160321_23.jpg

この時期は、100名城スタンプは、「緑の相談所」に置いてあります。
その緑の相談所の裏に、本最大幹周のソメイヨシノがあります。
推定樹齢100~120年、主幹幹周5.37m、樹高10mとのことです(データはこちらから)。

20160321_24.jpg


空港行きのバスの時刻まで、まだ時間がありましたので、
弘前市仲町重要伝統的建造物群保存地区にある武家屋敷を見に行きました。

中でも旧岩田家は、建てられた当時の場所、状態で残っています。
他の、旧笹森家旧伊東家、旧梅田家は移築したそうです。

20160321_25.jpg

20160321_26.jpg

旧笹森家にて、解説員さんの話を聞きましたが、
弘前は、台風も来ない、津波の心配もないということで、
比較的災害とは縁のない土地柄なのだそうです。

さらに、京都・奈良と同じく、貴重な文化財が多いということが、
世界的にも知られていたらしく、戦時中も大きな空襲もなかったそうです。
そんなことから、弘前への移住を勧められました(笑)。

まだ時間的に余裕があったため、弘前城近くにある「津軽藩ねぷた村」に行ってきました。
ねぷた祭りの様子や、歴史、津軽藩の工芸品の展示販売が行われています。

20160321_27.jpg

青森のねぶたは大きな人形が造られていますが、
弘前のねぷたは扇子の形をしたものに絵が書かれたものを使用しています。
表面はいかつい感じの絵が描かれ、裏面には女性が描かれます。

20160321_28.jpg 20160321_29.jpg

また、施設内には津軽富士と呼ばれる岩木山の撮影スポットがありました。

20160321_30.jpg

山頂は雲で隠れてしまっています。。

今回の旅行はこれにて終了。
弘前駅から青森空港へ、バスで向かいます。
飛行機から外を眺めてみると、素晴らしい雲のじゅうたんが広がっていました。
時刻は17:25でした。

20160321_31.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 100名城スタンプラリー
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書記録
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ