ヨルダン・イスラエル旅行(4日目-3:オリーブ山)

エルサレムの標高は約750m。
死海が-420mということで、一気に1200m近く上っていくことになります。

5/2は死海の浮遊体験で観光は終わりの予定でしたが、
国境越えが予想以上にスムーズに行き、時間が余ったので、
5/4に予定されていたオリーブ山観光が前倒しとなりました。

イスラエルの公用語は、ヘブライ語とアラビア語です。
標識も2言語+英語表記で書かれています。

CIMG0917.jpg

オリーブ山からエルサレム市街地を望みます。

IMG_0557.jpg

てっぺんが金色の宮殿みたいな建物が岩のドーム。
その手前に城壁があります。
城壁の先が旧市街地。ヨルダン領だったところです。
オリーブ山もかつてはヨルダン領でした。

この写真からはなかなか見づらいですが、城壁の真ん中からやや右に
少し高さが高くなっているところがあります。
これは黄金の門と呼ばれており、キリストがロバに乗って入場した門です。
ユダヤ教では、終末にメシア(救世主)がこの門を通ってくると言われています。
この門は16世紀に閉じられてしまい、開かずの門となっています。

手前に並んでいる白い直方体は、ユダヤ人のお墓です。
城壁の方向に足が来るように安置されており、メシアが来て復活した際に、
起き上がって、神殿(城壁)の方をすぐに向けるように、とのことだそうです。
そして・・・城壁の手前にはムスリムのお墓が並んでいます。
つまり、メシアの入城を邪魔をするわけですね。
現地ガイドさんは、この光景はパレスチナ問題の解決への難しさを
物語っている、とおっしゃっていました。

オリーブ山を下りていきます。
結構急な坂です。

IMG_0571.jpg

主の涙の教会に入ります。
キリストがオリーブ山からエルサレムを眺め、滅亡を予言し涙したと
言われている教会です。

教会に行く途中に、古代墓地があります。
年代は失念してしまいましたが、当時の状態から変わっていないそうです。
横穴式と縦穴式があって、上が横穴式、下が縦穴式です。

IMG_0577.jpg

IMG_0578.jpg

教会到着。

IMG_0598.jpg

中に入っていきます。

IMG_0594.jpg

現在は西側に祭壇がありますが、かつては東側にありました。
神殿の方を向いて祈った方がよいということで移されたそうです。
移す前の跡が↓です。

IMG_0586.jpg

ゲッセマネの園に入ります。
ゲッセマネとは、アラビア語で「油絞り」を意味するそうです。

IMG_0601.jpg

入るとオリーブの木が植えられています。

IMG_0606.jpg

福音書ではイエスと弟子たちが最後の晩餐のあとに祈りを捧げ、
またイエスがユダに裏切られ捕えられた場所とされています。
しかも、イエスを金で売ったという・・・。

そのまま敷地内の万国民教会に向かいます。
ゲッセマネの園において、イエスが処刑前夜の最後の夜を、
苦しみながら神に祈ったとされ、「苦悶の教会」とも呼ばれています。

IMG_0635.jpg

中に入っていきます。

IMG_0630.jpg

教会の中には3枚の絵があります。
中央の絵は、イエスが処刑前夜の最後の夜を、苦しみながら神に祈った際の様子。

IMG_0619.jpg

その下の祭壇のところに、イエスが祈る際に身をもたせかけたとされる岩があります。
キリスト教の方は、ここに手を着きながら熱心にお祈りをしていました。

IMG_0620.jpg

左側の絵は、イエスを裏切ったユダがイエスに口づけをする様子。

IMG_0624.jpg

そして、右側の絵は、、イエスが捕まえられる様子。

IMG_0617.jpg

これもモザイクなのだから、本当にすごいとしか言いようがないです。

外に出ると、サボテンが咲いていました。

IMG_0636.jpg

イスラエル人を例えると、サボテンが合うそうです。
何もしない分には、きれいな花を咲かせ、食べると美味しいが、
ちょっかいを出そうとすると、その棘で相手に痛みを与える。
ちなみに、これはイスラエル人の他己紹介ではなく、
自己紹介として言っているそうです・・・。
スポンサーサイト

テーマ : アラブ・中東
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書記録
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ