CentOS設定メモ

CentOS6.3をインストールする際のメモです。
以下の設定の状態では公開しない(セキュリティ関連を止めているのが気になる・・・)。
文献は「10日でおぼえるLinuxサーバー入門教室」

●サーバ立ち上げ
・管理者として実行する。
・「yum -y update」を実行して、すべてのパッケージをアップデート。
・アップデートが終わったら、「yum clean all」でキャッシュを削除する。
・「yum install vsftpd」を実行して、FTPサーバをインストール。
・「/etc/vsftpd/vsftpd.conf」を書き換えて、パッシブモードにする。ファイルの最後の行に以下を追加する。
 pasv_enable=YES
 pasv_min_port=10100
 pasv_max_port=10150
・SELinuxをオフにする。「/etc/sysconfig/selinux」内、「SELINUX=enforcing」を「SELINUX=disabled」に変更する。その後再起動。
・「service vsftpd start」でFTPサーバを起動。
・「ssh root@localhost」でリモートサーバにログイン(設定等は必要無し)
・sshポート番号を変更する場合は、「/etc/ssh/sshd_config」を実行して、「#Port 22」を「Port 設定番号」とし、「service sshd restart」でsshdを再起動する。
・「yum install mysql」を実行して、MySQLクライアントをインストール。
・「yum install mysql-server」を実行して、MySQLサーバをインストール。
・「service mysqld start」でMySQLサーバ起動。
・「mysql -u root」を実行して、データベースに接続。
・「>mysql」に続けて、「SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD('パスワード');」を実行し、MySQLの管理者パスワードを設定する。その後「exit」を実行して切断する。
・「mysql -u root -p」で接続する。
・「/etc/sysconfig/network-scripts-デバイス名」を実行し、「ONBOOT="no"」になっていたら、「ONBOOT="yes"」に変更する。その後、「service network restart」で再起動する。

●Webサーバ立ち上げ
・「yum install httpd」を実行し、Webサーバをインストールする。
・「service iptables stop」で、ファイアウォールであるiptablesのサービスを停止する。
・「yum -y install jwhois」whoisコマンドをインストールする。
・「/etc/httpd/conf/httpd.conf」を設定する。このファイルのバックアップをとっておき、元ファイルを下記のように変更する。
 (1)「#ServerName www.example.org:80」→「ServerName localhost:80」
 (2)の「Options Indexes FollowSymLinks」を「Options Includes FollowSymLinks」に変更。「AllowOverride None」を「AllowOverride All」に変更。「AddDefaultCharset UTF-8」をコメントアウト。
・「chkconfig httpd on」を実行して、サーバマシンを再起動しても、自動でWebサーバが起動する設定にする。
・「chkconfig --list httpd」を実行して、ランレベル3と5がONになっていることを確認する。
・「service iptables stop」実行後、Webブラウザで「http://localhost」を実行して、サーバ起動確認。

●DNSサーバインストール
・「yum -y install bind bind-utils」でBIND9をインストールする。
・以下のファイルを設定する。設定方法は・・・文献へ。
 「/etc/named.conf」「/var/named/example.org.zone」「/var/named/example.org.rev」
・「/etc/resolv.conf」のはじめのサーバとして、「nameserver 127.0.0.1」を追加。
・「service named start」でDNSサーバを起動。

●Webページ関連
・「yum install php」でPHPをインストール。
・「yum install php-mbstring」でPHPの日本語文字処理ライブラリを導入。
・「yum install php-mysql」でMySQLデータベース関連のライブラリを導入。
・「yum install php-gd」で画像ライブラリを導入。
・「yum install php-pear」でPEARライブラリを導入。
・以下のコマンドでphpMyAdminを導入する。
 rpm -ivh http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm
 yum install phpMyAdmin
・「/etc/phpMyAdmin/config.inc.php」「/etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf」を設定する。設定方法は・・・文献に。
・WebサーバとMySQLサーバを起動する。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書メーター
kero-piさんの読書メーター
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ