短大卒業証書と表彰

本日、短大の卒業証書が送られてきました。

20160323_01.jpg

事の発端は、
・当時、業務内容が、以前のフェーズより低くなった
・当面業務内容は変化しない
・当時の業務を通じて自分の技術力向上を期待するのは、絶望的
・何か勉強しておかないと、次の業務に行けない
ということから、何か勉強しておかねば!と思っていました。
2013年の秋ごろだったと記憶しています。

そこで、技術面は本を読むなり、研修を受けるなりで何とかできると考えて、
英語の勉強を再スタートしようと考え始めました。

語学における、いわゆる「4技能」のうち、自分の場合は、「話す」が
一番苦手であるので、そこを強化するべきかな、とは思っていました。

まず一番最初に考えたのは、英会話。
当時は勤務先と社宅は徒歩15分の距離で、英会話教室も勤務先から徒歩10分、
社宅から徒歩10分のところにあったたため、通うこと自体はそんなに難しいものでは
ありませんでした。

一方で、単身赴任は何としてでも解消したい。
ですので、引っ越すこと前提で英会話教室に通うことも、
少々疑問に感じていました。

他に選択できるとしたら・・・通信講座のようなものなら、
住所がどこであろうと、継続は可能と考えていました。
そこで、通信制の大学を調べ始めました。
(実は、私の会社でも通信講座が用意されており、費用補助もあるのですが
当時はあまりこの制度を理解していませんでした・・・)

いろいろな大学を調べました。
英語がしっかり学べる大学で、かつスクーリングが比較的楽に受講できる、
という条件で調べたところ、日本大学と愛知産業短期大学に絞られました。
日本大学は嫁が中退していることもあり、費用面での優遇もあるし、
工学と文学でダブル学士を持つのもかっこいい!とか訳分からんことも考えていました。

最終的には、より実用的な英語を学べるということと、様々な種類の英語科目が
設置されているということで、愛知産業短期大学に決めました。
当時は名古屋で単身赴任をしていましたし、スクーリングも東京でも開催される
ということで、一番条件に合っていると思いました。

いざ始まってみると、なかなか学習のペースが上がらない。
最初に経済学という科目に着手し、教科書1ページごとに書いてあることをまとめたり、
理解できるまで止まったり・・・ということをやっていました。
しかし、これではちっとも終わらない。

そこで、レポート問題と試験問題設題集だけ取り組むことに決めました。
きっと教える側は、特に理解してほしい、覚えてほしい、と思っていることを
レポートや試験に出しているはず、と考えての作戦変更でした。

これ以降は、比較的すんなりと進んでいきます。
本当は1年次で30単位をとり、給付型の奨学金を取得したかったのですが、
スタートダッシュで失敗したことが響き、2単位足りず・・・。

2年次は、
・単身赴任を解消でき、職場が変わった
・6月から8月はだいぶ残業時間が増え、学習の時間を確保できなかった
ということから、前期はかなり進捗は悪かったです。

10月に入り、2年間で卒業するか?延期するか?と判断に迫られました。
コスト面を考えると、2年間で卒業した方がよい。
さらに、嫁も再度大学にチャレンジするということで、ダブルで学費を払うのは
正直、厳しすぎる。

そんなことで、怒涛の追い上げを実現し、このたび卒業することができました。
さらにうれしいことに、学業優秀ということで、学長賞を受賞しました!

20160323_02.jpg

学内で1人のみの受賞ですので、身バレしそうですが、
まあ、学内で私の名前を知る方はほとんどいないでしょうから・・・。
(LINEやっていないので、校友関係は一切ありませんでした。。)

もちろん、重要なのは卒業後です。
ここで勉強を終わりにしては、せっかく2年間やってきたことが
無になってしまいます。
2年間、勉強を継続するためのモチベーションの維持の仕方や、
図書館で勉強するという習慣などを今後も生かしていきたいと思います。

また、英語のほうも、最後のスクーリング以降、少々放置気味なので、
復習を再開しつつ、次の目標を見つけていきたいと思います!
スポンサーサイト

テーマ : 大学通信教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書記録
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ