ヨルダン・イスラエル旅行(5日目-8:聖誕教会)

イエスの聖誕教会に入っていきます。

IMG_0873.jpg

謙虚のドアという小さな入口から入ります。
ここも並ぶと、中に入るまで1時間は平気でかかってしまうということでしたが、
今回は比較的列は短めだったそう。
また、ミサの時間になったら、終わるまで待たなければなりません。

とりあえず、教会の中に入ることができました。
この先細い通路になっているため、なかなか列は進みません。

IMG_0882.jpg

教会内は補修工事中で、工事用の足場が組まれていました。
中は、イエスにまつわる絵や煌びやかな装飾などが配置されていました。

列に並び始めてから30分で、イエス生誕の場所とされる地下に入っていきます。

IMG_0893.jpg

我々のツアーの後ろには、中国人のツアーと見られる団体が来ていました。
一番最後に添乗員さんが並んでいましたが、後ろから圧力がかかっているとのこと。
これは無理矢理割り込んでくる気だ。
ということで、我々もなるべく隙間なく進むように。

聖誕の場所。

IMG_0906.jpg

下のところにイエスが誕生した場所を示すマークがあり、
ここを触りながらみなさんお祈りしていました。
誘導員が急げ!と言っていましたが・・・。

IMG_0898.jpg

地下の狭い通路で中国人に押されること押されること。
無理矢理割り込んで来ようとしたので、私も無理矢理先に行こうとしたら、舌打ちされたw
普段は絶対にこんなことはやらないけど、場合によっては目には目を、という
対応も必要であろう。

身廊に行きます。
ギリシャ正教会の祭壇です。非常に目を惹きます。

IMG_0909.jpg

モザイクの床もあります。
聖誕教会は西暦325年にコンスタンティヌス帝により建築されましたが、
その当時に描かれたものだそうです。

IMG_0914.jpg

聖カテリーナ教会に行きます。
聖カテリーナ教会の前にはヒエロニムスの銅像があります。
足元に頭蓋骨があるという、なかなかのものです。。

IMG_0939.jpg

ヒエロニムスは、ヘブライ語で書かれた聖書をラテン語に翻訳した人物です。
この聖カテリーナ教会の地下に、翻訳した部屋があります。

中に入ります。十字架に釘付けとなったイエスの像が祭壇となっています。

IMG_0921.jpg

マリアの像、そして下の赤ん坊がイエス。

IMG_0922.jpg

地下の、ヒエロニムスの部屋に降りていきます。

ここ(↓)は台所として使用されたと言われています。

IMG_0933.jpg

そして、実際に翻訳作業を行った部屋に入ります。
ここにもモザイクがありました。

IMG_0935.jpg

教会外には、イエスが生まれた時の様子。
先に、羊飼いなど貧しい人々が祝福し、その後左にいる権力者が
来たというものです。

IMG_0917.jpg

イエスにまつわる観光はこれでおしまい。
今日1日で、イエスに関する知識が深まりました!

ベツレヘムのお土産屋さんでの買い物の際に、目の前に分離壁が見えました。

IMG_0945.jpg

ベツレヘムからエルサレムに戻ります。
スポンサーサイト

テーマ : アラブ・中東
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書メーター
kero-piさんの読書メーター
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ