ヨルダン・イスラエル旅行(5日目-3:ヴィア・ドロローサ)

次の観光スポットは、ヴィア・ドロローサ。
ヴィア・ドロローサとは、イエスが死刑の判決を受け、茨の冠をかぶせられ、
自ら十字架を背負って歩いた道のことです。
エッケホモ教会と聖墳墓教会を結ぶ、曲がりくねった一本道のことを
このように呼んでいます。

CIMG1090.jpg

キリスト教徒にとっては、もっとも聖なる道とされています。
この道に沿って、イエスにまつわる出来事を記念した14のステーションが
設けられています。
10~14は聖墳墓教会の中にあります。

第1ステーションから順に歩いていきます。
第1ステーションは、有罪判決を受けたピラトの官邸。
現在のオマリーエ学校の校庭の部分に当たるそうです。
「人々は、イエスをカイアファのところから総督官邸に連れて行った。」(ヨハネ18:28)

IMG_0710.jpg

第1ステーションの場所で、ちょうどイエスの進んだ道と反対方向に
十字架を担いだ男性が!

CIMG1096a.jpg

数十歩歩くと、第2ステーション。
第2ステーションは、鞭打ちの教会。
「そこで、ピラト(総督)はイエスを捕らえ、鞭で打たせた。」(ヨハネ19:1)
「そこで、ピラトは、十字架につけるために、イエスを彼らに引き渡した。」(ヨハネ19:16)

IMG_0711.jpg

混雑していたことと、道の細さ、建物が密集していて、教会は撮れませんでした。

エッケホモ・アーチ。
ここでピラトが群衆にイエスを引き出したとされています。
「イエスは茨の冠をかぶり、紫の服を着けて出て来られた。
ピラトは、「見よ、この男だ」と言った。」(ヨハネ19:5)

IMG_0712.jpg

エッケホモ教会の中に入ります。
写真の右側がアーチに繋がっています。

IMG_0713.jpg

第3ステーションは、イエスが最初につまづいた場所。
十字架の重みに倒れたそうです。
「慰め励ましてくれる者は、遠く去った。」(哀歌1:16)

IMG_0718.jpg

建物の中には入りませんでしたが、中には倒れた姿のイエスの像があるそうです。
すぐ近くに第4ステーション。
第4ステーションは、マリアの教会。
母マリアが群衆に混じってイエスを見守った場所だそうです。
「道行く人よ、心して目を留めよ。よく見よ。これほどの痛みがあったろうか。
わたしを責めるこの痛み・・・」(哀歌1:12)

IMG_0719.jpg

第5ステーションは、シモンがイエスの代わりに十字架を背負った場所。
「そこへ、アレクサンドロスとルフォスとの父でシモンというキレネ人が、
田舎から出て来て通りかかったので、兵士たちはイエスの十字架を
無理に担がせた。」(マルコ15:21)

IMG_0720.jpg

第5ステーションに、イエスが手をついたとされる石があります。
くぼみがイエスの手のあとと言われていますが、大人の男である私の手よりも
1.5倍くらいの長さです・・・。

IMG_0721.jpg

第6ステーションは、ベロニカの教会。
ここでベロニカは、イエスの顔を拭ったとされています。
「主が御顔を向けてあなたを照らし、あなたに恵みを与えられるように。」(出典不明)

IMG_0724.jpg

第7ステーションは、イエスが2度目に倒れた場所。
「彼らの苦難を常に御自分の苦難とし、御前に使える御使いによって彼らを救い、
愛と憐れみをもって彼らをあがない・・・」(イザヤ63:9)

IMG_0725.jpg

第8ステーションは、聖ハラランボス・ギリシャ聖教会。
ここでイエスは、エルサレムの娘たちを慰めたとされています。
「「エルサレムの娘たち、わたしのために泣くな。
むしろ、自分と自分の子供たちのために泣け。」」(ルカ23:20)

第8ステーションを示すマークの下の方に、ラテンの十字架が
壁にはめ込まれています。

IMG_0727.jpg

ここで、簡単なヴィア・ドロローサの写真付きパンフレットが1USドルで
売られていたので、購入。
記事中に、各ステーションに関連する文献の文言を記載しましたが、
このパンフレットから引用しています。

第9ステーション近くになると、聖墳墓教会が姿を現し始めました。

IMG_0731.jpg

屋外最後の第9ステーションは、聖墳墓コプト会。
ここはイエスが3度目に倒れた場所とされています。
「ご覧ください。わたしは来ております。」(詩編40:8)

IMG_0732.jpg

エチオピア正教の会堂を通り抜けます。

IMG_0733.jpg

入ると、イエスが十字架に釘付けにされている絵が飾られています。

IMG_0737.jpg

聖墳墓教会に入っていきます。
スポンサーサイト

テーマ : アラブ・中東
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書メーター
kero-piさんの読書メーター
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ