FC2ブログ

谷川岳一ノ倉沢岩壁観賞ハイキング(3/3)

駅ハイのコースとしては、一ノ倉沢が折り返しポイントなのですが、
もう少し行くと、幽ノ沢に行けそう。

案内板をみると、標高も一ノ倉沢が870mに対して、幽ノ沢が885m。
コースマップを見ると、距離的にも約1.1km、20分ということで、
幽ノ沢まで行って折り返すことにしました。
コースマップには芝倉沢出合まで記載されていましたが、
標高が1,000mということで、時間的にも、装備的にも難しそうでした。

一ノ倉沢の先は、道が舗装されていません。
あまり一ノ倉沢より先に行く方もいらっしゃいませんでした。

IMG_0074_2017081412001961a.jpg

途中、苔むした石垣が見られました。

IMG_0058.jpg

これは国道開削当時の石垣なのだそうです。
明治18年に清水峠道が開通し、現在国道291号線になっておりますが、
その当時の石垣が残されているとのこと。

一ノ倉沢から20分ほどで、幽ノ沢出合到着。
まずは谷川連峰を望む。

IMG_0062_20170814121115a29.jpg

幽ノ沢では、歩道の上を水が流れていました。

IMG_0069_2017081412111727c.jpg

IMG_0065_201708141211169c2.jpg

その近くの岩場に、慰霊碑がたくさんありました。
いずれも若い方ばかりで、どこかの山岳会に所属されていた模様。
こんなところでなぜに亡くなるの??と不思議に思っていましたが、
調べてみたら、我々のようなハイキングではなく、岩登りや谷川岳登頂中に
遭難したそうで・・・。

当時はまだ今のようにルートが整備されておらず、
死者数もだいぶ多かったそうです。
ちなみに、谷川岳は、世界一遭難死者数の多い山として
ギネスに登録されているよう。

少し先に「ブナのしずく」というポイントがあり、行ってみます。

IMG_0072_20170814121119b02.jpg

ここから先は本当に足場も悪くなるので、予定通り引き返します。
(それ以前に、私が靴を履き間違えて、通勤用の靴を履いてきてしまったorz)

一ノ倉沢で昼食。
持参してきた惣菜パンを食す。
そして、そのまま山岳資料館まで戻ります。

12:40、一ノ倉沢出発。
13:00、マチガ沢到着。
13:20、山岳資料館着。

次の上越線上り列車は15:34発のため、谷川岳ロープウェイで天神峠まで行くことにしました。

IMG_0082_201708141242008e8.jpg

ロープウェイ山頂。

IMG_0083.jpg

さらにリフトに乗って、天神峠へ。

IMG_0088.jpg

神社の岩場から、ロープウェイ駅を望みます。

IMG_0092_20170814124818a1b.jpg

冬はスキー客で、もっと賑わうんですね。

展望台に行き、谷川岳を望みます。

IMG_0091.jpg

かなり雲に覆われています・・・。
何やら、ヘリが谷川岳付近を飛んでいます。
救助?マスコミ?
そういえばロープウェイに乗る前に、救急車が来ており、
隊員がマップを確認していたなぁ。

様子をうかがっていると、尾根のあたりにヘリが向かう。
救助開始。
そのまま、飛び立っていきました。
特に遭難しそうなルートでもなかったので、体調不良か怪我か?
という感じでした。

谷川岳から少し右を撮影。
青々として、いい景色でございます。

IMG_0087.jpg

15:15頃、土合駅に到着。
下りホームに向かう通路が見えました。

IMG_0095.jpg

無人駅ですので、乗車証明書を発行する。
なかなかこんな機会ないですからねぇ。

IMG_0096_20170814123824930.jpg

IMG_0097.jpg

ホームに行くと、かなりの人だかり。
3時間に1本しかないので、こんな感じなのかな??

IMG_0099.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書記録
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ