鉄道員体験ツアー in 鴨川

「鉄道員(ぽっぽや)体験ツアー in 鴨川」に参加してきました!

IMG_0072.jpg

今回は、嫁から私への誕生日プレゼント。
何が欲しいか分からん!ということで、じゃあ、これに参加したいから・・・
ということで、実現しました。

なかなか普通に生きていれば体験できないようなことを体験できる、
ということで、かなり楽しみにしていました。

蘇我から特急わかしおに乗りました。
ツアー参加者は、指定の号車に乗り込みます。

途中で、お弁当の配布。
なかなかボリュームのある、豪華なお弁当でした。

IMG_0024.jpg

IMG_0025.jpg

ちなみに、時刻は11:00少し前。
ここで食べておかないと、18:00まで何も食事の機会はないし、
降車駅である安房鴨川駅到着は11:55でしたので、
持ち帰らず、食べることにしました。
(希望者には袋を配布しており、持ち帰り可能でした。)

しおりが配られたので、読んでいました。
そこに、参加特典のオリジナルカードケースが入っていました!

IMG_0073.jpg

安房鴨川駅で、事前に通知されている班に分かれて体験を行います。
1班8グループという割り振りという感じでしょうか。
一旦改札から出て、班ごとに分かれます。
千葉支社の駅長さんが案内してくれます。

IMG_0026.jpg

私の班は、
車内放送体験→車内きっぷ発行体験→警報装置体験
→運転台見学&ドア開閉体験→レールサイクル体験→軌陸車体験
という順番でした。

乗ってきたわかしおにそのまま乗り、イベント開始!
まず電留線に入ります。
一旦乗降車ホームからバックし、線路を切り替えて電留線に入ります。
スイッチバックする際に、踏切の所で止まりました。
このときに踏切で捕まったら、待ち時間が長めなんだろうなぁ・・・。

その間、「駅長さんとお話ししてみよう!ツアークイズ」をやってみました。
5問中3問は分かりましたが、2問は分からん・・・。
ということで、駅長さんを捕まえて、答えを聞き出しました。
全問正解で、レアなピンバッチをいただきました!
駅長さんももらえないものなのだとか。

IMG_0074.jpg

列車が電留線に停まり、まずは車内放送体験。
例の「ダァシエリイェス!!」と言おうかと考えていましたが、
例文があったので、大人しくそのまま例文を放送してきました。
放送は、車内全体ではなく、運転席と車掌席のみに聞こえるモードで
行われたようです。

IMG_0037 - コピー

駅長さんによると、最近はほとんどが自動放送になってしまったので、
以前と比べると放送する機会はかなり減ったようです。
放送するタイミングは、何か異常(列車遅延など)があったときが
メインなのだとか。

次は、車内きっぷ発行体験。
端末でどんな切符でも発行できるということで、東京-名古屋間の切符を
発行してみました。

IMG_0040 - コピー

深く考えていなかったのですが、あとから、稚内→鹿児島中央とか
自分の中ではまずありえないものをやってみても良かったなーと、ちょっと後悔。
ちなみに、JR駅のなかで一番南端は鹿児島県の「西大山駅」なのだそうです。

続いて、きっぷへの押印体験。
これもまずやる機会はないですよね。

IMG_0041 - コピー

IMG_0042.jpg

次は警報装置体験。
まあ・・・普通は押さないですよね。
今回は実験用の機材で体験を行いました。

IMG_0047.jpg

ボタンはかなり固いです。
親指でしっかりと押さないと、ONになりません。
寄りかかっただけでは、ONにならないようにしているそうです。

次は運転台見学&ドア開閉体験。
運転台では見学と写真撮影。
動かすことはできませんが、運転機材に触れることができます。

ドア開閉は実際に体験。

IMG_0052.jpg

まずカギを差し、「入」にする。
そして、「開」と「閉」のボタンでドアを制御します。
赤いランプの確認も行いました。

IMG_0054.jpg

次はレールサイクル体験。
レールの上を自転車に乗って移動します。

IMG_0060a.jpg

最後は軌陸車の乗車体験。
軌陸車とは、レールの上でも路面でも走れる車両です。
線路やトンネルのメンテナンスに使われるそうです。

IMG_0065.jpg

我々は、トンネルのメンテナンスでよく使われる、
土木用に乗せていただきました!
しかも普段は使うことのない、最大高さ(約10m)まで上がりました。

IMG_0067.jpg

風が少々あったので、そこそこ揺れました・・・。

我々の班はスムーズに回れたのか、予定より45分ほど早く体験が終了しました。
最後に、体験証をもらって、終了。
帰りの特急では、駅長さんを始め、対応していただいたスタッフの方に
手を振っていただきました!

思った通り、普通に生きていたらまず体験できないようなことを
たくさん体験させていただいて、非常に楽しんできました!
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

「鉄道員体験in鴨川」参加しました

通りがかりで失礼します。
鴨川シーワールドへ行く時に安房鴨川駅を使っていて、パンレットでたまたまツアーの存在を知り、東京駅(自宅は埼玉)から弟と参加しました。
4号車のグループは車中での待ち時間が長く、社員(車掌や駅長)さんとの質問や雑談に時間を持て余していましたが、軌陸車体験が終わったのが16時過ぎだったので、さすがにバタバタしてましたね。
自分たちだけ鴨川シーワールドに寄って勝浦18時15分発のわかしおで帰るプランとしていたので大丈夫でしたけれど…。
同じような内容ではありますが、URLの先に載せたのでよろしければご覧ください。

コメントありがとうございます!

>荒井希さん
同じツアーに参加されていたのですね!
4班の方々は軌陸車体験が遅くなってしまったのですね。
2班は最後にレールサイクルでしたので、外に出て、そのまま流れで軌陸車体験だったのですが、別の班は違った流れで軌陸車体験になったのでしょうか…。
16:15の電車に間に合うようにイベントは終わったようですが、終わりの方ではバタバタしていたのですね。。
スタッフの方々も含めて、皆様お疲れ様でした!という感じです。

URLですが、「ページが存在しません。」と表示されてしまいました。。
もしよろしければ、再度教えていただければ嬉しいです。

RE:コメントありがとうございます!

kero-pi様
こちらこそレスありがとうございます。親子参加が殆どなせいかブログやSNSでは数えるほどしか体験記がなく、少し寂しい感じだったので投稿させてもらいました。リンクも直していますのでぜひ。

4号車は停止ボタン・スタンプ→運転席→参加証撮影→レールスター→アナウンス→発券→駅長犬と撮影→軌陸車→最後だったので解散式に混ざる→鴨川シーワールド入園→17時45分の普通で勝浦始発のわかしおに乗り継いで帰路という順番で、駅長犬と軌陸車で1時間位待ちぼうけてました(;^_^A

ここだけの話、父が同じ会社勤め(出札機器などのIT系)なので遠慮すべきと思いましたが、年数回利用している鴨川駅でのイベントであること、実施日が前年度(15年12月)の2日間から半減したり、ダイヤ改正で列車本数が若干削減されたりと先行きが個人的に険しいと感じ、出発1週間前に空席があったので購入したところです。
現役社員が仕事紹介するイベントはリニア・鉄道館や京都鉄道博物館、年数回だけ地元の鉄道博物館でもありますが、JRでこのような半日がかりの企画は鴨川だけのはずですので、今後もこのようなイベントが続いてほしいと思っています。長文失礼しました。

RE:コメントありがとうございます!

>荒井希さん
リンクの修正、ありがとうございました。
拝見させていただきました!

いろいろとお話しいただき、ありがとうございます。
確かに、イベント参加レポは少ないですよね。
私も事前に過去レポを調べてみましたが、ほとんどヒットせず…。
きっとSNS全盛期に学生時代を過ごしている方々が親になると
変わってくるのかもしれませんね。

2015年には2日間開催だったのですね。
今回のイベントに対して、どのような広報活動が
行われたかは知る由もありませんが、
たまたま電車の待ち時間の暇つぶしでイベントを知りました。
知る人ぞ知るイベント、という位置づけなのかもしれませんね。

個人的には、鴨川も良いですが、いろんなところで開催して
いただけると、楽しめるかなーと思っています。
プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書メーター
kero-piさんの読書メーター
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ