FC2ブログ

錦秋の湯めぐり散歩 四万温泉(1/2)

8:00頃、鍾寿館を出発。
フロントで案内いただいた道を進んでいきます。

IMG_0088_20171010201315e83.jpg

昨日は、日が沈んでからの到着&降雨であまり周辺を見渡せませんでしたが、
本日は晴天。
温泉街を見渡しながら進んでいきます。

IMG_0089.jpg

四万川に沿って歩いていきます。
四万川は、川の底の小石が見えるくらい、非常に水が澄んでいます。

IMG_0090.jpg

まだ9時前ということで、お店はほとんどシャッターが閉まっていました。

塩之湯飲泉所に到着。

IMG_0091_20171010201319434.jpg

温泉を飲んでみることにします。
結構熱い!!
熱さに気を取られてしまい、どんな味だったかはよく分かりませんでした。。

コースを進んでいきます。
新湯エリアを抜けると、民家は少なくなり、自然が多くなります。

IMG_0094.jpg

9:00頃、四万川ダムの下流側にある、日向見公園に到着。

IMG_0095_20171010201322790.jpg

公園を一回りし、ダムの上流側に向かうことにしました。
ここから先は、さらに自然が多くなります。
それこそ、野生のサルが出そうな感じに・・・。

20分くらいでダムの上側に到着。

IMG_0097_2017101020291716b.jpg

奥四万湖を見渡します。

IMG_0100_2017101020132525c.jpg

おお~~~!湖が青一色だ!!
なぜこのように見えるかは諸説あるそうです。

反対側の四万温泉街方面を見渡します。

IMG_0099_20171010201324082.jpg

時間も余裕があるため、奥四万湖を一周することにします。
道路は一方通行の車道となっています。
アップダウンがそこそこあります。
レンタル自転車で走っている方もいらっしゃいました。

いなつつみせせらぎ公園に到着。
夏ごろに、クマが出没したそうです。
道路上にもクマよけのための鐘が設置されています。

休憩を終えて出発。
数分歩いた辺りで・・・野生のサルが反対側から歩いてくるのが分かった。

このサル・・・かなりガタイがよい。
こちらに向かって歩いてきていて、しかも一本道のため、逃げるには後ろに行くしかない。
しかし、向こうは止まる様子はない。

対応として良いかどうか、判断できませんでしたが、とりあえずこちらは
立ち止まって様子を見ることにしました。

サルが私の横を歩いていく。
そのままサルは私をスルーして歩いていく。
そして、すぐに後ろを歩く嫁の様子を確認。
な ぜ か 嫁 は サ ル に 威 嚇 さ れ た 。
特に嫁に実害はなく、サルも警戒しながら去っていきました。

後から調べてみると、目を合わせるとサルは人から威嚇されたと思い、
威嚇してくるケースもあるそうです。
たまたま私は目が合わなかったのだろうか。
たまたま嫁は目を合わせてしまったのだろうか。
今となってはよく分かりません。
次に遭遇したときは気を付けよう。

今回の旅行の思い出は、サルに奪われてしまったことは言うまでもないw

胃の調子が悪化したという嫁を冗談半分でからかいながら、先に進みます。
しゃくなげの滝に到着。
なかなかの水量です。

IMG_0109.jpg

11:00頃、ダムから一番遠い、赤沢橋に到着。

IMG_0112.jpg

水の色が変わる境目を通過。
車で訪れると、こういった景色はなかなか見られないですよね。
ウォーキングイベントでなかったら、自分もレンタサイクルだったかなぁ。

IMG_0114_20171010202919940.jpg

こしきの湯付近の広場から、いなつつみせせらぎ公園方面を望みます。
もちろん、思い浮かべるのは例のサル。
嫁はだいぶ戻って来たなぁ・・・とつぶやいていました。

IMG_0116.jpg

11:30頃、四万川ダムに戻ってきました。
スポンサーサイト

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書記録
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ