学生時代の韓国旅行(3日目)

●2008年10月16日

3日目の予定は、発表練習と各自自由行動。
朝、友人1人が昨晩の食べ過ぎで体調を崩し、寝ていることに・・・。
とりあえず、コンビニで朝食を調達。
私自身もあまり店に入りたくなかったです・・・。
正直に、あまり空腹状態でなかったので・・・。

午前中は1つセッションに参加してきました。
研究テーマと内容が重複しているかと思いきや、微妙にずれていました・・・。
途中1人発表者が不在ということで休憩となり、この間に出てきました。

ここで、韓国でのコンセントについて。
韓国の電圧は110Vか220V。
110Vタイプは日本と同じ形状のプラグで、220Vは別の形状。
ホテルには両方ともありましたが、基本的には220Vタイプが主流でした。
会場でも220Vしかなかったので、変換プラグを買いに行きました。700ウォン也。
たぶん日本で買っていくより安かったように思います。

発表練習があり、昼に。
昼は学会からの食事券で、腹の調子が悪くならないように食べました。
とりあえずご飯ものは大丈夫ということで選択。相変わらず、辛めのものでしたが・・・。
そして、私はちょっと遠出しようと地下鉄三成駅に向かいました。
行先は景福宮。
大正時代以前の韓国の歴史はほとんど知らないので、とりあえず行ってみる程度でした。

初の地下鉄。
切符を買うのがちょっとつらいかも、と思い、T-moneyという
Suicaのようなものを予め購入してきました。
やはりハングルの発音が分からないので、切符を買う時に発音できず、
買うのがつらいと考えたためです。
T-moneyはカードタイプとストラップタイプがあり、私はストラップタイプにしました。

CIMG1167.jpg

改札は楽に通り、地下に降りる。
漢字表記もあり、しかも、韓国の地下鉄はすべて駅番号が付いているので、
どちら方面の電車に乗ればいいかがすぐに分かります。
しかし、車内の案内はハングルと英語だけなので、常に駅番号を確認する必要がありました。

CIMG1018.jpg

CIMG1019.jpg

30分ほどで景福宮に到着。
とりあえずまったりと回りました。

CIMG1025.jpg

CIMG1027.jpg

CIMG1032.jpg

CIMG1038.jpg

CIMG1039.jpg

ここの歴史博物館で液晶パネルを使った簡単な韓国語講座のアプリがありました。
ここで韓国語での「ありがとう」を習得しました。
カムサニダ(と聞こえた)。

コンビニでどんな風に発音しているかを確認できたため、
次の買い物で実際に使ってみました。
すると、英語ではレジ去り際に店員さんがなにも言わなかったのに対し、
返答してくれましたー。
まあ、何と言っているかは分からなかったのですが、
きっと「またお越しくださいませ」という意味なんでしょうか。

本当はもうひとつスポットに行く予定でしたが、
行ってみるともう終わりと言われてしまいました・・・。

ホテルに戻って、発表練習。
夕食はバンケットがあるということで、しかも先生から無料で参加できると
いうことを聞いたので行ってみました。

しかし、他の参加者が持っているチケットを私たちは持っていない。
どうもRegistrationのところで買わないといけないらしいということで、行きました。
・・・が、行く時に中東アジアの人らしき人が何か話しかけてきたのですが、
早いし聞き取れないし、全然理解できませんでした・・・。
唯一聞き取れたのは、Do you understand?のみw

そして、Registrationのところで、スタッフの人に聞いてみました。
スタッフの人の英語はちゃんと聞き取れました。
どうも学生は7000ウォンでチケットを買う必要があるらしい、とのこと。
自分は、あまり参加する意思がなかったので、別のところで食べようと提案し、移動しました。

じゃあ、どこで食べるか?という話に。
とりあえずご飯ものを目的に探す。結果、ビビンバを食べることに。
何とか注文して、来るのを待つ。

漬物が数種類、具の入ったボウルが来ました。
しかし、結構待ってもビビンバが来ない・・・。
すると、店の人がきて、ボウルをかき混ぜ始めました。その中にはご飯が・・・。
まさかそんなちょっとしたボウルにご飯が入っているとは思いませんでした・・・。
テーブルにはコンロが設置されてあったので、てっきり調理するのかと。

隣のお客さんも韓国語で笑っていましたが、何を言っているのかは分かりませんでした。
相変わらず、漬物の量が多く、しかも辛い。キムチが辛くないほうにあたるなんて・・・。
あとで分かったことは、どうも店としては多めに出しておもてなしをするようです。
廃棄量が多くなって問題になっているので、そういった多めに出すのはやめようという運動もあるらしいです。

結局腹9.5分目くらいでホテルに戻る。
そして、軽く発表練習して、友人たちはパソコンに向かい、1人はネットサーフィン。
私は小説を読んでいました。

テーマ : 韓国
ジャンル : 旅行

学生時代の韓国旅行(1~2日目)

●2008年10月14日

朝はそんなに早くなく、飛行機は15:30でした。
今回は行き帰りは学生3人のみでの行動。

空港に着いて、ツアーデスクで説明を受ける。そして、搭乗、荷物手続。
この時点で、まだ離陸まで2時間ある。
とりあえず、1人の友人が保険があったほうがいいんじゃない?ということで、
簡単なものに即席加入。

次に、ウォンに変える。
現在、ウォンの動向がちょっと不安定という話題は出たのですが、
まあ特に気にすることなく、両替。私はクレジットカードを持っていたので、
2万円をウォンに変えました。
結構韓国ではクレジットカードが主流らしいと聞いていたので、
クレジットカードメインでやっていこうと思いました。
まあ、桁は日本の約10倍ですから、大きい買い物は
なかなか現金でできないですからね・・・。
札束で財布が膨れ上がってしまう。

韓国に到着。
私はこれまで日本を離れたことがなかったので、さすがに日本語の
通じない場所(空港は通じますが)に少し不安を感じました。
英語も堪能ではなく、本当に中学生レベルの英語しか話せない。
もう、空港のハングル主体の看板に威圧感を感じましたw

現地では日本語のできるガイドさんがホテルまで案内してくれました。
韓国のことや、今回の韓国訪問の目的などを話していました。
このガイドさんの息子さんが司法試験に挑戦中の身で、かつ徴兵期間にいるそうです。
しかも、英語が一定のラインを超えると、アメリカ軍と一緒に業務をする場所に
配属されるそうで、そのラインを超えたそうです。
のちに、これがものすごく優秀でかつ身体的にも家柄も良くないと
難しいということを知りました。
戻ってくると30歳ということですので、少し志願は遅めだったのでしょうか。

ホテルはCOEXというところでした。
これも、あとから相当豪華なホテルだということが分かったのですが、
本当にサービスがすごいのです。日本語が通じます。
地下にはモールがあって、言うならCOEXに引き籠っていても生活できるという状態です。

時間的に夕食の時間でした。
私は機内食があったので軽いもので済ませたい、と考え、
麺類を食べることができる場所をプッシュしました。
というかもっとみんな積極的に決めてくれー。
食べたのはキムチラーメン。来た瞬間に色の赤さに不安を感じました。
一口食べてみると、かなり辛く、一緒に出てきたキムチが甘く感じるくらい。
何とか完食は出来ましたが・・・。
他のメンバーが食に不安ということで、セブンイレブンに行く。

CIMG1012.jpg

CIMG1013.jpg

物価は、日本でも売っていそうなものは日本と同じような値段でしたが、
韓国製のものはかなり安かったです。
部屋に戻り、風呂に入ってすぐに寝ました。


●2008年10月15日

2日目は、8:30頃起床。9:00頃朝食に出かける。
昨晩の失敗があるので、ちょっと警戒しながらメニューを選択。
私はそばを選んだのですが、朝だったせいか、断られました。
ということで、味の薄そうなスープを頼んでみました。
昨日のラーメンより辛かったのですが?
本当に何とか完食、という感じでした・・・(泣)。
とりあえず、スープ系は危険、ということを学びました。
さらに言うと、これまたキムチと漬物が出てきたので、量も多い。
しかも、スープには餅がかなり入っていたので、
微妙に腹が危険信号を出していました・・・。
そんなわけで、この日は全員二度寝でした・・・。

少しして学会のRegistrationを済ませて、部屋に戻る。
とりあえずどんな発表があるかを見てから聞きに行くことにしました。
まずは昼がまだだね、ということでランチチケットで食事。
しかし、私は14:00ということもあって、時間的に食べないほうが無難、と、
アイスだけにしておきました。
まだ、朝食が腹の中に残っている感じで、ここは抜いたほうがいい、と考えました。
これまでの食事から、量が多い傾向にあるため、少し抜いたほうがよいと思ったからです。

そして、先生と偶然合流。
私はセッションに参加して、発表を聞いていました。
その後、ほんの少しインターネット。
実はホテルでインターネットをやるには、750ウォン/1min支払わないといけません。
学会会場では無料なので、ここでのみインターネットをつなぎました。

夜は先生方と食事。
今回は量の少ないメニューを選択しました。

CIMG1015.jpg

結果、残りの学生2人は昼がまだ腹に残っていたせいで、残すことに・・・。
自分は少し、その残り物を突っついていました。
そして、次の日に最後の発表練習ということで、夜はパワポを見直していました。
しかし、まだ学会発表の実感がわいてこない。慣れてしまったせいか・・・。

ちなみに、韓国で店員さんと話すときは、英語でした。
もう会計だけで済むときは無言で差し出していました。
結構、英語で話しかけても、お互いに無口になってしまうので・・・。
後半からは、せめて「ありがとう」くらい韓国語で言おうと思い、
実際に生の発音を聞いてから数回使ってみました。
でも、できたら片言でも話せれば・・・と思いました。

以上、前半2日間でしたー。
とりあえず、食に予想以上に苦労しました・・・。
次の日からはいよいよ地下鉄での観光です!

テーマ : 韓国
ジャンル : 旅行

インフルエンザにかかってもうた

今週はインフルエンザで出勤停止orz
2/17明日が最短出勤可能日ということで、実質来週から出勤。

濃厚な感染経路は分かっている。
先週の水曜日に「軽く行かないか?」ということで飲みに行ったのだが・・・
そのメンバーからインフルエンザ患者が出た。
この事実を次の日に伝えられる。
自分、超濃厚接触者にランクアップされる。

マジか・・・?!
潜伏期間が2~3日なので、週末の体調は十分にウォッチせねばならない。

土曜日。
朝から何となく咳が出始める。
来て・・・しまうのか・・・?
とりあえず一日熱は上がらずに、通常通り過ごす。

日曜日。
熱が37℃を超える。頭痛がし出す。
昼ごろ、一気に38.8℃へ。
病院は当然休み。次の日も振替祝日なので休み。
何この激熱超ロングリーチ。
タミフル有効時間が過ぎてしまうではないか!
別の部屋に布団を敷き直し、もはや寝るしかない。

月曜日(祝)
午前中に熱が下がる。
かなり平熱に近い。
しかし、咳は出る。頭痛は少し。
これまでのインフルエンザでもタミフル関係なく、熱は一気に下がったため、
作業して過ごしていました。
でも、夜にまた38.0℃をマーク。

火曜日
熱は下がらず。37.5℃。
かなり頭痛もして、喉も痛い。
鼻水も出始め、枕元ではティッシュで富士山が出来上がっていた。
職場に休暇の連絡をして病院へ。
無事B型インフルエンザの大当り。
経緯が経緯なので、結果は何の感情もなく受け取る。
発熱日を0日とし、5日までは出勤停止。
熱が平熱に戻って2日は出勤停止。
そのため、日曜日を起点に、最短金曜までは出勤停止。

水曜日
まだ熱は下がらず。
何となく頭痛も残る。
あまりに暇なので、午後は少しゲームしていた。

木曜日
熱は下がった。
しかし、まだ頭痛は消え去っていない。
ここまで長引くインフルエンザは、社会人になってからは初めて。
(それ以前の詳細な記憶は残っていない。)
これも初期対応が遅れたからだろう。(やむを得ないが・・・)

本日
頭痛も収まった。
喉の痛みもかなり引いて、鼻水も出なくなった。
ちょうど平日なので、パスポートの本籍変更に行ってきた。
嫁の代理申請も行う予定だったが、写真で不備有り。
前髪で目が隠れていて、転写が正しくできない恐れがあるとのこと。
証明写真機で撮ってきたっぽいからなぁ・・・。
パスポートの写真は、自分が初めてパスポート申請に行った時(2008年)と
比べるとだいぶ厳しくなっていて、きっと嫁が取った2011年と比べても
厳しくなっているだろうからな・・・。
残念ながら、撮影し直し。
自分はコストはかかるけれど、パスポートセンター近くのお店で
撮影してもらった。もちろん一発OK。

こんな1週間を過ごしてました。

とりあえず、体調不良だから熱燗1杯で・・・といって飲み会に参加した
メンバー(自分の上長)に叱りを入れることを決意。

テーマ : インフルエンザ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

今年も誕生日が来た(34)

早々とこの日がまた到来しました。
34歳か。
来年はついにアラフォーと呼ばれる年齢なのですなぁ。
業務責任も出てくるしいやだなぁ。(←超ゆとり思考)
来年は運転免許証の書き換えの年だ。(←関係ナシ)

最近は養命酒が欠かせません。
(養命酒を飲み始めてから、かなり体の調子が良くなった。。)

今年も嫁から誕生日ケーキをいただきました。
リクエストで、昨年と同じ和菓子タイプ。

IMG_0678.jpg

それではまた1年後・・・。

テーマ : 今日は何の日(記念日)
ジャンル : 日記

4つの芭蕉像と冨嶽三十六景の地をめぐる千住散歩

今回の駅ハイは北千住駅!
北千住駅も、学生時代はずっと通過駅としてその名は知っておりました。
しかし、一度も降り立ったことはなく・・・。
一度降り立ってみたかったシリーズでございます。
上りの発車ベルは好きなんですよねー。

今回のコースは約8.5km。
ウォーキング時間は11:00~13:30の2時間半。
長く立ち寄る場所はほとんどなかった&1人参加ということで、
標準的な歩行時間でした。

コースはこちら。

12051801.jpg

今回のコース参加で、2017年度の駅ハイ記録は、
距離数:192.5km、参加コース数:19
となりました!


11:00に北千住駅を出発。
何やら裏口から出てきた感じです。

IMG_0635_20180216153058adb.jpg

宿場町通りの商店街に入っていきます。

IMG_0636_2018021615305947f.jpg

足立区の生涯学習関連の複合施設「学びピア21」にて、
最初の芭蕉像があります。

IMG_0639.jpg

千住は、松尾芭蕉の奥の細道600里のスタート地点なのだそうです。
ちなみに、コース上に芭蕉像は4つあります。

次のコースポイントは勝専寺。
1260年創建。本堂に安置されている千手観音立像は荒川の底から
引き揚げられ、千住の地名の由来となったと言われているそうです。
ウォーキング中に、「千寿」という文字も見られました。
「千住」と「千寿」については、足立区のHPに解説がありました。

ちなみに、ウォーキング中は、補修工事か何かをしていて、
賽銭箱の前に行くことができませんでした。。

IMG_0640.jpg

次は千住神社
926年創建。奥州遠征の際に、源義家が戦勝を祈願したと伝わる。

IMG_0644.jpg

これまで十数コースの駅ハイに参加してきましたが、
平安時代創建というお寺や神社って、結構あるものなのですね。
最初はへぇ~~~!と思っていましたが、だんだん目が肥えてきました。。

境内ではすでに桜が咲き始めていました。

IMG_0643.jpg

次は、富嶽三十六景「隅田川関屋の里」の顕彰碑。
「関屋の里」は現在の千住仲町から千住関屋町付近にあたるそう。
風光明媚な土地として知られ、葛飾北斎が富嶽三十六景の一景として
描いたとのこと。

IMG_0645_20180216153106dab.jpg

中間地点に差し掛かったのが12:00頃。
そのすぐ近くに2番目の芭蕉像があります。

IMG_0647.jpg

さらに少し進んで、富嶽三十六景「従千住花街眺望ノ不二」の顕彰碑。

IMG_0649_201802161531096b3.jpg

この顕彰碑は大橋公園の中にあるのですが、公園内には、
「おくのほそ道行程図」があります。

千住大橋を渡ります。

IMG_0651.jpg

3番目の芭蕉像は「荒川ふるさと文化館」の中にあります。

IMG_0658_20180216161938208.jpg

駅ハイ参加者は、入館料が無料になるパンフレットをスタート時に
貰っていたので、せっかくなので入ってみることにしました。

館内では荒川区内の歴史・文化財が展示・紹介されています。
街並みの展示が良かったので、撮影してきました。

IMG_0656.jpg

IMG_0657.jpg

昔の祖父母の家やその付近がこんな感じだったため、
懐かしさを覚えるんですよね。
今は建て直したり、周りも再開発されたりと、当時の面影は
ほとんどなくなりました。

コースマップに、荒川工業高校の塀として、「日本初の官営毛織物工場である
千住製絨所の煉瓦(れんが)塀の一部が残っている」とのこと。

IMG_0661.jpg

ジョイフル三の輪商店街を通り抜けます。
そろそろ昼食にありつきたいところ。

IMG_0662.jpg

都電荒川線三ノ輪橋停留場に到着。

IMG_0671_201802161619447f8.jpg

ちょうど折り返しの路面電車が到着しました。
駅に設置されている看板に、なにか時代を感じるものがあります。。

IMG_0670.jpg

少し先の定食屋で昼食にして、ゴールを目指します。
時刻は13:00頃。

延命寺・小塚原刑場跡に到着。

IMG_0673_201802161619468ec.jpg

江戸時代に刑場があったそうです。
刑死者や無縁物の霊を弔うため小塚原の首切地蔵が建てられたとのこと。
話は変わりますが、東日本大震災のときに、首切地蔵の左手が破損し、
台座から落ちてしまったそう。

ゴールである南千住駅に到着!
4番目の芭蕉像は駅前にありました。

IMG_0674.jpg

IMG_0676.jpg

テーマ : 駅からハイキング
ジャンル : 旅行

プロフィール

kero-pi

Author:kero-pi
30代に突入した技術者。
趣味は旅行、駅ハイ。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
読書記録
国内訪問
経県マップ
多読
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ