名胡桃城址とガラス工場散策(2/2)

月夜野の市街地を歩いていきます。
地名をアピールするかのような街灯がずっと並んでいます。

IMG_1269.jpg

「月夜野」という地名、何か格好いいですよね!
駅ハイのマップによると、源順(みなもとの したごう)が「よき月夜のう」と
詠んだことが由来となったと言われているそうです。
平安時代中期ごろのことだそうです。

次のコースポイントである、茂左衛門地蔵尊に到着。
こちらも杉木茂左衛門が祀られています。

IMG_1271.jpg

利根川を渡ります。

IMG_1272.jpg

次に目指すは、月夜野びーどろパーク
12:00に到着。

IMG_1274.jpg

施設内のレストランで、天ぷら上州うどんを食す。
コシがあって、とても美味しいです!
しかも、注文してから運ばれてくる時間も、10分未満でした。

IMG_1273.jpg

併設されている物産展で、お土産を購入。
蕎麦とひもかわうどん。

IMG_1296.jpg

そして、今回の駅ハイの目的である、ガラス工場の見学!
見学は自由にできます。

IMG_1276.jpg

職人さんが作業しているところを見学します。
ガラスは炉の中にあるルツボから取り出します。

IMG_1279.jpg

今回は「宙吹き」という方法で作る作業を見学しました。
ルツボから取り出されたガラスはオレンジ色をしています。

IMG_1280.jpg

空気を入れると、風船のように膨らみます!
そして、温度が下がってきて、透明のガラスになります。

IMG_1282.jpg

さらに模様をつけてさらに成形するという行程に入ります。
炉は1,400℃ということで、工場内は熱気に満ち溢れています。

ゴールに向かって歩きます。
ゴールに到着する前に・・・見逃した小川城址。
改めて通ったら、普通に看板がありましたorz

堀と思われるところを進んでいきます。

IMG_1289.jpg

天守閣跡には、石碑がありました。

IMG_1286.jpg

13:40、ゴールである上毛高原駅に到着。

IMG_1290.jpg

名胡桃城址とガラス工場散策(1/2)

9:30に上毛高原駅着。

IMG_1237.jpg

スタートポイントは、みなかみ町観光協会。
今回参加したコースは、春もずっと行われていたそうで、
参加者と思われる人は私だけでした。

IMG_1239.jpg

最初のコースポイントは、小川城址。
地図を見ながら歩いていましたが、ちっとも場所が分からず…。
後に、地図に気を取られすぎて通り越してしまったことが判明しました…。

とりあえず城址だし、気づかないくらいだからいいかーと、そのまま進みます。
少し歩くと、谷川連峰の写真スポットと思われる場所に出ます。
春だと、いい感じに雪が残った谷川連峰を望めるそうです。
今回は夏なので、青々とした景色が広がっていました。

IMG_1242.jpg

次に向かうは、名胡桃城址。
至るところに名胡桃城址への案内板がありました。
有名なスポットなのだろうか。

小川城址と名胡桃城址の間の距離は3.5kmと、
今回のコースの中で一番コースポイント間が長い。
ぼーっと思いにふけながら、名胡桃城址までの道のりを歩きます。

気温は26℃と、やはり南関東に比べるとやや低め。
でも11.0kmを歩かないといけないため、水分補給には十分注意します。
途中のコンビニで、少々大きめのポカリ購入。

10:30頃、名胡桃城址に到着。

IMG_1245.jpg

名胡桃城は、戦国時代の終わりを迎えるきっかけを作ったと言われています。
1568年、天下統一を目前にしていた豊臣秀吉は、私闘を禁止する
「惣無事令(そうぶじれい)」を出していました。
しかし、利根沼田地方では、北条氏と真田氏が領土争いをしていました。
秀吉は領土の裁定をしていたが、北条氏が不法に名胡桃城を攻め込みます。

当時、名胡桃城を管轄していたのは、真田昌幸でした。
ゲーム「戦国無双」で有名な真田幸村の父親ですね。
名胡桃城は北条氏に攻略されてしまいます。

これに激怒した秀吉は、小田原城を攻め、北条氏を滅亡させます。
そして、約120年間続いた戦国時代は終わりを迎えました。

そんな背景のある、名胡桃城です。

城址に入っていきます。
利根川と赤谷川の合流近く、三方が絶壁となっている天然の要塞に作られた山城です。
奥に長い形になっています。
天守閣はなかったそうです。
城としての役割を果たしたのは10年間と非常に短い期間でした。

IMG_1246.jpg

ささ郭から月夜野の市街地や谷川連峰を望むことができます。

IMG_1249.jpg

写真の左側が谷川連峰です。

IMG_1247.jpg

車で来ている方も多く、訪れる人は多いようです。

次のコースポイントは、茂左衛門地蔵尊奥の院です。
名胡桃城から2.0kmほど歩きます。
沼田領主の悪政による苦しみから、命をかけて領民を救った杉木茂左衛門が
祀られています。

IMG_1253.jpg

紫陽花が見頃でした。

IMG_1256.jpg

茂左衛門地蔵尊奥の院から少し先に行ったところに、
黒岩渓谷があります。
ずっと、ザーーーーという音がしていたので、何かな??と思っていましたが、
水が流れる音でした。

IMG_1262.jpg

IMG_1267.jpg

ここまでは自然の中を散策していく形でしたが、
この先は市街地を歩いていくことになります。

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

10万本の花菖蒲が咲き誇る「東村山菖蒲まつり」と歴史・グルメ満喫ウォーキング

今回の駅ハイは、新秋津駅~西武線東村山駅!
このコースを選んだ理由は、以前東村山市に住んでいたから、
というものがあります。
新卒入社した会社の寮が東村山市にあり、結婚するまで入寮していました。

それ以降、東村山に来ることは、確か1度もなかったように思います。
そんなわけで、久々に訪れてみたいなと思っていました。
ちなみに、寮は私が転職した後に、廃止となったそうです。

今回のコースは約9.5km。
ウォーキング時間は、10:45~14:45の約4時間。
これは東村山駅に到着するまでの時間です。
ゴール地点到着は13:00頃ですので、実質2時間ちょっとで
駅ハイは終わっています。

今回は、コースポイントに観光スポットはあまりなく、それもゴール付近に
固まっていたので、あまり時間がかかりませんでした。
しかし、気温はだいぶ高めでしたね。

コースは↓です。

11091101.jpg

2017年度の駅ハイ記録は、
距離数:52.0km、参加コース数:5
となりました!

だいたい去年と同じくらいのペースです。
前回の青梅と今回の東村山で、数年分の菖蒲を鑑賞したような気分です・・・。

今回は写真の枚数がそこまで多くありませんので、同じ記事に行程まで記載します。
ということで、記事は↓です!

--

10:45に、出発駅である新秋津駅に到着。

IMG_1201.jpg

今回の観光スポットに相当するコースポイントは、ほとんど終盤にあります。
そして、メインイベントである「東村山菖蒲まつり」はゴールポイントで
行われていることから、前半は歩くだけ、という感じになります。

空堀川青葉緑道をひたすら歩いていきます。
空堀川は、水が干上がってしまっていて、水が流れていません。

IMG_1202.jpg

30分近く緑道を歩き、野火止用水に沿って歩いていきます。

IMG_1204.jpg

野火止用水の所に、大きなケヤキがあります。
「万年橋のケヤキ」と呼ばれているそうです。

IMG_1205.jpg

今回のコースの中で、ここが一番、新卒入社して結婚するまで住んでいた寮に
近いところになります。
ここから徒歩だと10分くらいのところに寮がありました。

当時私が休日に出かけたり、買い物に行ったりするのに
通った道にぶつかりながら、先に進んでいきます。

コースの中間地点辺りに相当する場所に、コースポイントとなっている
和菓子処 餅萬」があります。

IMG_1207.jpg

東村山市は志村けんの出身地ということで、それにちなんだお菓子が売られています。
だいじょうぶだァー饅頭を購入。
だいじょうぶだァー饅頭が小倉あんで、だっふんだァー饅頭がウグイスあんです。

CIMG1999.jpg

さらに進んで、豊島屋酒造
お酒の試飲と販売を行っていました。

IMG_1208.jpg

小さいものを購入。

IMG_1224.jpg

東村山駅の方まで来ます。
大善院に到着。野口のお不動様とも呼ばれているそうです。

IMG_1209.jpg

明治32年建立で、境内には高さ7mの山を築いた不動明王三十六童子が安置されています。

IMG_1210.jpg

甘茶をいただきました。名前の通り、甘いお茶です。
これは、お茶に砂糖を溶かしたのだろうか?
調べてみたら、紫陽花の仲間であるアマチャと呼ばれる植物の若葉を
蒸して揉んで、乾燥させた茶葉のことらしい。
甘さは天然のもので、普通のお茶に砂糖を溶かしたものではなそうだ。

次のコースポイントは、正福寺の地蔵堂。
国宝に指定されています。
この地蔵堂は1407年に建てられたとされています。
都内唯一の木造建造物としての国宝建造物だそうです。

IMG_1214.jpg

東日本大震災のとき、周りの墓石は結構倒れたらしいのですが、
この地蔵堂は無傷だったそうです。
ちなみに、東日本大震災のとき、私は寮から自転車で通っていたため、
何一つ問題なく帰宅できました。

ゴールである北山公園菖蒲苑に到着したのは、13:00頃。
八国山緑地が見えてきました。

IMG_1215.jpg

公園内は非常に賑わっていました。
菖蒲も見頃でした。

IMG_1216.jpg

IMG_1218.jpg

園内で黒焼きそばを食す。
イカ墨がソースになっているそうです。

CIMG1992.jpg

昼食は、近くの野口製麺所にて。
近くに食事処が多くないためか、激混みでした。

CIMG1994.jpg

東村山地粉肉汁うどんを注文。

CIMG1993.jpg

お店を出たころには、14:30を過ぎていました。
そのまま歩いて、東村山駅に向かいました。
東村山駅周辺も、買い物とかでよく来ていて、非常に懐かしかったです。

IMG_1223.jpg

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

新緑の青梅の森と花めぐり

今回の駅ハイは青梅駅!
青梅線の終着駅ということで、中央線を利用していればよく聞く名前です。
しかし、青梅駅自体は、一度奥多摩に行った際に乗換で利用したくらいで、
一度も降り立ったことはありませんでした。

一度訪れてみたいと思っており、今回はよい機会だったかなと思っています。
青々とした自然に囲まれて、楽しんでまいりました!

今回のコースは約9.0km。
ウォーキング時間は、10:45~15:50の約5時間。
最初にコースから外れて観光に行ったため、標準時間よりも
長めのウォーキング時間となりました。

コースはこちら↓。

11090401.jpg

記事はこちらです。
青梅駅~青梅丘陵第1休憩所
青梅丘陵展望広場~河辺駅

2017年度の駅ハイ記録は、
距離数:42.5km、参加コース数:4
となりました!

7月~9月のコースも公開されましたが、7月と8月は信州から東北にしか
コースがなく、参加は難しそう・・・。
気温のことを考えると、あまり関東では開催できないのかなぁ・・・。
ちょっと残念な感じです。

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

新緑の青梅の森と花めぐり(2/2)

青梅丘陵をハイキングしていきます。
アップダウンはそんなに多くはありませんが、急な坂道がちょくちょくあります。

IMG_1166.jpg

展望広場からは、都心まで見えてきました。

CIMG1898.jpg

入口から45分ほどで、青梅の森の新しい広場に到着。
ウッドチップが敷き詰められています。

IMG_1169.jpg

ここまでくると、青梅四小口はあと少し。
音楽は止め、進んでいきます。

12:50頃、青梅四小口に到着。
こちら側の入口は、住宅地の中にありました。

IMG_1172.jpg

次のコースポイントは吹上しょうぶ公園

IMG_1174.jpg

中に入ると、菖蒲が咲き始め、という感じでした。

IMG_1176.jpg

各列には菖蒲の名前と、おそらく咲く時期を示すであろう文字が書かれていました。
「極早生」「早生」というカテゴリに入っているものは咲いていましたが、
多くの「中生」というものはまだ咲いておりませんでした。
もう少し、遅い時期に来た方がよかったのかもしれませんね。

すでに13時を回っていたので、焼き団子を食べながら花見休憩。

IMG_1182.jpg

昼食は、ルビコンというご自宅で開いているカフェにて。
とてもおしゃれな内装と庭でした。

IMG_1183.jpg

ヒレカツをいただきました。

CIMG1919.jpg

次のコースポイントは、塩船観音寺
4月下旬から5月上旬にかけて、つつじの花が非常にきれいに咲き誇るそうです。
今は、紫陽花の時期には早く、開花時期がひと段落している感じです。

本堂は国の重要文化財になっています。

IMG_1186.jpg

嫁が、花の印の入った御朱印がもらえる、ということで楽しみにしていましたが、
季節限定(たぶんつつじの時期?)のよう。
御朱印を受け取る際に、マスコットキャラクターがいることを知ったらしい。
いろいろと考えるもんですねぇ。

そのつつじが植えられている場所に行きます。
花が咲いていた方が華やかかもしれませんけど、青々としたつつじが並んでいる風景も
なかなかよいと思います。

IMG_1188.jpg

観音様のところをお参りに行きます。

IMG_1190.jpg

一回りして、寺を後にします。

途中で、青梅せんべいを売っている、柳丸に立ち寄ります。

IMG_1194.jpg

駅ハイ参加者には、青梅せんべいのプレゼントがあります。
自宅用にも1袋購入。

IMG_1195.jpg

15:50にゴール駅である、河辺駅着。

IMG_1198.jpg

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書メーター
kero-piさんの読書メーター
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ