初秋の水元公園から江戸川を巡り下町情緒あふれる柴又を歩く(2/2)

河川敷を出て、すぐに「葛飾柴又寅さん記念館」があります。
映画「男はつらいよ」の世界にくまなく触れることができる、寅さん記念館。
私自身、「男はつらいよ」の名は聞いたことはあるものの、実際に観たことはありません。
たぶん、今後も見る機会はないかも・・・。
でもせっかく来たので・・・ということで、休憩がてら立ち寄ることにしました。
(何気にここまでずっと外を歩いている・・・。)

IMG_0023_20170910194606fb8.jpg

中は「男はつらいよ」の舞台となった団子屋や印刷所が再現されています。
また、映画の一部を鑑賞することもできます。
さらに、「男はつらいよ」の舞台となった昭和30年代の葛飾柴又の様子を
再現したエリアもあります。

IMG_0025_20170910194608b4b.jpg

次に、向かいにある「山田洋次ミュージアム」。
「男はつらいよ」のほぼすべての監督をされた方ですね。
近年は「家族はつらいよ」シリーズを手掛けているそうです。
館内では作品紹介のほか、フィルム映写機の展示も行われていました。

IMG_0027.jpg

そして、「葛飾区山本亭」に向かいます。
大正末期から昭和初期に建てられた居宅です。
一時期、駅ハイのコースで昔懐かしの居宅がコースポイントとして設定されることが
多々あったため、若干飽き気味になっていましたが、今回は久々。
木の香りと日本庭園を鑑賞してきました。

IMG_0030_201709102013295f1.jpg

最後のコースポイントは、「柴又帝釈天」。
1629年に開基された日蓮宗の寺院です。

IMG_0046_20170910201338c7d.jpg

帝釈堂の彫刻と邃渓園(すいけいえん)が見どころ、ということで、行ってきました。
まずは彫刻。
すげぇ・・・という感想しか出て来ないくらい、細かい彫刻でした。

IMG_0031_20170910201331537.jpg

IMG_0039.jpg

いくつかの日蓮宗にまつわるシーンを描いたものだそうです。
ガイドさんと一緒に回って解説を聞けば炉皆できると思いますが、
すでに13:00を回っており、空腹状態に・・・。

続いて、邃渓園。
回廊式になっています。

IMG_0040_2017091020133497e.jpg

寅さんが産湯につかったという御神水。

IMG_0043.jpg

そのまま参道を抜けていきます。
途中で柴又名物の草団子をお土産に購入。
参道は結構混み合っていました。

IMG_0045.jpg

IMG_0048_2017091020134098b.jpg

IMG_0052_20170910201342b7c.jpg

13:40、ゴールである柴又駅に到着。
駅前には寅さんの銅像が設置されていました。

IMG_0049_20170910201341653.jpg

IMG_0051_20170910202246350.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書記録
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ