秋の上野原 「紅葉」水辺の風景 文化と歴史探訪の旅(2/3)

甲州街道をまっすぐ進みます。
11:50頃、コースポイントである「塚場一里塚」に到着。
疱瘡神社に案内板があったので行ってみたところ、山盛りされた土しか見当たらない・・・。
駅ハイのコースマップと一緒に、観光ガイドの冊子をもらったので、確認する。
どうも、このあたりが一里塚だったらしい。

IMG_9618.jpg

江戸日本橋より18番目の一里塚で、塚木はカヤだったそうです。
ちなみに1里は、約3.927km。
ここは日本橋から約71kmの地点ということですね。

次は諏訪神社。甲州街道沿いにあります。

IMG_9619.jpg

1145~1151年あたりに創建。
武田信玄が小田原を責めた時に兵を休ませた場所なのだそうです。
次のコースポイントである「諏訪番所」の名の由来になった神社だとか。

12:10にその諏訪番所跡に到着。
だいぶ民家は減ってきました。

IMG_9620.jpg

もともとは甲斐武田氏が築いた関所で、甲斐国と相模国の国境警備のために造られたそうです。
江戸期に入ると、幕府はそのまま利用したそうです。
観光ガイドの冊子では、「取り締まりの厳しい小仏関所から近い為に女人以外は通行手形を必要と
しないほど警備が軽かったといいます」と記載がありました。

関所を過ぎると、紅葉と相模川を一望できる、見晴らしの良い景色が広がりました。

IMG_9623.jpg

境川橋を渡りきると、一旦神奈川県相模原市に入ります。
だんだん空腹になってきて、体温が下がってきたように感じました。
当然、食事処なぞ、ございません。
すると、1台の車が我々の前で停車。
上野原市の職員の方で、地元名物の酒饅頭をいただきました!
なんて温かいおもてなし!と非常に感動してしまいました。

IMG_9626.jpg

手の温度も上がってきて、士気が上がりました!

非常に人気のない場所にて、鳥居を見かけました。
ここが、次のコースポイントの「石楯尾神社」でした。
こんな自然に囲まれたところに神社があるのか・・・と思いきや、
もう少し先に社務所と駐車場がありましたけどね。。

IMG_9628.jpg

創建年は不詳で、応神天皇の御幸所(天皇の外出先のこと?)であったという古社だそうです。
「名倉の権現さま」とも呼ばれているそうです。(名倉はこの辺りの地名。)
現在の社殿は、1724年に再建されたものだそうです。

コースに復帰し、少し進むと、石楯山への遊歩道に差し掛かります。

IMG_9636.jpg

頂上までは約7分。
見晴らし台にはしあわせの鐘がありました。
(鐘としては何か、素材が微妙な感じもしなくもないですが・・・。)

IMG_9629.jpg

ボランティアのガイドさんとウォーキングしている団体と合流。
見晴らし台で休憩されている方もたくさんいらっしゃいました。
ちなみに、ガイドさんの話によると、この見晴らし台はカップル様ご用達なのだそうです。

見晴らし台から少し下ったところで、駅方向を撮影。

IMG_9634.jpg

この先はまた、住宅街に入っていきます。
しかし、どこまで行くと食事処はあるのだろう・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書メーター
kero-piさんの読書メーター
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ